[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説

織田信長は本能寺の変で、死んでいないって本当か?

本能寺の変の黒幕と真実を、分かりやすく簡単に解説致します。

明智光秀は、なぜ信長を殺害したのか?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
・信長が本能寺の変で死んでいない・・という説が、当時からまことしやかに流れていたが、間違いなく亡くなっている

・本能寺の変の黒幕は・・・足利義昭・朝廷・家康・秀吉などなど、様々な憶測をされている

・東大教授・本郷和人さんが言うには、真実は「明智光秀による、四国・長宗我部の救済」


《本能寺の変で、信長は死んでいない?》

1582年6月2日早朝

織田信長・・・重臣・明智光秀の謀反を受けて、京都「本能寺」にて討死。

最期の言葉は、「是非に及ばず(仕方のないことだ)」

「人間五十年」というセリフで有名な「敦盛」という「能」を舞ったのち、自刃。

織田信長は「本能寺」で死んでいない・・・・という噂が、当時広まっていました。

そもそもどうしてそんな噂が広まったのか?


スポンサーリンク

実は、豊臣秀吉が、「信長は生きている」という噂を広めたから。

中国大返しを行った「羽柴秀吉」は、機内にいた武将たち「細川幽斎」や「高山右近」「中川清秀」などの有力大名に対して

「信長は生きていて、京都に潜伏している」

と書状を乱発しています。

本能寺を襲撃した明智光秀は、必死で「信長の遺体」を捜索しました。

にも関わらず、ご遺体は全く見つからず。

ここでご遺体を発見し、世間にさらさないことには、光秀は窮地に追い込まれます。

なぜなら、信長の家来たちの内、数名を味方に引き入れようと考えていた光秀が、もし「信長の死」を証明できないと、「元織田の家来たち」は、光秀へ味方することをためらうから。

もしも信長が生きていたら、光秀に味方した者たちは、軒並み滅ぼされるでしょう。

確かに信長は亡くなったのか?・・・その情報の真偽が、明智光秀にとっては「死活問題」だったのです。

しかし、実際には「信長」は死んでいました。間違いありません。

断言できる理由は簡単。本当に生きていたのなら、後に姿を現すはず・・。

でも、明智光秀が「山崎の戦い」で敗北し亡くなっても、信長は姿を表さず・・。

あっけなく秀吉があとを継ぎ、信長の死から8年後の1590年に天下統一!

信長が生きていたら、そもそも秀吉が天下統一なんてできるわけがないはず。

まぁ・・・秀吉が、潜伏していた信長を暗殺でもしていたら、話は別ですがね。


スポンサーリンク

信長の遺体はどこに?

信長の遺体を、本能寺から発見できなかった「明智光秀」

遺体は何処に行ったのでしょうか?

信長は死に際して、こう考えたでしょう。

「自分の遺体が光秀に発見されれば、遺体をさらし、自分の死の証拠とされてしまう。

そうなったら、機内の織田軍団は、明智光秀に味方するかも知れず、下手したら天下を光秀に取られる。

そうならないためにはまず、自分の遺体を光秀に渡してはならない」

本能寺に火をつけたのは信長自身と言われています。

しかし、木造建築の焼失温度では、遺体を跡形もなく灰にすることは出来ません。

その為、誰かが信長の遺体を持ち去った可能性が高いのです。


スポンサーリンク

阿弥陀寺住職が遺体を供養

本能寺の近く、阿弥陀寺の住職「清玉上人」が、「信長公阿弥陀寺由緒之記録」という書で、信長の遺体について記録しています。

本能寺の変が発生した時、清玉上人は僧20名ほどを従えて、本能寺へ。

そして本能寺裏手の墓地で、ある武士たちを発見します。

その武士達は、信長の家来。

信長の命を受けて、明智に持っていかれないよう、遺体を焼いていたのです。

清玉上人は、彼らに頼んで遺骨の一部を分けてもらい、本能寺の僧のふりをして脱出。

阿弥陀寺で供養し、埋葬したと言われています。

とはいえこれは、本能寺の変から136年後の1718年に記されたものであり、「一次資料」とは言い難いです。

作家「加藤廣」さんは、著作「信長の棺」にて

「信長は本能寺から南蛮寺への地下通路で脱出しようとしたが、羽柴秀吉により通路は埋められており、やむなく地下道途中で切腹した。

その遺体を、信長の異母弟である清玉上人が収容し、埋葬した」

という説を唱えておられます。

ご遺体が何処へ行ったのかは、未だに不明ですが、おそらく本能寺にいた信長家来が持ち去ったのでしょう。

ちなみに、光秀の養子「明智秀満」が、信長の遺体を密かに葬った、という逸話があります。

光秀に信長の首を渡せば、足蹴にするなど「天下人」としてあるまじき醜態をさらす可能性がある、と危惧してのことでした。

秀吉はこの「秀満」の忠義を耳にして

「光秀に、秀満ほどの忠義の心があったなら・・・。

信長様に、光秀ほどの家来を想う心があったなら・・・。」

と嘆いたと言われています。


スポンサーリンク

《本能寺の変の黒幕とは?》

本能寺の変・・・。

黒幕は誰なのでしょうか?

