明智光秀の死因と最後の様子とは?最後の言葉と終焉の地を地図で紹介

明智光秀の「死因」や「最後の様子」について、誰かに尋ねられても、ハッキリと答えられる方は、少ないかもしれません

 

実は筆者自身も、「明智光秀」については知っていたものの、自分の手で調査してみるまで、「明智光秀の死因・最後」については答えられませんでした

 

この記事では「明智光秀」の「死因」「最後の様子」について、ひと目で分かるようにまとめました

 

「明智光秀」の「最後」について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです

 

これを読んで、明智光秀についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,明智光秀の『死因』は?

「槍で刺されて致命傷を負ったため、切腹」

 

2,明智光秀の『没年月日』は?

旧暦・天正10年6月13日

新暦・1582年7月2日

享年55歳(67歳という説もある)

 

3,明智光秀の『最後の様子』は?

羽柴秀吉」との「山崎の戦い」に敗北した光秀は、坂本城へと落ちのびる途中で、「小栗栖(おぐるす)」という場所で「落ち武者狩りの百姓たち」に襲撃された。(または信長の家臣だった小栗栖館の武士団)

竹槍(またはサビた槍)で刺されて深手を負ったため自害したという。

光秀終焉の地は「明智藪」と呼ばれて、現在は「碑」が建てられている。

 

4,明智光秀の『辞世の句』は?

  • 「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元」
  • 「心しらぬ人は何とも言はばいへ 身をも惜まじ名をも惜まじ」
  • 「土岐(とき)は今 天(あめ)が下知(したし)る 五月(さつき)かな」

明智光秀の『死因』は何?

光秀の死因

明智光秀の死因は、「槍で刺されて致命傷を負ったため、切腹した」と言われています。

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

「羽柴秀吉」との「山崎の戦い」に破れた「明智光秀」は、坂本城へと落ちのびる途中、「落ち武者狩りの百姓たち」に「竹槍で刺されて深手を負ったため自害

 

家臣「溝尾茂朝」に介錯(かいしゃく)させ、その首をちかくの竹やぶの溝にかくした。

 

6月14日】、明智光秀の首は、それを発見した百姓により、「村井清三」をつうじて織田信長の三男「織田信孝」の元に届き、まずは「織田信長」終焉の地である「本能寺」でさらしものにされた。

 

6月17日】、光秀と同じく、捕まって斬首された光秀の家来「斎藤利三」の屍とともに、京都の粟田口に、首と胴をつないだ形で、さらしものとされた。

 

同年6月24日】、「光秀」と「斎藤利三」の首塚が、粟田口の東の路地の北側に築かれた。

 

信長の側近「大田牛一」が書き残した『太田牛一旧記』によれば、明智光秀たちは小栗栖(おぐるす)という場所で、落ち武者がよく通る田のうえの細道を進んでいるときに、藪のなかから繰り出された百姓の「サビた槍で、腰骨を突き刺された」を受けたとのこと。

 

別の説よによれば、光秀は「落ち武者狩り」ではなく、「信長の家来だった小栗栖館の武士たち」から襲撃されて亡くなった、とも言われている。

 

そのとき、これで最期とさとった光秀は、自らの首を「知恩院に届けてくれ」と、周囲の者に言いのこした(つまり、この直後に光秀は切腹して、介錯され、みずからの首を討たせたということ)

《京都・知恩院》
「引用元ウィキペディアより」

光秀の首のゆくえについて、信長の息子「織田信孝」に届けられた、と解説したが、その他にも諸説あり。

 

別の説によれば、光秀の首は、本人の遺言にしたがって「知恩院」へ運ばれたが、敵軍によって道をふさがれて届けられず、知恩院への道の途中で埋められ、現在では「知恩院」の近く、地下鉄東西線「東山駅」の南に、明智光秀の「首塚」がある。

光秀・終焉の地「明智藪」

光秀が「落ち武者狩り」または「小栗栖館の武士団」から襲撃され、亡くなった場所は「明智藪(あけちやぶ)」と呼ばれ、現在は「碑」が建てられている。


この場所は、「本経寺」の境内に位置している。

「明智藪」という名前だが、現在は「藪(やぶ)」があるわけではない。


スポンサーリンク

明智光秀の『没年月日』と『最後の様子』

「没年月日」と「享年」

旧暦・天正10年6月13日

新暦・1582年7月2日

 

享年55歳(67歳という説もある)


スポンサーリンク

「最後の様子」

天正10年6月13日(1582年7月2日)】、「本能寺の変」からわずか12日後、「明智光秀」は京都と大坂のあいだにあった「山崎」という地で、「羽柴秀吉」の軍を迎撃することになった。

羽柴秀吉(豊臣秀吉)
「引用元ウィキペディアより」

兵力は

羽柴軍2万7千(4万人という説もある)

明智軍1万7千人(1万人余りとする説もある)

兵数は秀吉軍が勝っていたが、天王山と淀川の間はとても狭かったため、両軍とも「3千人程度」しか軍を配置することができなかった。

 

合戦が長引いてしまうと、「にわか連合軍」である羽柴軍の混乱や、周辺勢力の光秀への増援が予想されていた。

 

そのため、羽柴軍にとっては、決して楽観できる状況ではなかった。

 

