明智光安の全てを徹底解説!明智光秀との関係や逸話・最期を完全網羅

皆さんは「明智光安」を、ご存知でしょうか?

 

実は「光安」について、くわしく知っている方は、それほど多くないみたいです。

 

この記事では「明智光安」を、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。

 

今は「光安」について、漠然としか知らなかったとしても、大丈夫です。

 

これを読めば、誰かに説明できるほど、「明智光安」に詳しくなれます。

 

この記事を読んで、「光安」の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはありません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「明智光安(あけち みつやす)」とは、「明智光秀」の叔父。父を早くに亡くした「明智光秀」を、光秀の父「光綱(みつつな)」に代わって育てた。

 

2,「小見の方」は明智光安の妹。「小見の方」は「美濃のマムシ」と呼ばれた名将「斎藤道三」の妻で、織田信長の妻「帰蝶」の母

 

3,光安は「斎藤義龍」に攻められ、亡くなっている。息子「明智秀満」に、甥「明智光秀」を守るように伝えて自害。甥「光秀」と、息子「秀満」に、「明智家の再興」を託して、落城する「明智城」から逃した。

【明智光安】とは、何をした人なのか?

「明智光安」とは、「明智光秀」の叔父であると考えられています。

 

同時に、父をはやくに亡くした「明智光秀」を、父に代わって育てた人です。

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

 

「光安」は、「光秀」の父の弟であると言われているのです。

 

また、「織田信長」の姑で、美濃国の戦国大名「斎藤道三」の義兄にもあたります。

 

それだけではありません。

 

「明智光安」は、「織田信長」の義理の叔父にもあたります。

 

光安からすると、姪にあたる、「道三」の娘「帰蝶(濃姫)」が、「織田信長」の妻なのです。

  • 「明智光秀」の叔父。
  • 「斎藤道三」の義兄。
  • 「織田信長」の義理の叔父。
  • 信長の妻「帰蝶」の叔父。

 

それが「明智光安」です。

 


スポンサーリンク


明智光安と「小見の方」の関係とは?

明智光安の妹に「小見の方」という人がいます。

 

この「小見の方」、「美濃のマムシ」と呼ばれた名将「斎藤道三」の妻なのです。

 

正確にいえば、「後妻」。

 

「小見の方」は、道三とのあいだに「帰蝶」という女の子を出産しています。

 

「帰蝶(きちょう)」・・・・通称「濃姫」。

 

「帰蝶」とは、「織田信長」の妻となった女性です。

 

  • 斎藤道三は、愛娘「帰蝶」を「織田信長」に嫁がせて、「バカ者(うつけ)」と評判だった信長の才能を、誰よりも先に見抜いた人物。
  • 「織田信長」は、言わずとしれた「戦国の覇王」。
  • 「明智光秀」は、その「織田信長」に仕えた名将であり、信長を討ち果たした男。

 

明智光安は、「斎藤道三」「織田信長」「明智光秀」という、後世に強烈に名を刻む名将たちと、深い関わりがあるのです。


スポンサーリンク


明智光安と「明智光秀」は、どういう関係なのか?

すでに述べたとおり、明智光安は、「明智光秀」の叔父。

 

つまり「光秀の父」の弟にあたる、と言われています。

 

実は、明智光秀の前半生は、全くと言っていいほどわかっていません。

 

そのため、「明智光安」が本当に「光秀」の叔父なのかどうか、ハッキリしていないのです。

 

ただ、一般的には、「光安」は「光秀」の父「光綱」の弟にあたり、早くに亡くなった兄「光綱」にかわって甥「光秀」を育てた、と言われています。

 

光安は、自らの息子ではなく、兄の子である「光秀」に、家督継承をしようとした、と考えられています。

 

一説によると、光秀は「まだ若いから」と言って、叔父「光安」からの家督継承を断ったのだとか。

 

このことから、光安は甥の「光秀」と兄「光綱」をとても大切に思っており、「光秀」も叔父「光安」を信頼していたことがわかります。


スポンサーリンク


【明智光安】最後の逸話!「明智光秀」と「明智秀満」に託したものとは?

明智光安は、【1556年】の「長良川の戦い」で、「斎藤義龍」に攻められ、亡くなっています。

 

息子「明智秀満」対して、甥「明智光秀」を守るように伝えて、自害。

 

甥「光秀」と、息子「秀満」に、「明智家の再興」を託して、逃したのです。

 

光秀と秀満は、その後「越前国」へと逃亡。

 

越前国の国主「朝倉義景」に仕えることになります。

 

その後「光秀」と「秀満」は、「織田信長」に仕えることとなり、「近江坂本5万石」と「丹波国29万石」の合計34万石を領有。

 

支配下の大名すべてを含めると、「240万石」にのぼり、「近畿管領」と呼ばれるほどに出世します.

 

光秀と秀満は、見事に叔父「光安」から託された「明智家の再興」を果たしたのです。

 

「本能寺の変」までは・・・・の話しですが・・・。

【明智光安】は「スパイ」で裏切り者?大河ドラマ「麒麟がくる」でそっくりな人物がいた理由

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、不思議なシーンがありました。

 

「明智光秀」が、「織田信秀」との「加納口の戦い」で、叔父「明智光安」とそっくりな人物を討ち取ったシーンです。

 

光安そっくりな武将を討ち取った光秀ですが、陣所へ戻ると、叔父の光安は、元気に生きていました。

 

どうやら「光安」とそっくりな人物がいたようです。

 

このシーンを観た人は

「明智光安は、織田信秀のスパイだった。

光安は、斎藤道三を裏切っていた」

と思ったはず。

 

筆者も、そう思っていました。

 

しかし実際には、「明智光安」が裏切っていたわけではなく、光秀が「光安のそっくりさん」を討ち取っただけ。

 

もしくは戦のプレッシャーから、「幻を見ていた」「幻覚」だったのかもしれません。

 

史実でも、「明智光安が斎藤道三を裏切っていた」とか「光安が織田信秀のスパイだった」という話はありません。

 

あくまでも、光安は「明智光秀を大切に育てた叔父」なのです。


スポンサーリンク


【明智光安】の家系図!父や兄弟・息子をご紹介

「明智光安」は、土岐氏明智家の人物です。

「《明智光安の家系図》
家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

 

その「明智家」の系図には、「光安」の父兄

  • 父「明智光継」
  • 兄「明智光綱」
  • 妹「小見の方」
  • 息子「明智秀満」(息子ではないという説あり。諸説あります)
  • 甥「明智光秀」
  • 甥「明智光忠」

などがいます。

 


スポンサーリンク


【明智光安】の最期

光安は【1556年】に、「長良川の戦い」で亡くなったと考えられています。

 

「長良川の戦い」とは、「斎藤道三」と、その息子「斎藤義龍」の戦い。

 

「明智光安」は、義弟にあたる「斎藤道三」に味方したため、「義龍」の軍団から攻撃を受けたのです。

 

居城「明智城」に籠城していた「明智光安」は、数千の軍団に城を包囲されました。

 

勝ち目のない戦いで、死を覚悟した光安は、「光秀」「秀満」を城から脱出させて自害。

 

「光秀」と「秀満」は、越前国へと逃亡し、「朝倉義景」に仕えることとなるのです。

 

そこで光秀は、のちに「征夷大将軍」となる人物と、運命の出会いを果たすのです。


スポンサーリンク


『明智光安』が亡くなったその後、何が起こったのかを「年表」でカンタンに解説

明智光安が亡くなったあと、何が起こったのかを、カンタンに年表で解説します。

 

1556年

「長良川の戦い」

光秀の2人の叔父「明智光安」と「斎藤道三」が戦死

 

1560年

「桶狭間の戦い」、「織田信長」が「今川義元」を討伐

 

1567年

「織田信長」が、稲葉山城を攻め落とし、美濃国を支配

 

1568年

「織田信長」が「明智光秀」のすすめにより、「足利義昭」を連れて、京都へ進軍

「明智光秀」が「織田信長」に仕える

 

1570年

「姉川の戦い」

 

1571年

「比叡山焼き討ち」

「明智光秀」が「坂本城」築城開始

 

1573年

「織田信長」が「足利義昭」を追放。

「室町幕府」が滅亡

 

1575年

「明智光秀」が「惟任(これとう)」という苗字と、「日向守」という官位を受ける

「長篠の戦い」

 

1576年

光秀の正室「煕子(ひろこ)」が病死

 

1579年

光秀が「丹波国」を平定し、支配

 

1580年

「石山戦争」終結

 

1581年

光秀が「京都馬揃え」の責任者の役目を果たす

 

1582年

「本能寺の変」で「織田信長」戦死。

「山崎の戦い」で「明智光秀」戦死。

 

 


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「明智光安」とは、「明智光秀」の叔父。光秀の兄の弟にあたる。父をはやくに亡くした「明智光秀」を、父に代わって育てた。

 

2,「小見の方」は明智光安の妹と考えられている。「小見の方」は「美濃のマムシ」こと「斎藤道三」の妻で、信長の妻「帰蝶」の母

 

3,光安は「斎藤義龍」に攻められて自害している。息子「明智秀満」対して、甥「明智光秀」を守るように伝えて、甥「光秀」と息子「秀満」に、「明智家の再興」を託し、落城する「明智城」から逃した。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る