噂される数多の黒幕達を挙げてみたいと思います。

足利義昭

信長に滅ぼされた「足利幕府」最後の将軍「足利義昭」

信長に足利幕府を滅ぼされ、京都から追放された足利義昭。

当時足利義昭は、毛利家に身を置き、信長に対抗していました。

元々明智光秀の主君だった足利義昭。

その関係を活かして、光秀に信長を殺害させたと言われています。

明智光秀が本能寺の変を起こすことを、足利義昭は変の以前から知っていたのか否か」が重要になります。

知っていたなら黒幕ですが、知らなかったなら「便乗」でしかありません。

義昭が身を寄せていた毛利家は、対峙していた羽柴秀吉と和睦して、秀吉は光秀を討伐。

もしも義昭が黒幕なら、身を寄せていた毛利に「本能寺の変」を知らせたはず。

和睦などせず、羽柴の背後を襲っていたでしょう。

「足利義昭」黒幕説はないのではないでしょうか。


スポンサーリンク

朝廷

信長は「安土城」の天守閣を「天主閣」と呼んで、自らが日本の主であるとアピールしていたそうです。

朝廷・・天皇を廃して自らが主となる・・・そんな野望があったとも言われています。

しかし実際、天皇の地位を脅かしたという痕跡がありません。

ですので、朝廷からしても、信長を討つ理由がありません。


徳川家康

長男「松平信康」、妻「築山殿」を信長に殺害されたという「家康

大河ドラマ「秀吉」では、この「家康黒幕説」が取られています。

最近の研究では「信康・築山殿が謀反を企んだため、家康が自ら処刑を断じた」が主流の説と言われています。

信長は、娘「徳姫」の婿・信康を殺害する許可を家康から求められ

「好きにすれば良い」

と解答しています。

信長は、家康に「処刑せよ」と命令していないのです。

家康には、動機がありません。


スポンサーリンク

イエズス会

イエズス会が信長を殺害・・。

そもそも信長は「イエズス会」の庇護者。

日本は当時、刀剣で鍛えられた製鉄技術に支えられた「軍事大国」であり、かつ「金銀」を産出する「資源大国」でもありました。

世界中の鉄砲の8割が日本にあり、スペインやポルトガルに日本征服は到底不可能だったのです。

鉄砲を使う際に必要不可欠なのが「火薬」。その火薬の原料が「硝石」です。日本で産出できない「硝石」は、当時輸入に頼りきりでした。「硝石」を輸入するためにも、信長はイエズス会と良好な関係を保ったはず。

イエズス会に信長殺害の動機はありません。

その後、秀吉は「バテレン追放令」を出していますから、イエズス会の作戦は見事に失敗していますしね。

羽柴秀吉

秀吉・・・・信長がなくなって、最も得した人物。

そういえば、明智光秀の子孫である「明智憲三郎」さんが「秀吉黒幕説」を唱えておられましたね。

どうやら漫画にもなっているみたいです。

しかし、秀吉が光秀とグルだったら、光秀が真相を隠して亡くなるなんて・・・・秀吉にとって、そんな都合よく死んでくれるでしょうか?

秀吉が黒幕なら、手先となった光秀は、山崎の戦い前に「黒幕は秀吉だ」と大声で騒ぐのでは??

秀吉が裏で暗躍し、光秀を操っていた可能性もあるにはありますが、そんなに都合よく「光秀が操り人形を演じてくれるのか?」が疑問です。


スポンサーリンク

《真実は?》

時は今、雨がしたしる、五月かな

「時は今 雨がしたしる 五月かな」

この句を読んで、光秀は「謀反」を起こしたと言われています。

どういう意味なのか?と言うと

「時」が意味する「土岐」という名前は「明智家」のご本家。つまり光秀の実家。

「雨がしたしる」というのは、「天が下知る」と書き換えることができて、「天下を知らしめる」つまり「天下を治る(治める)」という意味になります。

つまりこの俳句は

「土岐は今こそ、天下を治めるべきだ」

という意味になります。

とはいえ本当はこの俳句

「時は今、雨がしたなる、五月かな」

だそうです。

これに込められた意味は

「土岐一族は、雨にさらされる五月のような辛い状況だが、頑張ろう」

という意味になります。

この「したしる」という俳句は、後世の創作と考えられます。


スポンサーリンク

真実とは?

