西郷隆盛は腫れ物が死因?最期の様子と西南戦争なぜ始めたか理由解説

明治維新の功臣「西郷隆盛」

西南戦争の終結とともに亡くなった西郷・・・その死因は「腫れ物」だった?

なぜ西南戦争を始めたのか?理由を解説!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
・西郷の死因は自害・・・象皮症を患っていたため、腫れ物で苦しんだ

・西南戦争は、不平士族(元武士)による最期の士族反乱

・西郷は西南戦争で、最初から勝てるとは思っていない


《西郷隆盛の死因は?腫れ物?》

西郷隆盛・・・・薩摩藩士・・。

下級武士だったが、名君「島津斉彬」に見出されて活躍。

明治維新において、「薩長同盟」「王政復古」「江戸城無血開城」などの政策を次々と成功させた功臣。

西郷は最期の士族反乱「西南戦争」の首謀者として決起。

しかし、敗北・・・。

1877年9月24日」に亡くなっています。

その死因は、何だったのか?

一部噂では「腫れ物が原因」と言われているようですが、間違いです。

西郷は、ファラリアという寄生虫感染症が原因で、「象皮症」という皮膚が肥大化・硬化する病気にかかっていました。

その為、晩年は馬に乗ることもできず、もっぱら進軍は駕籠を利用・・・。

死因は自刃。

西南戦争の終わり頃、腹部と足の付け根あたりに被弾していた西郷は、別府晋介という元軍人に命じて、自分の首を討たせたそうです。

その首は、別府晋介の手で埋葬されたと言われています。その後、別府も自刃。

西郷の死を聞いた、親友・大久保利通は、家の中をうろうろと歩き回り、

「あなたの死とともに、新しく強い日本が生まれます」

とつぶやいていたのだとか・・・。


スポンサーリンク

《西南戦争は、なぜ起こった?》

西南戦争は、「武士の身分を剥奪された事による、武士の不満が爆発した反乱」といえます。

この西南戦争が勃発する前年の1876年3月に「廃刀令」、8月に「金禄公債証書発行条例」が発布されました。

この2つの法は、武士の特権であった「帯刀」と「俸禄支給(米)」を剥奪するものでした。

武士は、農工商のように、商売や生産をして稼ぐのではなく、領地から俸禄をもらうことで収入としていたのです。

次々と特権を奪われた武士たちは、不満を募らせていきました。

さらに「徴兵令」が出されていたため、一般人が軍事力として活用されたことで、武士の立場はますます無くなっていきます。

そのため、次々と武士たちの反乱「不平士族の反乱」が勃発。

神風連の乱・秋月の乱・萩の乱・・・・などなど・・。

反乱が次々と失敗する中、不平士族たちは、最期に最も人望のあった「西郷隆盛」の元に集結。

西郷はこの時、明治政府から下野し、故郷の鹿児島で「私学校」という教育機関を作り、後進育成を行っていました。

この時、大久保利通からの「サイゴウヲシサツセヨ」という電報が、「中原尚雄」という警察官に届けられます。

「シサツ」という情報は西郷の耳にも入り、西郷の周囲は激怒。

実は「刺殺」ではなく「視察」だったらしいのですが、西郷たちは、冷静さを既に失っていました。

「政府へその真意を問う」という名目で、3万もの軍が、鹿児島から北上。

西南戦争が勃発したのです。


スポンサーリンク

《西郷は、敗北するとわかっていた》

実は西郷は、敗北するとわかっていました。

歴戦の名将である「西郷」が、勝てるわけがないと考えるのは、非常に自然なことです。

当時の戦争で最も大切なのは「補給」

消耗戦となると、「援軍・兵員」「軍用糧食」「武器弾薬」の補給などなど。

明治政府軍では、大久保利通が「補給」の重要性を熟知しており、次々と補給を繰り返していました。

しかし、西郷率いる「士族軍」に補給などあるはずがありません。

この西南戦争の後、士族の反乱は起こらなくなります。

なぜか?

「武力で新政府に逆らっても、勝利できない」と、日本中が知ったから。

西郷は、自らが士族を率いて反乱を起こすことで、今後起こるだろうの士族反乱を、未然に封じ込めたのでしょう。

自らが生贄になることで、今後の反乱を未然に防ぐことができる・・・。

それが、西郷の目的だったのかもしれません。


西郷隆盛の子孫」について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・西郷は「象皮症」を患っていたが、死因は自害

・西南戦争は、士族(元・武士)による不平不満が爆発したために起こった戦争

・西郷は、おそらく「勝ち目がない」ことを知っていたんだろう

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする