明智光秀の生涯年表を簡単に紹介!謎に満ちた光秀の前半生を考察

戦国武将「明智光秀」が、いつどこで何をした人なのか、正確にご存じの方は少ないのではないでしょうか。

実は筆者も光秀が「いつ亡くなったのか」は知っていても、「光秀がいつ生まれ、どこでどのように活躍したのか」を、正確には知りませんでした。

この記事では「光秀の生涯年表」を、わかりやすくまとめました。「光秀の生涯」がひと目で理解できるはずです。

「明智光秀について知りたいが、いつ生まれ、どのように活躍したのかが知りたい方」にとって、こちらの記事は非常に役立ちます。

この記事で「光秀の生涯」が、とても簡単に理解できます。

当記事をお役立ていただけましたら幸いです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 明智光秀は【1582年6月13日】に「山崎の戦い」で敗北し亡くなっている。生年には「1528年説」と「1516年説」がある
  2. 光秀の生年は「1516年」のほうが可能性が高いのではないか。この「1516年説」は、「当代記」という1624~1644年頃に成立した資料による説である
  3. 明智光秀の前半生については、「細川藤孝に仕えていた」という説と、「斎藤道三に仕えていた」という説がある。「細川藤孝に仕えていた」という説のほうが可能性が高いのではないか

明智光秀の生涯年表を簡単解説

「明智光秀」の一生を「生涯年表」で解説いたします。

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

詳しくは後述いたしますが、光秀には「1516年生誕説」と「1528年生誕説」があります。

以下の年表は、その両方に対応しております。

この年表がお役に立ちましたら、嬉しく存じます。

また、明智光秀の出身地には諸説ありますが、もっとも有名なのは、「美濃国・明智城」でしょう。

明智光秀は、現在の「岐阜県」で誕生したと考えられています。


スポンサーリンク


【1516年】  1歳(-)   

「明智光秀」誕生(1516年説による)

 

【1521年】  6歳(-)   

「武田信玄」誕生

 

【1528年】 13歳(1歳)  

「明智光秀」誕生(1528年説による)

 

【1530年】 15歳(3歳)  

「上杉謙信」誕生

 

【1534年】 19歳(7歳)  

「織田信長」誕生

 

【1537年】 22歳(10歳) 

「豊臣秀吉」誕生

 

【1542年】 27歳(15歳) 

「斎藤道三」が美濃国守護「土岐頼芸(とき よりのり)」を追い出して美濃国を奪取

 

【1543年】 28歳(16歳) 

「徳川家康」誕生

 

【1548年】 33歳(21歳) 

「斎藤道三」の娘「帰蝶(濃姫)」が「織田信長」に嫁ぐ

 

【1552年】 37歳(25歳) 

「織田信秀」死去。息子の「織田信長」が織田家の家督継承


スポンサーリンク


1554年 39歳 27歳 「斎藤道三」が家督を息子「斎藤義龍」へ譲る
1555年 40歳 28歳 「斎藤義龍」が父「道三」に対して挙兵
1556年 41歳 29歳 「斎藤道三」戦死。(道三に仕えていた「明智光秀」が、このとき美濃国から逃亡した・・・という説あり)
1560年 45歳 33歳 「桶狭間の戦い」・・・「今川義元」戦死
1561年 46歳 34歳 「斎藤義龍」死去
1565年 50歳 38歳 室町幕府13代将軍「足利義輝」が暗殺される。

同年、「織田信長」が「至治の世(しちのよ・天下がよく治まっている世であること)」に現れるという伝説の神獣「麒麟(きりん)」を意味する「麒」という文字の花押を使い始める

1566年 51歳 39歳 「足利義輝」の弟「足利義昭」が、越前の大名「朝倉義景」を頼って越前国へ。これに「細川藤孝」や「明智光秀」も同行したと考えられる。(斉藤道三の死とともに越前へ逃れて「朝倉義景」に仕えていた「明智光秀」が、足利義昭の越前行きによって「義昭」と接触、その後光秀は、朝倉義景から足利義昭に鞍替えして家臣となった・・・とも考えられる)
1567年 52歳 40歳 「織田信長」、稲葉山城を陥落させて美濃国を平定。稲葉山城を「岐阜城」と改名。

この頃から「天下布武」の朱印を使い始める

1568年 53歳 41歳 「織田信長」、「足利義昭」を奉じて上洛
1569年 54歳 42歳 「本圀寺の変」・・・光秀、「足利義昭」を守り「三好三人衆」らと交戦。

