西郷隆盛の本名は【隆永】!改名せざるを得なかった2つの理由とは

今回は明治維新の立役者、西郷隆盛の意外と知られていない秘密をご紹介しましょう。

友達に話せば、おそらく「知らなかった?」と言われること間違い無しです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

西郷隆盛の本名は「隆盛(たかもり)」ではなく「隆永(たかなが)」

・位階を授けられる際に、名前を間違えられ、そのまま「隆盛」を名乗ることとなった

・「隆盛」は、父「西郷吉兵衛」の本名

・弟「西郷従道(じゅうどう)」も、同じ理由で名前を間違えられた


≪西郷隆盛の本名は『隆盛』ではなかった≫

学生時代に教科書で習った「西郷隆盛」という名前。

実は、彼の本名ではなかったということはご存知だったでしょうか?

1869年(明治2年)、明治政府樹立に貢献した彼は王政復古の章典で、明治天皇から位階を授けられることになりました。

その時に明治政府は書類に西郷の本名を記す必要がありました。

しかし、西郷本人が函館遠征中で連絡がつかなかったため、友人の吉井友実に彼の本名を聞くことになったのです。

吉井は普段から西郷を通称の「吉之助」と呼んでいたため、本名をなかなか思い出せませんでした。

友人に本名が思い出せないというのはちょっと悲しい話ですが、これには理由がありました。

この時代の人の名前は「家名+通称+諱(いみな)」で構成されていました。

つまり、「西郷隆盛」ならば、「西郷+吉之助+隆盛」となります。

そして諱は本人、親、主君、先生といった人達以外が口にすることは失礼とされていました。

友人は諱を普段から呼ぶはずがないので、改めて聞かれてもなかなか頭の中に浮かばないもの納得出来るでしょう。

そして、吉井友実からようやく思い出せた「隆盛」という名前が伝えられ、明治政府は「西郷隆盛」で書類を作成しました。


スポンサーリンク


≪西郷隆盛という名前、実は『あの人』の本名だった!≫

ところが、吉井がやっと思い出した「隆盛」という名前は、実は西郷の父親である西郷吉兵衛の本名だったのです

西郷の本当の名前は隆永(たかなが)といいました。

しかし、西郷は後にこの間違いを知ったのですが、訂正せずに父親の名前「隆盛」を名乗り、戸籍にも「隆盛」と登録されました。

どうやら西郷は名前にはあまりこだわりの無い人物だったようです。

位階を授けてくださった相手は「明治天皇」

「明治天皇」が名前を間違われた・・・となると、天皇陛下に恥をかかせることとなります。

「友人が名前を間違えた」

「明治天皇に恥をかかせるわけにはいかない」

この2つが、西郷どんが改名せざるを得なかった「2つの理由」なのです。


スポンサーリンク


≪弟の西郷従道も、同じ理由で改名を余儀なくされた!≫

さらに似たようなエピソードをもうひとつご紹介します。

西郷隆盛には明治維新後の内務大臣や貴族院議員になった西郷従道という弟がいます。

なんとなく予想はつくと思いますが、その弟の本名も「従道」ではなかったのです。

明治維新政府に設けられた官庁に太政官があります。

そこで彼は名前を登録したのですが、口頭で本名の「隆興(りゅうこう)」を伝えたところ、訛っていたために「じゅうどう」と聞き取られ、「従道」と記録されてしまいました。

彼も兄同様、この間違いを指摘せず、「従道」のまま通したそうです。


≪まとめ≫

本日の記事をまとめますと

・「西郷隆盛」の本名は「西郷隆永(たかなが)」であり、友人の記憶違いで戸籍登録してしまった。

・西郷隆盛の弟、「西郷従道」も同じく登録の際の手違いで本名を変えざるを得なかった。

今回の内容の要点は上記の2点になります。

それにしても、この時代の戸籍の管理ってかなり大雑把であった印象を受けます。

本人以外が登録したり、本人が書類等を記入しないのは、現代ではまず問題になると思います。

呼び名ではない名前だから、あまり不便ではなかったのかもしれませんが、西郷兄弟が名前の訂正をしなかったことは、大雑把な戸籍管理以上に驚きを感じるのではないでしょうか。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「西郷隆盛」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

