【織田信長】敦盛の歌詞と意味!名言「人間五十年」の「本当の意味」

この記事では「織田信長が好んで舞っていたという【敦盛】」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「敦盛の歌詞と、その意味」を、カンタンに理解できます。

 

ちなみに「敦盛」の一部「人間五十年」とは、「人の寿命は五十年」という意味ではなく、「人間界の五十年は、天界の一日に相当する」という意味なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,織田信長が好んだという、「敦盛」の歌詞とは、どのようなものなのか?

「人間(じんかん)五十年、化天(げてん)のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。一度(ひとたび)生を享(う)け、滅せぬもののあるべきか」

 

2,「敦盛」の歌詞の意味とは?

「人間界の五十年などは、化天(げてん・下天)での時の流れにくらべたら、まさに一睡の夢や幻のようなものだ。

一度この世に生を受けて、滅びないものなどあるはずがない。」

 

3,「人間五十年」とは、どういう意味なのか?

「人間五十年」とは「人間の寿命は五十年」という意味ではなく、「人間世界の五十年は、天界の一日に相当する。つまり人間の一生は、一夜の夢のようなもの」という意味になる

「織田信長」が好んだ「敦盛」の歌詞

「織田信長」は「敦盛(あつもり)」という題名の「舞」を好んで舞っていたといいます。

 

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

その歌詞は、以下のとおりです。

人間(じんかん)五十年、化天(げてん)のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり

一度生を享(う)け、滅せぬもののあるべきか

この歌詞には、実は前と後にも歌詞が続いているのです。

 

それも合わせると、以下の通りになります。

思へばこの世は常の住み家にあらず

草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし

金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる

南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり

一度生を享け、滅せぬもののあるべきか

これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ

この「歌詞」には、どのような意味があるのでしょうか?

 

次の項でくわしく解説致します。


スポンサーリンク


「敦盛」の「歌詞の意味・現代語訳」と、この歌が出来た「時代背景」を解説!

まずは「敦盛」の歌詞の全文を、現代語訳してみましょう。

「敦盛」の「歌詞の意味」と「現代語訳」

現代語訳と意味は、以下のようになります。

思えば、この世は無常であり、永遠に住み続けることのできる世界ではない。

草の葉についた水滴や、水面にうつる月よりも、なお儚(はかな)いものなのだ。

晋という国で栄華を極めた「石崇(せきそう)」の華麗なる別荘「金谷園(きんこくえん)」も、風に散り

四川・南楼の月に興じる者たちも、移り変わる雲におおわれるようにして、姿を消してしまった。

人間界の五十年などは、化天(げてん・下天)での時の流れにくらべたら、まさに一睡の夢や幻のようなものだ。

一度この世に生を受けて、滅びないものなどあるはずがない。

これを悟りのいたる究極地点であると考えないのならば、それほど愚かで情けないことはないだろう。


スポンサーリンク


「敦盛」の「時代背景」!「敦盛」とは誰なのか?

この「敦盛」という歌は、【1184年】におこなわれた源氏と平家の戦争、いわゆる「治承・寿永の乱(源平合戦)」の1つである「一ノ谷の戦い」を描いたものです。

 

「一ノ谷の戦い」といえば、「源義経」が

「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」

と呼ばれる断崖絶壁を馬でくだった「奇襲戦法」で有名です。

《源義経》
「引用元ウィキペディアより」

このとき「義経」は見事に、平家の大軍を討ち果たしたのでした。

 

瀬戸内海へと船で逃げ出す平家武者に、「熊谷直実(くまがい なおざね)」という源氏武者が追撃をかけます。

《熊谷直実》
「引用元ウィキペディアより」

そのとき熊谷は、一人の武者を捕まえました。

 

その武者の顔を見てみると、彼はまだ16歳の若武者。

 

この「一ノ谷の戦い」で負傷した熊谷の子「熊谷直家」と同じくらいの年代でした。

 

あまりに若い敵将を討つことにためらった熊谷でしたが、ここで逃すと、この高貴な若武者が、身分の低い雑兵たちの餌食になることが目に見えていました。

 

そのため熊谷は、せめて美しい最期を遂げさせようと、この若武者を打ち取ります。

 