スポンサーリンク


1570年 55歳 43歳 「金ヶ崎の退き口」・・・光秀、「木下秀吉」「徳川家康」とともに朝倉・浅井連合軍を相手に殿(しんがり)を務め奮戦。

6月「姉川の戦い」

8月「野田城・福島城の戦い」

9月「志賀の陣」「長島一向一揆」

(同年3月、信長は朝廷から「天下静謐執行権(てんかせいひつしっこうけん)」を与えられている。)

1571年 56歳 44歳 「比叡山焼き討ち」・・・明智光秀が先陣をつとめる。

同年、明智光秀が「近江国・志賀郡」に5万石を与えられ、「坂本城」を築城。

この頃から光秀は正式に「足利義昭」の家臣でなくなり、信長の家臣になったと考えられる

1572年 57歳 45歳 「三方ヶ原の戦い」・・・「徳川家康」が「武田信玄」に大敗
1573年 58歳 46歳 「武田信玄」、信濃・駒場で死去。

「足利義昭」が信長に対して挙兵(槇島城の戦い)。足利義昭が敗北し京都から追放(室町幕府滅亡)。

「朝倉義景」「浅井長政」が信長に滅ぼされる。

1574年 59歳 47歳 信長が「長島一向一揆」を壊滅させる
1575年 60歳 48歳 「長篠の戦い」・・・「武田勝頼」が織田・徳川連合軍に大敗。

同年、「明智光秀」が「惟任(これとう)」という姓と「日向守」という官位を与えられる。

同年、光秀「丹波攻略」を命じられる。

同年、「長宗我部元親」が光秀の仲介により「織田信長」と同盟締結

1576年 61歳 49歳 「天王寺の戦い」・・・明智光秀が本願寺軍に包囲されるも、「3千」の兵を率いた織田信長が自ら先陣をきって「1万5千」の本願寺軍に突撃。信長は足を負傷しながらも光秀救出に成功。

同年、光秀、過労で倒れ養生を開始。

同年、明智光秀の正室「煕子(ひろこ)」が坂本城で病死。

同年「安土城」の築城開始。

1577年 62歳 50歳 「紀州・雑賀攻め」「信貴山城の戦い」に明智光秀・参戦。

信貴山城で「松永久秀」自刃。

同年、「手取川の戦い」で「柴田勝家」が「上杉謙信」に大敗。

1578年 63歳 51歳 「上杉謙信」死去。後継者争い「御館の乱」勃発。

光秀、播磨国を攻撃していた「羽柴秀吉」に援軍として派遣される。

光秀と婚姻関係を結んでいた「荒木村重」が信長を裏切る。光秀、荒木村重の居城「有岡城」を攻撃(有岡城の戦い)。

光秀の娘「玉」が、細川忠興に嫁ぐ。

1579年 64歳 52歳 「安土城」完成。

「信康事件」により、徳川家康の正室「築山殿」と嫡男「信康」が死去。

光秀、「丹波国・丹後国」を平定。


スポンサーリンク


1580年 65歳 53歳 「本願寺顕如」が「石山本願寺」を退去。10年に及んだ「石山戦争」終結。

光秀、「丹波29万石」を与えられ、「坂本城5万石」と合わせて「34万石」を領することとなる。丹波亀山城を築城。福知山城を修築。

同年「佐久間信盛」「林通勝」が織田家から追放されるが、その際「丹波国での光秀の働きは天下に面目を施した」と信長から絶賛される。

この頃から「細川藤孝」「筒井順慶」らを寄騎として与えられた光秀は実質的に「240万石」を支配する身分となる。

同年「北条氏政」から信長へ臣従の申入れあり。

1581年 66歳 54歳 光秀「京都馬揃え」の責任者に任命される。
1582年 67歳 55歳 3月「甲州征伐」開始。「武田勝頼」が「天目山の戦い」で自刃。武田家滅亡。

同年6月2日、「本能寺の変」勃発。「織田信長」死去。

同年6月3日~4日未明、「羽柴秀吉」が茶匠「長谷川宗仁」からの手紙で「織田信長」討死を知る。

同年6月4日、備中高松城において城主「清水宗治」切腹。毛利家と秀吉の間で講和成立。「中国大返し」開始。

同年6月7日、羽柴秀吉「播磨・姫路城」に帰還。秀吉、「6月9日朝」まで兵を休息させる。

同日、光秀、「中国大返し」によって羽柴秀吉が「姫路城」へ帰還したことを知る。

同年6月9日、光秀、秀吉迎撃のために出陣。

同年6月10日、「徳川家康」が西に向けて出陣。

同年6月12日、光秀、「山崎」へ向けて出撃。

同年6月13日、「山崎の戦い」・・・「明智光秀」敗北。逃走の途中、落ち武者狩りにあい、京都「小栗栖(おぐるす)」のあたりで負傷。直後に自刃。「明智光秀」死去。


スポンサーリンク


光秀の生年「1516年説」と「1528年説」どちらが正しい?

