坂本龍馬が明智光秀の子孫説を検証!2人は似たような業績を残してる

明智光秀は、「本能寺の変」の後に羽柴秀吉の軍に負けて亡くなったとされていますが、実は生き延びていて徳川家康の側近・天海上人となっていたという噂話をご存知の方もいるでしょう。

そんな明智光秀には、他にも噂話が存在します。

幕末の世に活躍した坂本龍馬の先祖ではないか、という説が浮上しているのです。

2人の共通点や行動原理から、坂本龍馬は明智光秀の子孫であるのか、検証していきたいと思います。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

坂本龍馬明智光秀の子孫であるという説は、家紋などが根拠となっている

・二人とも、殺生を好まないと言われている

・龍馬が本当に明智光秀の子孫かどうか、確証はない。むしろ可能性は低いかもしれない


坂本龍馬が明智光秀の子孫とされる数々の理由

まずはじめに、坂本家が家紋として多少形が異なりますが、明智家と同じ「桔梗紋」を使用していることがあげられます。

次に少々こじつけのような理由ですが、明智光秀の居城は「坂本」城、龍馬の名前は「坂本」。

そして、坂本龍馬の生家には

「坂本城を守っていた、光秀の娘婿『明智秀満』の末裔が土佐まで落ち延びて続いたのが坂本家」

との伝承が伝わると言われています。

明智秀満とは、明智光秀の女婿のことで、その庶子・太郎五郎(光秀の孫にあたる)の末裔が、坂本龍馬であるとしています。

もうひとつ似たような理由があります。

坂本龍馬が長崎市に作った貿易商社の名前は「亀山社中」。

そして、明智光秀の丹波統治の拠点として築城された城は、京都府亀岡市にある「亀山城」。

どちらも「亀山」が名前に入っているというだけのものになりますが、これも理由のひとつとして示されています。


スポンサーリンク

2人の行動原理は、よく似ている

明智光秀は、比叡山焼き討ち、一向一揆の殲滅といった、織田信長の虐殺政策を批判していたそうです。

そして坂本龍馬は、武力によって倒幕を進めようとしていた、薩長など雄藩の動きを封じ、平和的な解決策として大政奉還を促しています。

両者とも無駄に多くの血を流さない方法をとっており、2人の行動原理は似通っていると言えるでしょう。

本当に坂本龍馬は明智光秀の子孫なのか?

高知県立坂本龍馬記念館によると、坂本家の資料の中には、明智家との血縁関係を示す資料が残されていないため、坂本家と明智家との関係はわからないとのことです。

しかし、言い伝えとして坂本家の中に受け継がれているようですので、資料が無いからといって、坂本家の縁者以外の人が否定できる問題でもないのだとか・・・。

ただ・・・残念ながら、最近の定説では「龍馬は光秀の子孫ではない」というのが定説です。

残念ですが、現実的に考えれば、坂本龍馬と明智光秀・・・関係あるとは言い難いかもしれませんよね。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・坂本龍馬を明智光秀の子孫とする理由は、家紋や名前の共通点や言い伝えによるものである。

・無駄な殺生を好まない行動原理が2人の似ている部分である。

・実際には、坂本龍馬が明智光秀の子孫であるかどうか・・・可能性は低い・・・。

やはり、資料が残ってないことは信憑性に欠けてしまうのでしょうか。
坂本龍馬が明智光秀の子孫であるというのは、あくまで噂話で、可能性は限りなく低いでしょう。

しかし、こういった噂話や言い伝えは歴史小説などを作る上では良い素材だと思います。
今後、坂本家の資料から明智家との関係を示すものが出てくることを期待しつつ、この記事を締めくくろうと思います。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


坂本龍馬」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「坂本龍馬の功績を超わかりやすく解説!当時の時代背景も合わせて説明」の記事はコチラ
「坂本龍馬暗殺の真犯人が判明?犯行場所では現在『かっぱ寿司』営業中」の記事はコチラ
「吉田松陰と坂本龍馬の知られざる接点とは?龍馬は松陰の弟弟子だった!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る