明智光秀の最後の地と日付!人質となり死んだ母親の命日に信長殺害?

本能寺の変で「織田信長」を討った「明智光秀」

光秀の最後の地とは?そして、何日に亡くなったのか?

「信長に殺害された母親」の命日に、光秀は「本能寺の変」を起こした?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
・光秀の最期の地は「京都・小栗栖」で、現在の「京都市伏見区」にある「明智藪」

・光秀が本能寺の変を起こしたのは、「母の復讐」が動機という説もあり、本能寺の変は母の命日に行われたという説もあった

・最新の研究では、「怨恨」ではなく、織田信長の命令がコロコロ変わることに光秀がキレた!という説が有力らしい


明智光秀の最後の地はどこ?

本能寺の変で「織田信長」を倒し、「山崎の戦い」で「羽柴秀吉」に敗北した「明智光秀

その最期の地は、何処だったのでしょうか?

光秀が亡くなったのは京都の「小栗栖(おぐるす)」と呼ばれる地。

この場所は現在の「京都府伏見区」、光秀の最期の場所は「明智藪」と名付けられており、石碑が建てられています。

亡くなったのは旧暦で「6月13日」・・・新暦では「7月2日」

最期は「落ち武者刈り」の槍で腰骨の辺りを貫かれて絶命したとか、なんとか生き残って切腹したとか言われています。

首は秀吉の元に届けられ、最終的に京都で「さらし首」となっています。


スポンサーリンク

明智光秀は、母親の命日に「本能寺の変」を起こした?

光秀が本能寺の変で「織田信長」を殺害した動機・・・「母親の復讐」という説が存在しています。

1579年、明智光秀は難攻不落の山岳地帯「丹波国」を攻略し、信長に絶賛されています。

この丹波攻略の最中、「波多野秀治」という丹波国の豪族が当初は光秀の味方をしていたのですが、突然光秀を裏切っています。

この波多野秀治が治める「八上城」を、光秀は攻略

そして波多野秀治は降伏を決意し、安土城の織田信長に謁見することを約束。

安土城へ行く際に、「波多野秀治の安全」を保証するために、光秀は自分の「母親」を、人質として八上城で預ける事となったのです。

信長は、光秀の母が人質となっていることを、知っていたにも関わらず、裏切り者の「波多野秀治」を殺害。

これに激怒した波多野一族は、光秀の母を磔にして殺害。

現在の兵庫県・八上城には「はりつけ松」といって、光秀の母が磔にされたと伝えられる「松」の跡があるのだとか・・・。

この松の跡・・・・なんど植え替えても枯れてしまうと言われているようです。

この母親の命日が「6月2日」

本能寺の変も「6月2日」

明智光秀は、織田信長討伐の名目を「母親の仇」を主張したかったのかもしれません。


スポンサーリンク

光秀の母親の真実!

明智光秀の母親が、信長に見捨てられて亡くなった・・。

結構有名な話ですが、これは後世の創作。

実は母親は「八上城」へ人質になどなっておらず、波多野秀治は籠城するための食料が欠乏したため、ただ降伏しただけ。

光秀の母親が貼り付けになったというのも創作。

「はりつけの松」で、光秀の母親が亡くなった・・・という事実もありません。

光秀は、その配下や与力大名が支配する地域も含めれば「240万石」もの領地を信長に任されていました。

ライバルの秀吉ですら、「120万石」前後・・・。

光秀は信長から最も信頼された家来だったのです。なので「信長を討った」というのは、当時から信じがたい暴挙だったんですね。

長年謎とされてきた「本能寺の変」の動機・・・謎が解けなかった理由は、この「信頼」にあったわけです。

最近の説では「信長の朝令暮改に光秀がキレた」という説が有力なようです。

元々織田信長は、中国の大名・長宗我部の降伏の申し出を認めて、長宗我部家当主の元親を臣下にする予定でした。

そのため、長宗我部家の臣従を認める条件として、「四国の2カ国をよこせ」と条件を出し、光秀が交渉を担当。

長宗我部家はこの条件をのんだ・・・はずが、信長は突然四国征伐軍を編成し、三男・信孝を司令官にして「6月2日」に出撃を命令。

交渉を担当していた光秀は、信長の命令変更に面目丸つぶれで、「信用出来ないやつ」という評判が・・。

長宗我部家を助けるために、四国征伐軍出発当日に光秀は「信長」を殺害したのです。

これが最近最も有力な説と言われているようですね。


本能寺の変の真実」については、以下のリンク記事で詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓↓

「明智光秀の死因は何?本能寺の変を起こした動機・理由や真実を解説!」の記事はコチラ

明智光秀・生存説」は、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「明智光秀の家紋・桔梗紋の意味と読み方とは?日光東照宮に刻まれた理由」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・光秀の最期の地は、京都・小栗栖・・・現在の「京都市伏見区」の「明智藪」

・本能寺の変は、明智光秀の母親の復讐だったという説がある

・しかし、最近では「母親の復讐」説は創作で「信長の朝令暮改に光秀がキレた」という説が有力

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る