筆者個人の説ですが、明智光秀の生年は「1516年」のほうが可能性が高いと思います。

明智光秀がいつ生まれたのかについては、「2通りの説」があります。

「当代記」という資料によると、光秀は「1516年」生まれ。

対して「明智軍記」によれば、「1528年」生まれなのです。

「当代記ウィキペディア」はこちら

「明智軍記ウィキペディア」はこちら

 


スポンサーリンク


享年・・・・・光秀は「1582年6月13日」に亡くなっていますが、「1516年生まれ」だとすると「享年67歳」。「1528年生まれ」だとすると「享年55歳」。

この「当代記」と「明智軍記」という資料は、書かれた時期が異なります。

  • 「当代記」は、「1624~1644年頃」に記された物。
  • 「明智軍記」は「1688~1702年頃」に記された物。

つまり「当代記」のほうが、成立した時代が「光秀が生きた時代」と近いということです。

おそらくですが、「明智軍記の1528年説」よりも「当代記の1516年説」のほうが、信ぴょう性が高いのではないでしょうか。

しかも「明智軍記」は軍記物であり、「資料価値は低い」と言われています。

「明智光秀は1516年生まれで、67歳で亡くなった」

と、筆者は考えています。


スポンサーリンク


67歳・・・・・「豊臣秀吉」は「62歳」で亡くなっており、「伊達政宗」は「70歳」で亡くなっています。

つまり当時の平均寿命としては、明智光秀が「本能寺の変」を起こした時、すでにかなりの高齢であったことがわかります。

歴史学者「磯田道史」さんは、とあるテレビ番組で

「明智光秀はおじいちゃんだった」

とおっしゃっておられましたので、「光秀は高齢だった」ことは間違いないでしょう。


スポンサーリンク


光秀・ナゾの前半生を考察

光秀が「織田信長」に仕えるまでの前半生に何をしていたのか。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

考えられる説は2つあります。

  1. 室町幕府13代征夷大将軍「足利義輝」の部下「細川藤孝」に仕え、出世して義輝の弟「足利義昭」に直接仕えるようになった
  2. 信長の姑である美濃国主「斎藤道三」に仕えており、「道三」が息子「斎藤義龍」に討たれたあと美濃から逃亡し、越前の大名「朝倉義景」に仕えた

どちらが真実なのか、はっきりとはしていません。

「細川藤孝に仕えていた説」を採用して「光秀はいつ、足利義昭と出会ったのか」を考えてみると、「光秀は主君だった『細川藤孝』を通じて、足利義輝が暗殺された【1565年】には義昭と出会っていた」ということになります。

対して「斎藤道三に仕えていて、のちに『朝倉義景』に仕えた説」を史実として採用してみると、「光秀は、足利義昭が朝倉義景を頼って越前国へ来た【1566年】に義昭と出会った」ことになります。

どちらにしても、明智光秀が信長と出会ったのは「1565~1566年頃」・・・・足利義昭が「織田信長」に「上洛を要請した頃」であると考えられます。


スポンサーリンク


「明智光秀は、信長の妻「帰蝶(濃姫)」と「いとこ同士」だったという説があります。

斎藤道三の妻で「帰蝶」の母が、光秀の叔母なのだとか。

光秀が「斎藤道三に仕えていた」のなら、「帰蝶」と「光秀」がいとこ同士であることも納得できる気がします。

明智光秀の子孫である「明智憲三郎」さんは、著書「本能寺の変 431年目の真実」で、「光秀は細川藤孝に仕えていた」という説を採用しています。

一般的にドラマや映画では、「光秀は斎藤道三に仕えていた」という説を採用している場合が多いですね。

筆者個人の意見としては、「光秀は前半生で、細川藤孝に仕えていた」という説のほうが、信ぴょう性が高いと思います。

「興福寺多聞院」の院主「英俊(えいしゅん)」が記した「多聞院日記」のなかで、光秀が亡くなった4日後【1582年6月17日】の記述には

「光秀は細川藤孝の中間(ちゅうげん・足軽より低い身分の兵士)だったのを、織田信長に引き立てられた」

と記されています。

「多聞院日記ウィキペディア」はこちら

 