この若武者は、平家の長だった「平清盛」の甥「平敦盛」だったのです。

《平敦盛》
「引用元ウィキペディアより」

熊谷直実は、「敦盛」を討ってしまったことに苦しみ、遺品であった「青葉の笛」を、敦盛の父であり「清盛」の弟である「平経盛」へ手紙を添えて送ったのだとか。

 

その後、熊谷直実は、武士をやめて出家。

 

敦盛の供養をし続けたのでした。

 

「敦盛」という歌は、この「敦盛の死」と「熊谷直実」の物語を歌ったものなのです。

 

ちなみに信長は、この「敦盛」を、【1560年】の「桶狭間の戦い」の直前に舞ってから出陣。

 

見事に敵将「今川義元」を討ち果たしています。

 

「源義経」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『源義経の性格は最悪だった!悲惨で無残な最期は【性格】が原因?』の記事はコチラ

「桶狭間の戦い」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ
『【今川義元と桶狭間の戦い】その謎や疑問のすべてを短く簡単に解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「人間五十年」とは「人生五十年」という意味ではなかった!

「敦盛」には、「人間五十年」という歌詞がありますが、これは「人生は五十年くらい」という、人間の寿命をうたったものではありません。

「人間の寿命は五十年。とても短く儚いものだ」

ドラマや映画で、織田信長がそのように言っているシーンが度々描かれますが、実際の意味は違います。

 

これは「人間(じんかん)五十年」と読みます。

 

「人間(じんかん)」とは、「人間界」すなわち神々の住む「天界」にたいして、人間の住む「人間界」のことをいいます。

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり

一度生を享け、滅せぬもののあるべきか

この「化天(げてん・下天)」とは、神々が住む「天界」のなかでも、もっとも下の階層に位置する世界のことです。

 

人間界の50年は、この化天の「一日」に相当するのだとか。

 

つまり

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」

とは、

「人間界の五十年は、化天の一日つまり一昼夜なのだとか。

つまり人間の一生なんて、まさに夢幻(ゆめまぼろし)のように、一瞬で過ぎ去ってしまうのだ」

という意味になるのです。


スポンサーリンク


信長が好んだのは、「能」の敦盛ではなく、「幸若舞」の敦盛だった

織田信長が、重々しい口調で

「にんげん~!!ごじゅうねん~!!」

と歌い舞っているシーンは、ドラマや映画でよく描かれています。

 

これは「能」の「敦盛」を、織田信長が舞っているシーンを描いたものです。

 

しかし実は織田信長、「能の敦盛」を好んで舞っていたのではなく、「幸若舞」の「敦盛」を好んで舞っていたといわれています。

 

「幸若舞」とは「幸若丸」という人が始めた舞のことです。

 

「能」のように、重々しい感じではなく、もっと軽くて陽気なものなのです。

 

重々しくて厚みのある「能の敦盛」のほうが、絵になるとは思うのですが、史実における実際の織田信長は、もっと気軽に楽しめる「幸若舞」のほうが好きだったようですね。

 

2020年放送の大河ドラマ「麒麟がくる」。6月7日放送の第21回「決戦!桶狭間」で、「織田信長」を演じる俳優「染谷将太」さんが、「敦盛」を歌うシーンが放送されました。

 

「桶狭間の戦い」を前にして、突然「敦盛」を歌い始めたのです。これは「史実」のとおりです。

 

あの「染谷将太」さんが歌ったのが、「能」ではなく「幸若舞」だと考えられます。

 

能とは違い、若干軽い感じのする歌い方をするのが「幸若舞」の特徴のようです。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「敦盛」の歌詞は、「人間(じんかん)五十年、化天(げてん)のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。一度(ひとたび)生を享(う)け、滅せぬもののあるべきか」

 

2,「敦盛」の歌詞の意味は、「人間界の五十年などは、化天(げてん・下天)での時の流れにくらべたら、まさに一睡の夢や幻のようなものだ。一度この世に生を受けて、滅びないものなどあるはずがない。」

 

3,「人間五十年」とは「人間の寿命は五十年」という意味ではなく、「人間世界の五十年は、天界の一日に相当する。つまり人間の一生は、一夜の夢のようなもの」という意味になる

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る