羽柴軍の主力は「備中高松城の戦い」から「中国大返し」を行ったために疲れきっており、「高山右近」や「中川清秀」たち、現地で合流した武将とその軍団の活躍に期待するしかなかった。

 

秀吉側「3万5千人」に対し、明智光秀はというと、各城にも兵を残したため実数「1万人」程度で劣勢であり、戦いが始まると最大勢力の「斎藤利三」の軍団「3千人」が包囲されたことによりあっという間に敗走。

 

これにより早くも勝敗が決まった、との見解もある。

《斎藤利三》
『引用元ウィキペディアより』

同日深夜、すなわち【天正10年6月13日(1582年7月2日)深夜】、光秀は坂本城を目指して落ちのびる途中で、「落ち武者狩り」に深手を負わされ、自害した。


スポンサーリンク

明智光秀の『辞世の句』と意味

光秀の辞世とされる詩や句が残っているが、いずれも後世の編纂物によるものであり、創作の可能性がある。

「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元」

じゅんぎゃくにもんなし たいどうしんげんにてっす ごじゅうごねんのゆめさめきたれば いちげんにきす

 

たとえ信長は討つとも、主君と家臣の順序について、文句を言われる筋合いはない

 

彼も我も、同じ「武士」である。

 

武士たるものが主君とするお方は、ただ一方(天皇)のほかに誰があるだろう。

 

その大道は、私の心の中にあること。

 

それを知るものは、やがて知るだろう。

 

とはいえ五十五年の夢が醒めれば、我も世俗の毀誉褒貶(きよほうへん)にさらされるだろう(毀誉褒貶・褒めるものも、けなす者も多いということ)

 

しかしその毀誉褒貶をする者もまた、一元に帰せざるを得ないだろう。

心しらぬ人は何とも言はばいへ 身をも惜まじ名をも惜まじ

主君である「織田信長」公を倒せば、私は謀反人の汚名を着せられるだろう。

 

しかし、私の心は誰にもわからないのだから、なんと言われても構わない。

 

命も名誉も惜しくはない


スポンサーリンク

時は今 雨がしたしる 五月かな

「土岐は今 天が下知る 五月かな」

季節は今、冷たい雨が降りしきる5月。これを耐え忍べば、きっと暖かい日が差すだろう。

 

または、以下のような解釈も可能であるとされています。

 

明智家の本家である土岐氏は機会が巡ってきた5月の今こそ、天下にその名を知らしめて支配するときだ。

《桔梗紋》
「引用元ウィキペディアより」

ただ、光秀が作った俳句は、本当は

時は今 雨がしたなる 五月かな

だったという説もあります。

 

これならば、ただの「季節を歌った句」になるので、「天下を取ろう」という野心は見えません。

 

明智光秀の子孫「明智憲三郎」氏は、「豊臣秀吉」が「明智光秀」の信長殺害の動機を「天下に野心によるもの」とするため、「雨がしたなる」を「天が下知る」に捏造した・・・と主張しておられます。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,明智光秀の『死因』は?

「槍で刺されて致命傷を負ったため、切腹」

 

2,明智光秀の『没年月日』は?

旧暦・天正10年6月13日

新暦・1582年7月2日

享年55歳(67歳という説もある)

 

3,明智光秀の『最後の様子』は?

「羽柴秀吉」との「山崎の戦い」に敗北した光秀は、坂本城へと落ちのびる途中で、「小栗栖(おぐるす)」という場所で「落ち武者狩りの百姓たち」に襲撃された。(または信長の家臣だった小栗栖館の武士団に襲われて亡くなった)。

竹槍(またはサビた槍)で刺されて深手を負ったため自害したという。

光秀終焉の地は「明智藪」と呼ばれて、現在は「碑」が建てられている。

 

4,明智光秀の『辞世の句』は?

  • 「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元」
  • 「心しらぬ人は 何とも言はばいへ 身をも惜まじ名をも惜まじ」
  • 「土岐(とき)は今 天(あめ)が下知(したし)る 五月(さつき)かな」

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

『明智光秀』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【明智光秀とは】何した人なの?世界一わかりやすく解説してみた」の記事はコチラ
「明智光秀の生涯年表を簡単に紹介!謎に満ちた光秀の前半生を考察」の記事はコチラ
「明智光秀はなぜ織田信長を裏切った?最新説『徳川家康の陰謀』を考察」の記事はコチラ
「明智光秀の墓所を地図付きでご案内!京都・高野山の墓はニセモノ?」の記事はコチラ
「明智光秀の家臣団を一覧紹介!山崎の戦いで敗北した最強明智軍の敗因」の記事はコチラ
「明智光秀の性格は優しくて誠実?どんな人かをエピソードつきで解説」の記事はコチラ
坂本龍馬が明智光秀の子孫説を検証!2人は似たような業績を残してる」の記事はコチラ
明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ
「明智光秀にまつわる四字熟語と辞世の句!意味を分かりやすく解説!」の記事はコチラ
「明智光秀の最後の地と日付!人質となり死んだ母親の命日に信長殺害?」の記事はコチラ
「本能寺の変は新暦の日にちでいつ?明智光秀がこの日にした理由に驚愕」の記事はコチラ
「明智光秀の死因は何?本能寺の変を起こした動機・理由や真実を解説!」の記事はコチラ
「明智光秀の家紋・桔梗紋の意味と読み方とは?日光東照宮に刻まれた理由」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページ上部へ戻る