足利義昭の全てを徹底解説!織田信長・明智光秀との関係や子孫も網羅

皆さんは「足利義昭(あしかが よしあき)」を、ご存知でしょうか?

実は「足利義昭」について、くわしく知っている方は、それほど多くないみたいです。

この記事では「足利義昭の子孫、織田信長や明智光秀との関係」などを、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。

今は「足利義昭」について、漠然としか知らなかったとしても、大丈夫です。

これを読めば、誰かに説明できるほど、「足利義昭」に詳しくなれます。

この記事を読んで、「足利義昭」の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはありません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「足利義昭(あしかが よしあき)」とは、今から【450年前】の戦国時代に活躍した武将。今から【約700年前】に「室町幕府」を開いた武将「足利尊氏」の末裔に当たる人物。室町幕府最後の将軍

 

2,足利義昭と織田信長は、最初は「協力関係」にあった。しかし徐々に関係が悪化し、「義昭」と「信長」は、最終的に戦うこととなる。結果、「義昭」は敗北し、「室町幕府」は滅亡した。

 

3,足利義昭に直系の子孫は、現在まで続いている。幕末の会津藩士「坂本義劉」氏は、足利義昭の末裔であると考えられる。

【足利義昭】とは何者なのか?何をした人かを解説

「足利義昭」とは、今から【450年前】の戦国時代に活躍した武将です。

義昭は、今から【約700年前】に「室町幕府」を開いた武将「足利尊氏」の末裔に当たる人物なのです。

「足利義昭」は、「室町幕府」の第15代征夷大将軍であり、室町幕府最後の将軍です。

《足利義昭》
「引用元ウィキペディアより」

 

1568年】、「足利義昭」は「織田信長」とともに「京都」を支配していました。

ところが、徐々に「織田信長」と対立し、最期は信長と戦って敗北。

「京都」から追放されて、「室町幕府」は滅亡する事となるのです。


スポンサーリンク


足利義昭と【織田信長の関係】

足利義昭と織田信長は、当初は「協力関係」にありました

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

しかし徐々に関係が悪化し、「義昭」と「信長」は敵対します。

そして最終的に、両者は戦うこととなります。

1565年】、義昭の兄である13代将軍「足利義輝」が「三好三人衆」に暗殺されました。

細川藤孝」たちは、このとき「奈良」で出家していた「足利義昭」を救出し越前へ逃亡。

足利義昭は、全国各地の大名に「京都へ進軍し、三好三人衆を倒してほしい(上洛)」と依頼します。

ほとんどの大名が、この義昭の要請を無視したのですが、「織田信長」だけは義昭の求めに応えます。

明智光秀」の仲介によって、「織田信長」の上洛は成功。

「征夷大将軍」となった「足利義昭」と「織田信長」は、協力して京都を支配します。

しかし、時間が経過するにつれて二人の関係は悪化していきます。

最後は戦うこととなり、「織田信長」が勝利しました。

足利義昭の【子孫と家系図】

足利義昭に直系の子孫は、現在まで続いていると考えられます。

少なくとも幕末までは、足利義昭の子孫が続いている形跡があります。

同時代に生きた「一色義喬(いっしき よしたか)」という人物は、「足利義昭」の息子である可能性があるのだとか。

ただし、「一色義喬」が「足利義昭」の子であるという、確かな証拠はありません。

「《足利義昭の家系図》
クリックすると拡大できます
家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

 

足利義昭の末裔であり、会津藩士でもあった「坂本義劉」は、明治維新の後、一族発祥の地であり「足利尊氏」の故郷「足利市」へ移っています。

この「坂本義劉」氏の末裔が、現在も続いていると考えられます。

「足利家」の血を引く人間は、「足利義昭」の他にも、現代までたくさん続いています。

例えば、足利義昭の兄「足利義輝」の子孫は、現代まで続いていると考えられます。

 

