大山巌の生涯と最期!西郷隆盛と戦い、ロシアにも勝利した隠れた名将

西郷隆盛のいとこ「大山巌」について、その「生涯」と「最期」を、わかりやすく解説いたします。

「英雄・西郷隆盛と西南戦争で戦い、それが原因で、二度と故郷の鹿児島に帰れなくなっていた」

「日露戦争」を勝利に導いた名将『大山巌』。敵国ロシアからも尊敬されていた


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・大山巌の功績とは、西南戦争鎮圧に尽力。日露戦争において、ロシア軍に勝利

・大山巌は、西郷隆盛の従弟。西南戦争では、西郷と戦い、鹿児島に二度と帰らなかった

・日露戦争でロシアと戦ったにも関わらず、大山は葬儀で「ロシア」から、大きな花輪を霊前に供えられた


大山巌とは何をした人なのか?その功績を一言で解説

大山巌

陸軍大臣や文部大臣、内大臣を歴任した、明治期の軍人・政治家

《大山巌》
『引用元ウィキペディアより』

大山巌は、西郷隆盛の従兄弟にあたります。

大山の父親「大山綱昌」が、西郷隆盛の父親「西郷吉兵衛」の弟

ちなみに、大山巌の弟「大山誠之助」は、西郷隆盛と愛加那の娘「菊草」と結婚しています。菊草は、借金と暴力に相当苦しんだらしいですがね・・・。

大山巌の功績

大山巌の功績を短く解説いたします。

戊辰戦争で各地を転戦(会津戦争では、新島八重に狙撃されたという説がある)

西南戦争などの士族反乱を多数鎮圧

・日清戦争において、第2軍司令官として勝利に貢献

・日露戦争において、陸軍を率い、海軍の同郷・東郷平八郎とともに勝利に貢献した

大山巌・・・かなり太っちょで温和な人だったみたいですが、後に「昭和天皇」から「山県有朋」「山本権兵衛」と並んで、「名将」として評価されている人物です。

明治天皇からは

「お前はボーっとしているから(切れ者・児玉源太郎の上司として、余計な口出ししないから)最適だ」

と言われた話は有名です。


スポンサーリンク

大山巌の生涯と最期

大山巌の生涯と最期を解説いたします。

生い立ち

1842年、西郷隆盛の叔父「大山綱昌」の次男として、鹿児島下鍛冶屋町で誕生。

西郷隆盛の弟で、年が近かった「西郷従道」と行動をともにすることが多かったようです。

過激派の薩摩藩士による蜂起未遂事件「寺田屋事件」では、過激派に組みしたため、帰国謹慎処分となっています。

1863年、「薩英戦争」が起こると謹慎解除。

砲術の威力を目の当たりにし、後の総理大臣「黒田清隆」たちとともに「砲術」を学ぶことになります。

戊辰戦争で転戦

戊辰戦争では新式銃の一部隊を率いて「鳥羽伏見の戦い」や「会津戦争」に参加。

会津戦争では籠城兵から狙撃されています。「右の股」を内側から弾丸が貫通。

その時、大山が担当していた「会津若松城・北出丸」には、狙撃兵は「新島八重」しかいなかったと言われています。

新島八重・・・「同志社大学」を設立した「新島襄」の妻。大河ドラマ「八重の桜」で女優「綾瀬はるか」さんが演じていた女性

もしかしたら「新島八重」に撃たれたのかもしれません。

スイス・ジュネーブへ留学

1869年(明治2年)ヨーロッパへ渡り、プロイセンとフランスの戦争「普仏戦争」を視察

1870年から3年間、スイス・ジュネーブに留学しています。

西南戦争に参戦

1877年、「西郷隆盛」による士族反乱「西南戦争」が勃発

大山巌は鎮圧に尽力。西郷隆盛を攻めた大山・・・その後も西郷隆盛の弟「西郷従道」とは、仲が良かったと言われています。


スポンサーリンク

日清戦争

1894年、日清戦争が勃発

大山巌は、陸軍大将・第2軍司令官として参戦し、勝利に貢献しています。

日露戦争

1904年、日露戦争が勃発

大山巌は元帥として参戦。

主に陸軍を率いて、旅順要塞攻略に着手。

乃木希典・児玉源太郎たちの奮戦により、203高地を占領。その後要塞は降伏

大山巌の同郷「東郷平八郎」の活躍により「日本海海戦」でバルチック艦隊を撃破。

日本は奇跡的に大国ロシアに勝利

その後、アメリカ大統領「セオドア・ルーズベルト」が日露両国を仲介。

小村寿太郎の活躍により「ポーツマス条約」を締結して終戦となります。

最期

1916年(大正5年)内大臣を務めていた大山巌は、陸軍演習を参観した帰り道で倒れます。

胃病に加えて胆嚢炎を発病。12月10日に亡くなりました。

享年75歳

亡くなる時、枕元には「山県有朋」や「寺内正毅」「川村景明」「黒田為楨」など、歴戦の名将たちが集まり、まるで「元帥府」が建てられたかのようだった・・と言われています。

実は大山巌臨終の前日、明治の文豪「夏目漱石」が他界していました。

そのため、新聞はほとんどが夏目漱石の死を報じ、大山巌の訃報は目立たないものでした。


スポンサーリンク

西南戦争で西郷隆盛と戦った

大山巌は、数々の士族反乱鎮圧に参加していますが、最期の士族反乱にして日本最期の内乱「西南戦争」にも参加しています。

その西南戦争を起こしたのは、幼い頃から尊敬していた従兄「西郷隆盛」

大山はとても苦しみますが、それでも軍人として、反乱を起こした西郷とその軍を討伐します。

西郷隆盛の弟「西郷従道」は、東京で鎮圧部隊を支援

反乱を鎮圧し、西郷隆盛が亡くなると、大山巌の盟友「西郷従道」がそのことを明治天皇に報告しました。

薩摩の英雄にして従兄「西郷隆盛」を相手に戦ったことを気にした大山巌は、その後二度と故郷「鹿児島」へ帰ることはなかったと言われています。

帰れなかった・・・というのが本当のところかもしれません。

西郷隆盛の人気は、鹿児島では凄まじいものがあります。西郷と対立し、西郷が最も信頼した盟友「大久保利通」は、西南戦争を鎮圧し西郷を死なせた為、最近まで故郷・鹿児島へ埋葬されなかったと言われるほどです。

大山巌・・・故郷に帰る気になれなかったのもわかりますが・・・帰れなかったのでしょう・・・。

その後、大山巌は政府の重鎮となっていきますが、西郷従道とともに最期まで「内閣総理大臣」を固辞し続けました。

西郷従道は、大山巌の後妻「捨松」との結婚前、「捨松」の両親を説得しているのですが、その席で

「大山も自分も、共に逆賊(西郷隆盛)の身内」

と発言しています。

やはり二人とも苦しい思いをしていたのでしょう。


スポンサーリンク

日露戦争でロシアに勝利し、ロシアに愛された名将

大山巌は、日露戦争において「元帥」として勝利に大きく貢献しています。

大山のもとには、有名な「乃木希典」や名将「児玉源太郎」、「秋山好古」たちがいました。

その大山巌が亡くなった時、その敵国ロシアが、心を尽くした弔いをしているのです。

通常参列する「ロシア大使」だけではなく、ロシア軍「ヤホントフ」少将も、大山邸に現れ、「全ロシア陸軍」を代表して、とても大きな花輪を大山の霊前に供えたのでした。

実は、日本海海戦に勝利した「東郷平八郎」も、ロシア軍から丁重に弔いをしてもらっています。

「陸の大山・海の東郷」、この2人は、敵国からも尊敬を集めていたのです。

大山巌は今、栃木県那須塩原市の墓所に眠っています。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・大山巌は「西郷隆盛」の従兄弟。西南戦争や日清戦争・日露戦争にて活躍

・元帥として日露戦争勝利に貢献した

・1916年に死去。日露戦争で戦ったロシア陸軍からも、丁重に弔いを受けた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


西郷家の人々」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「西郷隆盛の家系図を調査!子孫はカフェ経営やタレント女医の夫に?」の記事はコチラ
「西郷吉二郎の生涯と悲劇的な最期!兄・西郷隆盛もひれ伏した優しい弟」の記事はコチラ
「西郷従道の生涯と最期!兄・隆盛の反乱を理由に総理職を固辞し続けた」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る