【別府晋介とは】子孫と家系図を解説!西郷隆盛を殺した男の最期が怖い

西郷隆盛の首を斬り落とした男「別府晋介」の最期と、「子孫と家系図」について、わかりやすく簡単に解説いたします。

西郷とともに「西南戦争」を戦い、切腹する西郷の介錯(首斬り)を行った別府晋介。

彼は、尊敬する西郷にとどめをさした直後、自らも切腹したのです。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・別府晋介とは、西郷隆盛とともに西南戦争で戦い、西郷の首をはねた人物

・別府晋介には「妻」と「3人の娘」がおり、城山の洞窟から「形見分けの書」が従者によって届けられた

・西郷が亡くなった直後、別府晋介は切腹して亡くなった


《別府晋介とは?何をした人なのか?》

「別府晋介」

西郷隆盛とともに西南戦争を戦い、西郷の介錯を務めた人物

《別府晋介》
「引用元ウィキペディアより」

「別府晋介」とは、どんな功績を残した人なのでしょうか?


スポンサーリンク

『別府晋介』の功績

別府晋介の功績を簡単に解説いたします。

戊辰戦争に参戦し、各地を転戦

征韓論を主張した「西郷隆盛」の命令で、朝鮮半島を視察。「韓国を倒すなら、私に2~3の中隊を与えてくれれば十分だ」と桐野利秋に対して豪語した

・西南戦争で奮戦。西郷自決の際に介錯をつとめた

別府晋介・・・西郷隆盛の介錯、つまり首切りを担当した人物。切腹には、介錯(かいしゃく)といって「首切り」をする人物がつきます。切腹する者を苦しませないため、とどめをさしてあげるのです。

「介錯」は、残酷なように見えるかもしれませんが、そうではありません。「麻酔無しで手術をした某有名タレント」さんがおっしゃっていました。

「腹を斬るということがどれほど苦しいかがわかれば、介錯は情けであるとわかる」

通常、「介錯」は剣術に覚えのある人物が担当します。別府晋介が、相当な剣の技術を持っていたことがうかがえます。


スポンサーリンク

「生涯年表」

1847年、鹿児島で、父「別府十郎」の次男として誕生。

1868年(明治元年)、「戊辰戦争」に参戦。後の海軍大将「川村純義」のもとで、白河城・棚倉・二本松・会津若松・十六橋の戦いなどに参戦。

1871年(明治4年)、「廃藩置県」のとき、西郷隆盛がひきいた「御親兵」に参加。

1872年(明治5年)、日本との国交を拒絶する朝鮮半島へ密かに潜入。2ヶ月の調査を終えて帰国すると「韓国を倒すなら、私に2~3の中隊があれば十分」と言っていた。実際それで十分だったのだろう。(1中隊で約1500名前後)

1873年(明治6年)、「征韓論争」に敗れた西郷が、下野(辞職)して鹿児島に帰ると、別府もまた「少佐」の地位を捨てて帰郷。

1874年(明治7年)、西郷と大山綱良(鹿児島県知事)が、「私学校」を創設する際に、別府晋介も協力した

1877年(明治10年)2月、「西南戦争」勃発。別府晋介は「6番大隊」と「7番大隊」の連合大隊を、「大隊長」として指揮。熊本城所属の政府軍偵察部隊と激突。西南戦争の火蓋をきった。(ちなみに西南戦争での政府軍・海軍総大将は、戊辰戦争で別府晋介の上官だった「川村純義」だった)

同年9月24日、「熊本城の戦い」「田原坂の戦い」で敗北した薩摩軍は、鹿児島「城山」に立て籠もり、最期の抵抗を見せる。負傷した「西郷隆盛」の介錯をした別府晋介は、直後に切腹し、亡くなった。享年31歳


スポンサーリンク

《家系図と子孫》

以前、このサイトでは「別府晋介は未婚で亡くなり、子供はいない」とお送りしてまいりました。

しかし、それが間違いであることが判明いたしました。

別府晋介には「妻」と「3人の娘」がおり、最期の地「城山」の洞窟から、娘たちへの「形見分けの書」を、従者によって届けさせたとのこと。

とてもありがたいことに、別府晋介の「末娘のひ孫」、つまり「別府晋介の玄孫」に当たられるお方から、直接ご指摘をいただきました。

この場を借りまして、ご指導に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

「家系図の引用等はご遠慮くださいませ」

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

別府晋介の家系図をご用意いたしました。ただ、直系の末裔については、詳しい情報がなかったため、記してはおりません。ただ、3人の娘がいた事だけは確かですし、その末裔が現在も続いていることは間違いありません。

別府晋介は、「岡田以蔵」と並ぶ「幕末四大人斬り」の一人「桐野利秋(中村半次郎)」の従兄弟。二人は大変仲が良かったと言われています。

その桐野利秋は、現在に子孫を伝えています。ちなみに・・・桐野利秋の妹の末裔が、現在お笑い芸人として活躍しているようです。

「桐野利秋」直系の子孫は、現在鹿児島在住。桐野利秋の子孫について詳しくは「コチラ」をぜひぜひご覧くださいませ。


スポンサーリンク

《西郷隆盛を介錯した後、何が起こったのか?》

1877年(明治10年)9月24日・・・・その時「別府晋介」は、足を負傷してカゴに乗って移動していたと言われています。

「晋どん、もう、ここでよか」

覚悟を定めた西郷は、カゴに乗っていた晋介を振り返り、声を掛けます。「介錯を頼む」・・・そういう意味だったのでしょう。

「ごめんなったもんし(お許しくださいませ)」

薩摩弁で、許しを請う言葉を叫びながら、別府晋介は西郷を介錯。

西郷隆盛・・・切腹。享年51歳(満49歳)

切腹によって、その武士の罪は洗い流され、罪人ではなくなります。罪人の「斬首」と違うことを表すため「首の皮一枚」をつなげるのが、介錯の礼儀とされています。

別府晋介も、西郷の首の皮一枚を残して介錯したことでしょう。

その後、晋介は西郷が自決したその場で切腹。頭上には弾丸が飛び交っていたと言われています。

別府晋介・・・享年31歳

従兄弟の「桐野利秋」も、「村田新八」も、西郷の自決を見届けた後、壮絶に戦死。

鹿児島県知事で、西郷を支援し続けた盟友「大山綱吉」は、西郷に協力した罪で処刑。

政府軍を指揮していた総大将にして西郷の盟友「大久保利通」は、西郷の死を聞き、狂ったように家の中を徘徊・・・号泣したと伝えられています。


スポンサーリンク

《『別府晋介』について、レビュー(評論)!》

別府晋介・・・・・・・英雄・西郷隆盛を介錯した男。その罪悪感は想像を絶するものがあります。

西郷の従兄弟で、西南戦争に参戦した「大山巌」は、西郷を死なせた罪悪感から、生涯にわたって故郷・鹿児島の地を踏みませんでした。

弟「西郷従道」も、兄・西郷隆盛が逆賊の汚名を受けたことを理由に、「内閣総理大臣」を固辞し続けました。

西郷を死なせた「政府軍」の総大将「大久保利通」は、今でも鹿児島で「西郷どんの敵」とみなされ、人気がないのだそうです。

不世出の英雄・・・・・・・西郷隆盛にピッタリな言葉だと思いますが、その西郷隆盛にとどめをさした「別府晋介」の苦しみは相当なものだったはず。

別府晋介は、西郷の介錯を終わらせた直後に切腹したと言われています。一秒たりとも生きていられなかったのかもしれません。

おそらく自らも切腹することで、西郷を死なせた罪を謝したのでしょう。

 

別府晋介は今、鹿児島「南洲墓地」にある「西郷隆盛」のお墓のすぐ右隣りに眠っています。

従兄弟「桐野利秋」は、西郷隆盛のお墓のすぐ左。二人は今も、西郷の左右を支え、守っているのです。


スポンサーリンク

​《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・別府晋介とは、桐野利秋の従兄弟にして、西郷隆盛の介錯を務めた人物

・別府晋介には、3人の娘がおり、玄孫が今もも続いている

・西郷の介錯を終わらせた直後、別府晋介も切腹。

以上となります。

 

貴重な情報を当サイトへお送りくださいました「別府晋介」さんの末裔の方に、改めまして御礼を申し上げます。

誠にありがとうございました。

 

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「西郷隆盛の家系図を調査!子孫はカフェ経営やタレント女医の夫に?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の達!伊集院須賀・愛加那・西郷糸子の生涯と馴れ初めとは」の記事はコチラ
「西郷隆盛の本物写真が発見された?本当の顔を確認する方法とは!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る