1582年6月2日、この日付が最も重要だと、東京大学教授の「本郷和人」さんがおっしゃっていました。

「本郷和人」さんがおっしゃるには、本能寺の変は、明智光秀の単独犯。

なぜ本能寺の変を起こしたかというと、「四国征伐軍」を止めるため

6月2日は、信長の三男「織田信孝」が、織田家重臣・丹羽長秀とともに、四国征伐軍出撃の日でした。

光秀は四国の大名「長宗我部元親」と、長年友好的な関係を維持しており、長宗我部も信長への臣従を約束していたと言われています。

そんななかで信長は、長宗我部元親にたいして「領土を割譲せよ」と要求。

それまで四国の大半を征服していた長宗我部は、4カ国中2カ国を織田家に割譲することで同意。


スポンサーリンク

この困難な交渉をまとめたのが光秀でした。

しかし信長は、交渉がまとまった直後に、「やはり長宗我部元親は滅ぼす」と、いきなり方針転換。

光秀の面目は丸つぶれとなりました。光秀の家来「斎藤利三(春日局の父)」は、長宗我部家と縁戚でしたから、この命令は家来「利三」を絶望の淵に叩き落す宣告だったことでしょう。光秀も愕然としたはずです。

本郷和人先生が言うには、「朝令暮改」を繰り返しまくる信長に、「まっとうな人間」だった光秀がキレて、「ついていけない」と判断して本能寺で襲撃した・・・という説を唱えておられました。

信長は光秀を高く評価しており、機内の軍団は光秀に任せきりでした。

そのため光秀を信頼しきって、全く警戒せずに本能寺へわずか100名ほどで宿泊したのです。

家康の饗応役を外されたり、飲めない酒を無理矢理飲まされたり、敵大名「波多野秀治」へ人質に出した母を見殺しにされたり(諸説あります)・・・・。光秀は、人使いの荒い信長にかなりイライラしていたみたいです。

漫画家の「黒鉄ヒロシ」さんが言うには

「あの本能寺の変の時、光秀の目の前には、天下が転がっていた。

目の前に天下が転がっていたら、思わず手を出してしまうのが武将だ。」

つまり光秀は、今信長を殺害すれば、天下は自分のもの・・・と甘い考えにさらされていたということ。

本郷和人さんも、黒鉄ヒロシさんも、「衝動的に謀反した」と考えているようですね。

もしかしたら、周囲が勝手にミステリー化しているだけで、真相は意外と単純なのかもしれません。

つまり「真相」は、「明智光秀による衝動的な事件」・・・。


スポンサーリンク

一説によれば「近江・坂本」と「丹波」の領地を召し上げられ、代わりに未だに「毛利家」の領地であった「出雲」「岩見」を与えると言われ、実質的な領地没収をくらった光秀がキレた・・・という説もあるようですが、当時このような形の領地替えは頻繁にあったため、これが謀反の原因である可能性が極めて低いのだそうです。むしろ領地が増えて、栄転と言っていいことだという意見もあるほどです。

例えば、大坂の陣に参戦した「真田幸村」は、「50万石」の大領を条件に豊臣家に味方したと言われていますが、これは当然「敵の領地を奪い取れたら」という条件付きでしたし・・・。おそらく光秀の場合も、これと同じように「敵領地を奪えたら」という条件付きではあるものの、秋の年貢収穫時期までに毛利家を滅ぼせる目算がついていたこの時期ならば、それほど恐ろしいことでもなかったはずです。

明智光秀の性格について、脳機能学者の「中野信子」さんが

「明智光秀は、武士に向かない人だった」

とおっしゃっていました。

信長の仕打ちに、結局は耐えられないほど、光秀は真っ当な人だったのでしょうね。

2020年の大河ドラマは「明智光秀」を主人公とした作品「麒麟がくる」・・・本能寺の変において、どの説が採用されるか・・・楽しみです。


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・信長は、本能寺で間違いなく亡くなった

・本能寺の変に、黒幕はなく、明智光秀の単独犯だろう

・東大教授・本郷和人さんが言うには、朝令暮改を繰り返す信長に、光秀がキレて、長宗我部を救うために信長を討った・・・とのこと

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする