西郷隆盛の本名は【隆永】!改名せざるを得なかった2つの理由とは

今回は明治維新の立役者、西郷隆盛の意外と知られていない秘密をご紹介しましょう。

友達に話せば、おそらく「知らなかった〜」と言われること間違い無しです。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・西郷隆盛の本名は「隆盛」ではなく「隆永(たかなが)」

・位階を授けられる際に、名前を間違えられ、そのまま「隆盛」を名乗ることとなった

・「隆盛」は、父「西郷吉兵衛」の本名

・弟「西郷従道」も、同じ理由で名前を間違えられた


≪西郷隆盛の本名は『隆盛』ではなかった≫

学生時代に教科書で習った「西郷隆盛」という名前。

実は、彼の本名ではなかったということはご存知だったでしょうか?

1869年(明治2年)、明治政府樹立に貢献した彼は王政復古の章典で、明治天皇から位階を授けられることになりました。

その時に明治政府は書類に西郷の本名を記す必要がありました。

しかし、西郷本人が函館遠征中で連絡がつかなかったため、友人の吉井友実に彼の本名を聞くことになったのです。

吉井は普段から西郷を通称の「吉之助」と呼んでいたため、本名をなかなか思い出せませんでした。

友人に本名が思い出せないというのはちょっと悲しい話ですが、これには理由がありました。

この時代の人の名前は「家名+通称+諱(いみな)」で構成されていました。

つまり、「西郷隆盛」ならば、「西郷+吉之助+隆盛」となります。

そして諱は本人、親、主君、先生といった人達以外が口にすることは失礼とされていました。

友人は諱を普段から呼ぶはずがないので、改めて聞かれてもなかなか頭の中に浮かばないもの納得出来るでしょう。

そして、吉井友実からようやく思い出せた「隆盛」という名前が伝えられ、明治政府は「西郷隆盛」で書類を作成しました。


スポンサーリンク

≪西郷隆盛という名前、実は『あの人』の本名だった!≫

ところが、吉井がやっと思い出した「隆盛」という名前は、実は西郷の父親である西郷吉兵衛の本名だったのです

西郷の本当の名前は隆永(たかなが)といいました。

しかし、西郷は後にこの間違いを知ったのですが、訂正せずに父親の名前「隆盛」を名乗り、戸籍にも「隆盛」と登録されました。

どうやら西郷は名前にはあまりこだわりの無い人物だったようです。

位階を授けてくださった相手は「明治天皇」

「明治天皇」が名前を間違われた・・・となると、天皇陛下に恥をかかせることとなります。

「友人が名前を間違えた」

「明治天皇に恥をかかせるわけにはいかない」

この2つが、西郷どんが改名せざるを得なかった「2つの理由」なのです。


スポンサーリンク

≪弟の西郷従道も、同じ理由で改名を余儀なくされた!≫

さらに似たようなエピソードをもうひとつご紹介します。

西郷隆盛には明治維新後の内務大臣や貴族院議員になった西郷従道という弟がいます。

なんとなく予想はつくと思いますが、その弟の本名も「従道」ではなかったのです。

明治維新政府に設けられた官庁に太政官があります。

そこで彼は名前を登録したのですが、口頭で本名の「隆興(りゅうこう)」を伝えたところ、訛っていたために「じゅうどう」と聞き取られ、「従道」と記録されてしまいました。

彼も兄同様、この間違いを指摘せず、「従道」のまま通したそうです。


≪まとめ≫

本日の記事をまとめますと

✳︎「西郷隆盛」の本名は「西郷隆永(たかなが)」であり、友人の記憶違いで戸籍登録してしまった。

✳︎西郷隆盛の弟、「西郷従道」も同じく登録の際の手違いで本名を変えざるを得なかった。

今回の内容の要点は上記の2点になります。

それにしても、この時代の戸籍の管理ってかなり大雑把であった印象を受けます。

本人以外が登録したり、本人が書類等を記入しないのは、現代ではまず問題になると思います。

呼び名ではない名前だから、あまり不便ではなかったのかもしれませんが、西郷兄弟が名前の訂正をしなかったことは、大雑把な戸籍管理以上に驚きを感じるのではないでしょうか。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


西郷隆盛」「大久保利通」について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。よろしければご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする