【西郷隆盛】3人の弟達の名前と最期!隆盛も尊敬するほど有能だった

幕末・明治の英雄「西郷隆盛」。その西郷隆盛の3人の弟「西郷吉二郎」「西郷従道」「西郷小兵衛」について、その「最期」を解説いたします。

「戊辰戦争で戦死した吉二郎

「胃がんで亡くなった従道

「西南戦争で兄・隆盛より先に亡くなった小兵衛

兄・隆盛も尊敬した弟たちの真実


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・西郷隆盛には「吉二郎」「従道」「小兵衛」という3人の弟がいた

・次男・吉二郎を、西郷隆盛はとても尊敬していた

・三男・西郷従道、兄・隆盛が反乱を起こしたため、最期まで「総理大臣」を固辞し続けた

・四男・小兵衛、隆盛からもっとも可愛がられ、兄・隆盛を信頼しきっていた弟。西南戦争で亡くなった


≪1.西郷隆盛・3人の弟たちの名前≫

西郷隆盛には3人の弟がいました。

次男 西郷吉二郎

三男 西郷信吾→従道(じゅうどう/つぐみち)

四男 西郷小兵衛

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

西郷隆盛の弟たちについて、解説させていただきます。


スポンサーリンク

≪2.隆盛が最も尊敬した次男『吉二郎』≫

西郷隆盛は1862年に2回目の配流となり、沖永良部島に送られます。

その際、西郷家も一緒に処分。

また話が前後してしまいますが、隆盛が藩政に復帰し、江戸等に滞在することが多くなります。

そういった中、兄・隆盛に代わって、西郷家を取り仕切ったのが吉二郎なのです。

薩摩では、隆盛の代理という役割も果たしていました。

隆盛は常に

「自分が国家の為、聊かご奉公が出来たのは、吉二郎が自分に代わって兄たる責務を果たしてくれたからの事で、自分は年齢の上からの兄で、実際の兄は吉二郎だ。」

と述懐していたといいます。

大河ドラマ「翔ぶが如く」のワンシーンで西田敏行演じる西郷隆盛が弟・吉二郎に対し

「今後、私はあなたを弟とは思わん。

今後は兄と思おう」

というシーンがありました。

2018年の大河ドラマ「西郷どん」でも、西郷隆盛が江戸へ向けて薩摩を出発する際に、全く同じセリフを口にするシーンが有りました。

1869年、戊辰戦争に出兵。

戊辰戦争最大の激戦であった「北越戦争」

特にガトリング砲や「アームストロング砲」「エンフィールド銃」「シャープス銃」などの最新武器を「新潟港」から輸入していた、長岡藩とその家老「河井継之助」は、新政府軍を最期まで苦しめます。

越後国五十嵐川付近(新潟県三条市)での戦傷がもとで、吉二郎は戦死。

若くして亡くなった「西郷吉二郎」ですが、彼が残した「遺産」が、後の日本ですさまじい戦果を残します。彼が指導した「東郷平八郎」が、「日露戦争」において大国ロシア「バルチック艦隊」を撃破。

日本は「大国」へと大きく踏み出すこととなるのです。

西郷吉二郎」について、詳しくは以下のリンク記事をお役立てくださいませ

↓↓↓↓↓

「西郷吉二郎の生涯と悲劇的な最期!兄・西郷隆盛もひれ伏した優しい弟」の記事はコチラ

スポンサーリンク


≪3.総理大臣の職を断り続けた三男『西郷従道』≫

西郷従道。陸軍および海軍軍人、政治家。階級は元帥海軍大将。

栄典は従一位大勲位功二級侯爵。

文部卿(第3代)、陸軍卿(第3代)、農商務卿(第2代)、元老、海軍大臣(初・2・3・7・8・9・10代)、内務大臣(第4・5・18代)、貴族院議員を歴任しました。

彼は「鳥羽・伏見の戦い」や「戊辰戦争」に従軍し、兄「隆盛」に付き従って各地を転戦。

「鳥羽・伏見の戦い」では、右耳の下を負傷し、命を落としかけたと言われています。

征韓論に敗れた隆盛が下野した際、従道は政府に留まり、新しい国家をつくる役割を果たします。

様々な職歴の中で、私が最も好きなエピソードは、海軍時代の話です。

海軍大臣となると、山本権兵衛を海軍省主事として抜擢します。

そして、後に山本権兵衛を第2次山縣内閣の海相に推薦します。

そして、権兵衛は海軍で力をふるい、「日露戦争に勝つため」にはどうするかを考え、ほぼ独力で艦隊構想、人事を行い、見事日露戦争に勝利します。

日本海海戦の勝利は西郷従道・山本権兵衛コンビによるものだといえます。

権兵衛の鬼神の様な働きもそうですが、従道の人としての大きさも見事と言えるでしょう。

従道は細かい事務は部下に任せて、ほとんど口を出さず、失敗の責任は自らが取るという考えを持っており度量がとても大きい人でした。

軍政能力に長けた山本が、その手腕をいかんなく発揮できたのは、西郷自身の懐の大きい性格のお陰だと言われています。

ある日、従道が井上馨から海軍拡張案のことで尋ねられた際

「実はわしもわからん。部下の山本ちゅうのがわかっとるから、そいつを呼んで説明させよう」

と言い、井上は山本の説明を受け納得したというエピソードがあります。

兄・隆盛ゆずりの度量の大きな人だったのでしょうね。


スポンサーリンク

西郷従道は、何度も総理大臣に推されましたが、兄・隆盛が西南戦争で逆臣とされていたため、固辞し続けました。

1902年、「胃がん」で亡くなります。享年59才。亡くなった「目黒の自宅」は、今も重要文化財として保存されています。

従道は「なるほどなるほど」が口癖だったため、「成程(なるほど)大臣」というあだ名がついたそうです。

ちなみに・・・2018年の大河ドラマ「西郷どん」で・・・西郷信吾が、内田有紀さんが演じる「おゆう」という舞妓を口説いていたシーンが有りましたが・・・大久保利通との間に4人の子を生んだ愛妾(愛人)・・・それが「おゆう」さんなのです。

大久保利通・・・島津久光の側近として、「日本の近代化」へ久光を上手に操縦していく、いわゆる黒幕・・・。「おゆう」との関係が妻「大久保満寿子」さんに知られることとなるのでしょうが・・・どういう展開をみせるのか気になるところです。

西郷従道」について、詳しくは以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓

西郷従道の生涯と最期!兄・隆盛の反乱を理由に総理職を固辞し続けた」の記事はコチラ

スポンサーリンク

≪4.隆盛に最も愛された四男『小兵衛』≫

小兵衛はその面影、性格は隆盛に最も似ているとされています。

生涯一私人として、官職に付くことはありませんでした。

隆盛は年の離れた小兵衛を大層可愛がっていたといいます。

明治10年(1877年)、西南戦争が始まると、薩軍第一大隊第一小隊長として従軍します。

西南戦争の高瀬の会戦で小兵衛は戦死します。

胸部に銃弾を受けた際

「自分は、兄に先立つようだ。そのことが心苦しい。」

と言ったそうです。

小兵衛は兄・隆盛を尊敬し、常に隆盛をたすけることが自分の生涯の主題だと思っていました。

最期の言葉がその事をよくあらわしています。

小兵衛戦死を聞いた隆盛は、号泣したといいます

西郷どん! 並製版 上 [ 林 真理子 ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/9/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

三人の弟たちに支えられた西郷隆盛・・・その偉業は、決して一人で成し遂げたものではなかったのでしょうね。


スポンサーリンク

≪まとめ≫

本日の記事をまとめますと

・西郷隆盛の3人の弟は上から順に、吉二郎、従道、小兵衛

・吉二郎は隆盛不在の西郷家をよく守り、隆盛から実際の兄と呼ばれました。戊辰戦争で戦死します。

・従道は明治政府で海軍大臣他顕職を歴任します。日露戦争の日本海海戦を勝利に導きます。

・小兵衛は隆盛が最も可愛がった末弟です。面影、性格は隆盛に最も似ているとされています。西南戦争で戦死します。

西郷家は隆盛・従道の兄弟が有名ですが、吉二郎・小兵衛もそれぞれ活躍をしており、戦死が悔やまれます。

以上。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました
もしよろしければ、以下のリンク記事もお役立てくださいませ

↓↓↓↓↓

「西郷隆盛の本名は【隆永】!改名せざるを得なかった2つの理由とは」の記事はコチラ
「ジョン万次郎の英語の発音と覚え方がスゴイ!彼の教科書も話題に」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る