これらの記事でも「西郷隆盛」の「逸話」や「功績」を簡単に理解できるように、極めてわかりやすく解説させていただいております。

「西郷隆盛」の記事一覧

「西郷隆盛について世界一簡単にまとめ!何をした人かわかりやすく解説」の記事はコチラ
「西郷隆盛の家系図を調査!子孫はカフェ経営やタレント女医の夫に?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の生涯年表を世界一簡単にまとめてみた!」の記事はコチラ
「西郷隆盛の最後の様子は壮絶!『最期の地』と『死に際の言葉』に絶句」の記事はコチラ
「西郷隆盛と大久保利通はなぜ対立した?2人の関係を物語る逸話とは!」の記事はコチラ
「西郷隆盛の評価はなぜ高いのか?何をした人なのかわかりやすく解説!」の記事はコチラ
「西郷隆盛が島流しになった本当の理由!奄美大島で生活と子孫の行方とは?」の記事はコチラ
「西郷隆盛が奄美大島へ島流しになった理由!島での生活は幸福の絶頂?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の首の行方を調査!西郷の墓に眠っているご遺体は偽物か?」の記事はコチラ
「西郷隆盛と大久保利通の関係が悲しい!対立した末の『血塗られた手紙』」の記事はコチラ
「西郷隆盛の本物写真が発見された?本当の顔を確認する方法とは!」の記事はコチラ
「西郷隆盛にはなぜ3人も妻がいたのか?彼女達との離婚や別れを解説」の記事はコチラ
「西郷隆盛の達!伊集院須賀・愛加那・西郷糸子の生涯と馴れ初めとは」の記事はコチラ
「西郷隆盛の誕生日や出身地を解説!西郷の家紋は天皇から拝領したの?」の記事はコチラ
「【西郷隆盛・名言集】「耐雪梅花麗」の全文と意味をわかりやすく解説」の記事はコチラ
「【西郷隆盛】銅像の顔が違う!本物の西郷さんと顔が異なる理由は?」の記事はコチラ
「西郷隆盛は刀傷で刀が持てない身体だった!でも名刀を複数持ってた?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の右腕は怪我で動かなかった!ではなぜ出世できたのか?」の記事はコチラ
「西郷隆盛が坂本龍馬暗殺の黒幕?『西郷黒幕説』が広まった2つの理由」の記事はコチラ
「西郷隆盛と勝海舟の会談内容とは?江戸城無血開城はなぜ実現したのか」の記事はコチラ
「『西郷隆盛』愛犬の名前は?実は人間不信に陥って犬との生活を始めた」の記事はコチラ
「西郷隆盛はなぜ西南戦争を起こしたのか?その【3つの理由】を解説!」の記事はコチラ
「【西郷隆盛】なぜ上野公園に銅像が設置された?その理由は上野戦争!」の記事はコチラ
「【西郷隆盛の生涯】超簡単に短くわかりやすく解説!何をした人なの?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の性格とエピソード紹介!天皇に愛されたが清廉潔白過ぎて戦死」の記事はコチラ
「西郷隆盛は腫れ物が死因?最期の様子と西南戦争なぜ始めたか理由解説」の記事はコチラ
「西郷隆盛の死因は腫れ物?最期は病気・寄生虫症で皮膚が硬直してた」の記事はコチラ

 

「西郷隆盛」の関係者 記事一覧

伊集院須賀の生涯!『西郷隆盛と離婚した理由』と離婚後の様子を調査」の記事はコチラ
愛加那の生涯と最期!西郷隆盛や子供達と別れて、孤独な一生だった?」の記事はコチラ
西郷糸子の生涯と最期!上野・西郷隆盛像に「違う」と叫んだ理由とは」の記事はコチラ
西郷吉二郎の生涯と悲劇的な最期!兄・西郷隆盛もひれ伏した優しい弟」の記事はコチラ
「【西郷吉二郎の妻・仁礼園】西郷隆盛の弟を支えた賢妻の生涯がスゴイ」の記事はコチラ
「【西郷隆盛】3人の弟達の名前と最期!隆盛も尊敬するほど有能だった」の記事はコチラ
熊吉の生涯と最期!『西郷どん』で塚地武雅が演じた西郷隆盛の義兄弟」の記事はコチラ
大山巌の生涯と最期!西郷隆盛と戦い、ロシアにも勝利した隠れた名将」の記事はコチラ
月照の生涯と海に身を投げた最後を解説!超美男子で西郷隆盛の愛人?」の記事はコチラ
月照上人と西郷隆盛の関係を解説!2人は恋人同士で無理心中疑惑が?」の記事はコチラ
「西郷隆盛と大久保利通はどういう関係なの?対立の理由と、残酷な最後」の記事はコチラ
「西郷隆盛と明治天皇の関係!反乱を起こした西郷はなぜ英雄になれた?」の記事はコチラ

 

「西郷隆盛」関連の歴史的出来事の記事

薩長同盟とは何かわかりやすく解説!同盟締結の場にいた人物は誰?」の記事はコチラ
明治維新とは何かを超簡単にわかりやすく解説!坂本龍馬の功績とは?」の記事はコチラ
城山籠城戦(城山決戦)を時系列でわかりやすく解説!西郷隆盛の最期がスゴイ」の記事はコチラ
西南戦争の原因を簡単にわかりやすく解説!西郷隆盛の最期と覚悟に絶句」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る