明智秀満のすべてを徹底解説!子孫・家系図や甲冑の行方まで完全網羅

皆さんは「明智秀満(あけち ひでみつ)」を、ご存知でしょうか?

実は「明智秀満」について、くわしく知っている方は、それほど多くないみたいです。

この記事では「明智秀満の子孫や家系図、鎧兜・甲冑の行方」に至るすべてを、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。

今は「明智秀満」について、漠然としか知らなかったとしても、大丈夫です。

これを読めば、誰かに説明できるほど、「明智秀満」に詳しくなれます。

この記事を読んで、「明智秀満」の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはありません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「明智秀満(あけち ひでみつ)」とは、今から【約450年】前の「戦国時代」に活躍した武将。織田信長」を「本能寺の変」で殺害した武将「明智光秀」に仕えたのが、光秀の娘婿でもある「明智秀満」

 

2,明智秀満に、直系の子孫は残っていない。明智秀満の妻は、明智光秀の長女。二人の間に子供はいなかったらしい。

 

3,明智秀満の兜が、京都の「井伊美術館」に保管されている。「井伊美術館」には、明智光秀の甲冑なども保管されている

【明智秀満】とは何者なのか?何をした人かを解説

「明智秀満」とは、今から【約450年】前の「戦国時代」に活躍した武将です。

通称は「明智左馬之助秀満」または「光春」や「光遠(みつとお)」とも名乗っていました。

あの「織田信長」を「本能寺の変」で殺害した武将「明智光秀」に仕えたのが、「明智秀満です。

《明智秀満》
「引用元ウィキペディアより」

 

「明智秀満」は「明智光秀の長女」を妻としているため、光秀の娘婿にあたります。

本徳寺所蔵の明智光秀肖像:Wikipediaよりパブリックドメイン

「秀満」の素性は、ハッキリとはわかっておらず、明智光秀の叔父「明智光安」の息子、つまり「明智光秀のいとこ」と言われています。

または「三宅出雲守」という武将の子で、「三宅弥平次(みやけ やへいじ)」と名乗っていたが、光秀の娘と結婚して「明智秀満」と改名したとも言われています。

武勇に優れた名将で、数々の武功をたてた猛者と言われています。

「明智左馬之助」は、人気のテレビゲーム「鬼武者」で、主人公として活躍しています。


スポンサーリンク


明智秀満の【子孫と家系図】

明智光秀の子孫と家系図

明智秀満に、直系の子孫がどこにいるのかは、明らかにはなっていません。

明智秀満の妻は、明智光秀の長女です。

「《明智秀満・家系図》
家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

光秀の長女は、もともと「荒木村重」という武将の息子「荒木村次」に嫁いでいました。

しかし「荒木村重」が「織田信長」に謀反を起こしたため離婚。

離婚後、光秀の長女は「明智秀満」と再婚したのです。

秀満と「光秀の長女」は、「本能寺の変」の直後に起こった「山崎の戦い」で「明智光秀」が敗死すると、「坂本城」で二人とも自刃し、亡くなっています。

 

「明智秀満」の息子「三宅重利」

「明智秀満」と「光秀の長女」の間には、「三宅重利」という息子がいたといわれています。

「三宅重利」は、父「秀満」が亡くなると、密かに坂本城を脱出。

「大文字屋」という商人のもとで12歳まで生活。「源義経」が育った「鞍馬寺」で1年のあいだ修行し、その後は叔母にあたる「細川ガラシャ」を頼って「細川家」に仕えます。

しかし「細川家」に居づらくなったのか、「本能寺の変」で「織田信長」に一番槍をつけた武将「安田国継」の推薦で、唐津藩主「寺沢広高」に仕えます。

そこで「九州・天草・富岡城」の城代に出世。1万石を領することとなります。

1637年】に勃発した「天草の乱」では、「富岡城代」として参戦。

反乱軍の猛攻に耐えきれず、自害

実は「三宅重利」の妻は、「明智光秀」の妻「熙子(ひろこ)」の姉妹だったという噂があります。

「三宅重利」の妻は「熙子」の父である「妻木範煕」の娘だったとのこと。

「重利」にとって、「熙子」は母方の祖母にあたりますので、「大叔母」を妻としたことになりますが・・・。「重利」が本当に大叔母を妻としていたのかどうかは、はっきりしていません。

「三宅重利」には4人の子がいたとされています。

  1. 三宅重元(藤右衛門)
  2. 重信(吉田庄之助)
  3. 重豊(加右衛門)
  4. 重行(新兵衛)

この子供たちのその後は、明らかになってはいません。


スポンサーリンク


明智秀満の【鎧兜・甲冑】は今どこにあるのか?

明智秀満の兜が、京都の「井伊美術館」に保管されています。

兜は「桔梗紋」が入った南蛮兜。

顔を守る「面(おもて)」と呼ばれる、鉄製の「お面(めん)」もついています。

井伊美術館では、他にも「明智光秀」の鎧兜・甲冑に書状、「明智三尊」と呼ばれる仏像まで所蔵されています。

井伊美術館のホームページはこちら

 

明智秀満の【書状】

2018年2月】、三重県で「明智秀満」が書いた「書状」つまり「手紙」が発見されました。

この「明智秀満書状」は、「東京大学史料編纂所」にあります。

そこには、明智光秀の居城である「坂本城の築城についての指示」が、「ふすま」や「障子」などの取り付けについて、細かく書かれていました。

「責任を持って、丁寧に作業してくださいね」

書状には、そのように書かれていました。

この書状からわかることは、「明智秀満」という人物は「明智光秀の家臣団」の中で、光秀の指示を部下たちに伝える、いわゆる「中間管理職」の地位にあったということ。

秀満は「斎藤利三」や「藤田伝五」のように、おそらく光秀の側近であり、さらに「明智武士団の各部隊の隊長」も兼ねていたのでしょう。

光秀の指示を、手足となって働く各部隊へと伝えていたのです。

また、この手紙から、今は取り壊されてしまった「坂本城」の内装が明らかになりました。


スポンサーリンク


『明智秀満』が亡くなった【その後】に、何が起こったか?

「明智秀満」が「坂本城」で自刃したあと、「羽柴秀吉」は、「明智光秀」と「斎藤利三」の遺体を「はりつけ」にしたと言われています。

その後、「豊臣秀吉」が天下を統一しています。

1582年6月13日】、「明智光秀」が自刃。

その翌日に、「明智秀満」も自刃。

羽柴秀吉は、明智光秀を討った翌年の【1583年】、「柴田勝家」との派閥争いに勝利し、「織田家」を完全に支配。

1590年】、「小田原北条氏」を滅ぼして、ついに天下を支配するに至りました。

明智光秀・秀満を滅ぼした「豊臣秀吉」・・・。

その栄華は長く続くことはなく、【1598年】に秀吉が亡くなると、その17年後の【1615年】に起きた「大坂夏の陣」で「徳川家康」に滅ぼされることとなるのです。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「明智秀満(あけち ひでみつ)」とは、「戦国時代」に活躍した武将。「織田信長」を「本能寺の変」で殺害した「明智光秀」の娘婿でもある

 

2,明智秀満に、直系子孫はいない。秀満の妻は、明智光秀の長女。二人の間に子供はいなかったらしい。

 

3,秀満の兜が、「井伊美術館」に保管されている。「井伊美術館」には、光秀の甲冑なども保管されている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

 

関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る