スポンサーリンク


また、宣教師「ルイス・フロイス」が記した「日本史」にも

「(明智光秀は)初め、細川藤孝に仕えていた」

と記しています。

「フロイス日本史ウィキペディア」はこちら】

光秀はもともと「細川藤孝」の「足軽」として仕え、50歳を過ぎた頃に「織田信長」に仕えるようになったのではないでしょうか。

細川藤孝は、「本能寺の変」ののちに「明智光秀」に味方せず、光秀を滅ぼす手伝いをしています。

藤孝の息子「忠興」は、織田信長の命令により光秀の娘「玉(細川ガラシャ)」を妻としています。

室町幕府の名門「三管領」の一つ「細川家」の「細川藤孝」・・・。もしかすると、自らの足軽だった「明智光秀」と姻戚関係を結ばされたことを、「屈辱である」と考えていたのかもしれません。

ちなみに歴史学者「小和田哲男」さんはこう言っています。

「光秀は斎藤道三に仕えたのち、越前国・朝倉義景に仕え、その朝倉家を頼って足利義昭・細川藤孝が越前国へ来た際に、織田信長と足利義昭の間を光秀が取り持った。

細川藤孝のために東奔西走していた光秀を見て、『光秀は細川藤孝の家来。それも身分の低い家来だった』と勘違いしたのではないか」

もしかすると「勘違いだった」という可能性も、なくはないですよね。


スポンサーリンク


『光秀の前半生』について「ひとこと」言いたい!

先程解説いたしましたが、光秀には「斎藤道三に仕えていた」という説があります。

この説は、どうやら「細川藤孝」の「細川家」に伝わる資料「細川家記」によるものであると考えられます。

しかしこの説に、筆者は疑問を持っています。

なぜなら斎藤道三は、「明智光秀の同族である美濃国守護『土岐頼芸』を追い出して美濃国を奪い取った人物」だからです。

《斎藤道三》
「引用元ウィキペディアより」

美濃国は室町幕府から任命された「土岐頼芸」が支配していた地域でした。明智光秀は「土岐氏」の一族であり、「土岐氏明智家」の出身なのです。

「日本三大梟雄(きょうゆう)」・・・・「斎藤道三」は、「北条早雲」「松永久秀」と並ぶ下剋上を成功させた「悪者の親玉」と考えられているのです。

光秀は一族の有力者である「土岐頼芸」が斎藤道三に追い出されたことで、道三と敵対関係にあったのではないでしょうか。

「細川家記ウィキペディア」はこちら

細川藤孝が「明智光秀は斎藤道三に仕えていた」と記したのは、もしかすると、「明智光秀という自分の元家来と、婚姻関係を結ばされたという一族の汚点」を隠すために、「明智光秀の経歴を詐称した」のかもしれません。

「明智光秀はもともと、細川藤孝の足軽だった」と記してしまうと、「細川藤孝は、自分の足軽に出世レースで追い越され、婚姻関係を結ばされた」ということになってしまいますからね。

名門「細川家」からすると、足軽「光秀」に先を越されたことは、屈辱だったのでしょう。

ちなみに「細川藤孝」の子孫には、元内閣総理大臣「細川護熙」さんがいます。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 明智光秀は人生の後半に織田信長に仕えて大出世し、【1582年6月13日】に「山崎の戦い」の直後に戦死している。
  2. 光秀の生年は「1516年説」と「1528年説」があるが、「1516年説」のほうが可能性が高いのではないだろうか。「1516年説」は、「当代記」という資料による説。
  3. 明智光秀の前半生は、「細川藤孝に仕えていた」説と、「斎藤道三に仕えていた」説がある。「細川藤孝に仕えていた」と説のほうが可能性が高いと、筆者は考えている

以上となります。


本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「明智光秀」関連記事

以下のリンク記事も、「明智光秀」の「逸話」や「功績」などについて簡単に理解できるよう、わかりやすく解説させていただいております。

これらの記事をお役立ていただければ幸いです。

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ
「明智光秀にまつわる四字熟語と辞世の句!意味を分かりやすく解説!」の記事はコチラ
「明智光秀の最後の地と日付!人質となり死んだ母親の命日に信長殺害?」の記事はコチラ
「明智光秀の死因は何?本能寺の変を起こした動機・理由や真実を解説!」の記事はコチラ
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る