明智光秀の家紋・桔梗紋の意味と読み方とは?日光東照宮に刻まれた理由

明智光秀の家紋「桔梗紋」の意味と読み方を解説

本能寺で織田信長を殺害し、わずか11日後に秀吉に敗北した明智光秀

彼の「桔梗紋」が、なぜか徳川家康の墓である「日光東照宮」に刻まれているが、その理由とは?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

明智光秀の家紋「桔梗紋」は、源氏の子孫「土岐(とき)氏」の家紋

・日光東照宮に、徳川家康につかえた僧侶「南光坊天海」の家紋である「桔梗紋」が刻まれている

・明智光秀が南光坊天海と同一人物で、生き残っていたという説もあるが、証拠はなく、あくまでも仮設


明智光秀の家紋「桔梗紋」の意味と読み方

明智光秀・・・織田信長が最も信頼していた部下。

「柴田勝家」「滝川一益」「羽柴秀吉」と並んで「織田四天王」とも呼ばれていた光秀。

そんな光秀の家紋は「桔梗(ききょう)」の華を形取った「桔梗紋(ききょうもん)」

引用元wikipediaより

明智光秀の部隊は、この「桔梗紋」を記した「水色」の旗を背負っていたと言われています。

その為、明智の旗は「水色桔梗」と呼ばれていたみたいです。

この桔梗紋は、何を意味しているのか?

「桔梗」という文字は、木偏を取り除くと「吉」と「更」という文字になります。

これを「更(さら)に吉(よし)」という意味を見いだし、縁起が良いとされていたのです。


スポンサーリンク

なぜ「日光東照宮」に「桔梗紋」が刻まれているのか?

明智光秀の家紋「桔梗紋」がなぜか日光東照宮に無数に刻まれているのだとか。

信長と秀吉とは、深い因縁がある光秀ですが、家康とはどういう関係があるのか?

「本能寺の変」発生時、堺の街を見物していた家康は、明智に兵に追いかけられて、伊賀越えと呼ばれる家康最大の危機を迎えています。

家康は、明智光秀に殺されかけているのです。

そんな家康のお墓が、「日光東照宮」

その日光東照宮に、なぜか明智に家紋である「桔梗紋」が多数刻まれているのだとか・・・。

桔梗紋・・・・織田信長の子孫でフィギュアスケートの「織田信成」さんの家では、自宅で桔梗の華を飾ることはタブーだったそうです。

織田信長の弟・織田有楽斎の子孫で茶道・有楽流の家元「織田宗裕」さんも、名古屋市の自宅では「桔梗の華」を、「敵の華」とみなして飾らないしきたりがあるのだとか。

実際「本能寺の変」の直後に、武将・水野勝成は、桔梗紋を家紋として使っていましたが、「裏切り者の家紋」とみなされた為、家紋を変えたそうです。

それほど嫌われていた「桔梗紋」を、家康の墓に彫り込むとは・・・なぜなのか?

実は「明智光秀」は生存していて、家康に仕えた・・・と言われているのです。


スポンサーリンク

明智光秀は生きていた?

明智光秀には生存説があります。

家康の政策顧問で、徳川家の功臣「南光坊天海」という人物。

この南光坊天海が、明智光秀だと噂されているのです。

その根拠が幾つかあるようなのですが、天海は日光東照宮の近くに「明智平」という地名をつけています。

なぜそんな名前をつけたのか?というと

「明智の名前を残すため」

という理由だそうです。

さらに、三代将軍・徳川家光の教育係「春日局」

この春日局は、明智光秀の家臣

「斎藤利三」の娘なのですが、彼女は南光坊天海に初めてあった時、初対面であるはずなのに

「お久しぶりです」

と言ったのだとか。

さらに「家光」の名前・・・・。

昔の人は、「偏諱」といって、偉い先人から一字をもらって成人後の名前とする習慣がありました。

例えば家光の父「徳川秀忠」は、「豊臣秀吉」の「秀」の字と、家康の父「松平広忠」の「忠」の字を取って「秀忠」と名乗りました。

「家光」の弟「忠長」は、「秀忠」の「忠」と、織田信長の「長」をもらいました。

徳川家には「世継ぎは祖父から一字をもらう」という習慣があったようで、「家康」も祖父「松平清康」から「康」の字をもらっています。

「家光」の「家」の字は「家康」からの一字ですが、「光」の字がどこからきたのか謎なのです。

「明智光秀」の「光」なのでは?と噂されていますが・・・。

定かではありません。

その南光坊天海が「明智光秀」と同一人物だから、桔梗門が日光東照宮に刻まれていると噂されているようです。

・・・・。

これらは、あくまでも噂です。

確たる根拠はありません。

実は「桔梗紋」を家紋として使っている武将は、当時からたくさんいました。

南光坊天海も桔梗紋ですが、秀吉の側近だった猛将「加藤清正」もまた「桔梗紋」を使っていたと言います。

なので、南光坊天海が「桔梗紋」を使い、その紋を日光東照宮に刻んだのは偶然だったのではないでしょうか?

南光坊天海といえば、家康の死後の称号を「大明神」とすることに大反対し「大権現」を推した人物。

「豊国大明神」と呼ばれて崇められた豊臣秀吉の家「豊臣家」は滅びたため縁起が悪いとして、「大権現」を推し、家康は「東照大権現」と呼ばれたのだとか・・・。

現実的に考えて、光秀が生きていた可能性は、低いと思います。


本能寺の変の真相と黒幕」については、ぜひ以下のリンク記事をご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・明智光秀の家紋は「桔梗紋」

・その意味は「さらによし」と読めるという演技を担いだものだった

・日光東照宮に「桔梗紋」が刻まれているのは、おそらく偶然

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る