「足利義昭の子孫」について、以下のリンク記事で更に詳しく解説しております。

『【足利義昭の子孫】を家系図で解説!義昭の末裔は今現在どこにいる?』の記事はコチラ

「足利義輝の子孫」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

足利義輝の子孫を家系図の画像でわかりやすく解説!足利家の末裔の現在』の記事はコチラ

スポンサーリンク


足利義昭と【明智光秀の関係】

足利義昭と「明智光秀」は、もともと主君と家来の関係にありました。

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

通説によると、「斎藤義龍」から逃れるために、「明智光秀」は美濃国(岐阜県南部)から越前国(福井県)へと移り住みます。

そこで、「三好三人衆」から逃れてきた「足利義昭」と「細川藤孝」に出会います。

「足利義昭」や「細川藤孝」に協力するようになった「明智光秀」は、いとこである「帰蝶」を通じて「織田信長」と接触。

「光秀」は「信長」に、「足利義昭」を連れて京都へ進軍し、「三好三人衆」を倒して「足利義輝」の仇討ちをしてほしいと要請します。

これに応えた「織田信長」は、京都を支配。

明智光秀も「織田信長」と「足利義昭」の両方につかえるようになります。

ところが、「明智光秀」は「足利義昭」に愛想をつかしたのか、のちに決別。

明智光秀は、織田信長の家来として、足利義昭と敵対しています。

足利義昭と【豊臣秀吉の関係】

足利義昭と豊臣秀吉は、織田信長の死後に「主従関係」となっています。

「豊臣秀吉」が主君で、足利義昭が家来という関係です。

羽柴秀吉(豊臣秀吉)
「引用元ウィキペディアより」

 

「豊臣秀吉」は、「足利義昭」を取り立て、晩年は良い話し相手になっていたといいます。

1万石の領地を与えられた足利義昭は、【1597年】に、秀吉の要請にしたがい、200人の軍を率いて「朝鮮出兵」のため肥前「名護屋城」へ出陣しています。


スポンサーリンク


足利義昭が【京都から追放された経緯】と【鞆の浦幕府】

足利義昭は、織田信長のチカラによって征夷大将軍に就任し、京都を支配します。

ところが、足利義昭の政治は、決して万民のためになるものでは有りませんでした。

そのため義昭は、激怒した織田信長によって、京都から追放されています。

「9枚の欠けた貝がら」

義昭の屋敷のまえに、ある日「9枚の貝がら」が並べられていました。

しかも貝がらは、全て欠けていたのです。

これは「足利義昭には政治力が欠けている」ということを意味していたものです。

そのため織田信長は、何度も何度も足利義昭に注意します。

それでも一向に政治を改めようとしない足利義昭。

挙句の果てには、恩人のはずの織田信長を殺そうとするのです。

仕方なく織田信長は、足利義昭を京都から追放。

義昭は、中国地方の実力者「毛利輝元」を頼ります。

そして当時、瀬戸内海の貿易拠点である「鞆の浦(とものうら)」に住み着くのでした。

「鞆の浦」で、「足利義昭」は「鞆の浦幕府」と呼ばれる「臨時政府」を機能させていたと考えられています。

「室町幕府」は滅亡したものの、「鞆の浦幕府」を開いて、のちに「室町幕府」を再興させるつもりだったのです。


スポンサーリンク


足利義昭の【家紋】

足利義昭が使っていた家紋は、「足利家」の家紋である「二つ引き両紋」です

《二つ引両》
「引用元ウィキペディアより」

この「二つ引両紋」は、足利尊氏も使用した由緒正しい家紋です。

中央に流れる日本の横線は、「龍」を表していると言われています。

足利義昭の他にも、足利家の分家「吉良家」の庶流にあたる「今川義元」が、この「二つ引両紋」を使用していたといいます。


スポンサーリンク


足利義昭の【最期】

足利義昭は、【慶長2年(1597年)8月】に、大坂で亡くなっています。

死因は腫物(はれもの)によると考えられています。

義昭は、亡くなる直前に、「朝鮮出兵(文禄・慶長の役)」に参戦するため、九州の肥前国「名護屋城(なごやじょう)」へおもむいています。

老齢でしかも腫物に苦しんでいた足利義昭にとって、大坂から九州への長旅は、かなり苦しかったはず。

長旅が死因なのかもしれません。

足利義昭が【本能寺の変】の黒幕だった説について

足利義昭が「本能寺の変」の黒幕であったという説があります。

しかし最新の研究では、「足利義昭」が「本能寺の変」の黒幕である可能性は、低いと考えられています。

「足利義昭」は、「本能寺の変」の前に「明智光秀」と連絡を取った形跡がないのです。

それどころか、「本能寺の変」の直後から、明智光秀を利用して「上洛」、つまり「京都への帰還」をあわてて模索しています。

義昭は、鉄砲傭兵団「雑賀衆」のリーダー「土橋重治」という武将を通じて、信長を討ち果たした「明智光秀」と連絡を取ろうとしているのです。

  • 「本能寺の変」の前に光秀と連絡を取った形跡がない。
  • そして「本能寺の変」の直後に、良い機会だとして光秀と接触しようとしている。

このことは「足利義昭」が「本能寺の変」とは関わりがなかったことを示しています。


スポンサーリンク


足利義昭が各地に送った【御内書】とは何か?

足利義昭は「織田信長」に京都から追放された後、各地に「御内書(ごないしょ)」と呼ばれる文書を発しています。

「御内書」とは、「室町幕府の征夷大将軍」が、私的に又は公的に送る文書のことです。

現在、足利義昭の「御内書」は、「大阪城天守閣」や「神奈川県立歴史博物館」などに所蔵されています。

義昭は、「征夷大将軍」つまり「武士たちのトップ」として、全国の武士に命令する権限を持っていました。

その権限を最大限に利用して、上杉謙信」「武田信玄」「北条氏政」らに、次々と御内書を送って味方につけようとしたのです。

なぜ味方につけようとしたのかというと、もちろん「織田信長」を倒すためです。

しかし各地の大名は、この「御内書」を無視しています。

義昭のチカラでは、各地の戦国大名をまとめあげることなど、できなかったのです。

足利義昭の【木像】の画像

京都府京都市にある「等持院(とうじいん)」というお寺は、「足利家」の菩提寺です。

この「等持院」には、初代「足利尊氏」から始まる、「足利家・歴代将軍」の木像がおさめられています。

その中には、「足利義昭」の木像もあります。

5代将軍「足利義量(よしかず)」と、14代将軍「足利義栄(よしひで)」の木像はありません。

この「等持院」には、なぜか「徳川家康」の木像があります。


スポンサーリンク


もしも『足利義昭』が「本能寺の変」の黒幕で、「明智光秀」が死ななかったら、歴史はどう変わっていたか?

もしも「足利義昭」が、「本能寺の変」の黒幕であったとして、「明智光秀」が「山崎の戦い」で勝利し、死ななかったとしたら、歴史はどのように変わっていたでしょうか?

おそらく一時的にではありますが、「室町幕府」が再興されていたでしょう。

しかしその後も「室町幕府」が継続していたとは思えません。

「足利義昭の政治力の無さ」が原因となって、おそらく義昭は明智光秀から、用済みされていたと考えられます。

その後は、明智光秀が政治の中心となって、幕府を開くなどしていたのではないでしょうか。

明智光秀は「源氏」の末裔。

ですので「光秀」が、「征夷大将軍」「源氏長者」という高い位に就任しても、おかしくありません。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「足利義昭」とは、足利尊氏」の末裔に当たる人物。室町幕府最後の将軍

 

2,足利義昭と織田信長は、最初は「協力関係」にあった。しかし「義昭」と「信長」は、最終的に戦うこととなる。「義昭」は「信長」に敗北し、「室町幕府」は滅亡した。

 

3,幕末の会津藩士「坂本義劉」氏は、足利義昭の末裔であると考えられる。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


『足利義昭』関連記事

以下のリンク記事で、「足利義昭」に関係する情報を、さらに詳しく解説しております。

よろしければ、お役立てくださいませ。

『足利義昭の生涯と【家紋】を画像付きで解説!織田信長との死闘と最期』の記事はコチラ
明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
足利尊氏と後醍醐天皇の争いの原因とは?年表で分かりやすく解説』 の記事はコチラ
足利尊氏の家系図と子孫を調査!性格が良かったため将軍になれた?』 の記事はコチラ
細川藤孝のすべてを徹底解説!子孫・家系図や明智光秀との関係も紹介』 の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る