西郷隆盛の家系図を調査!子孫はカフェ経営やタレント女医の夫に?

西郷隆盛の家系図・・・子孫とは?

現在、西郷の子孫がカフェを経営しているとのことです。

女医タレントの夫が、西郷の子孫だった?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・西郷隆盛の遠縁としては、競馬騎手「武豊」や、法務大臣だった「西郷吉之助」がいる

・「鹿児島県鹿児島市」に、西郷隆盛の子孫が経営するカフェがある

・女医タレント「友利新」の夫が、西郷の子孫らしい


《西郷隆盛の家系図》

西郷隆盛

西郷隆盛
『引用元ウィキペディアより』

西郷隆盛は、薩摩藩島津家に仕えた人物。

父「西郷吉兵衛隆盛

母「満佐子

兄妹は、

妹「

次男「吉二郎」(妻は仁礼園)

妹「

妹「

三男「信吾(後の海軍大臣・西郷従道)」

四男「小兵衛

西郷従道
『引用元ウィキペディアより』


西郷隆盛は、生涯に3度の結婚をしています。

1人目の妻が「伊集院須賀」・・・・西郷隆盛が留守がちだったため、実家に帰ってしまい、離婚。

2018年大河「西郷どん」では、女優「橋本愛」さんが演じておられました。

2人目の妻が「愛加那(あいかな)」・・・・長男・菊次郎(後の京都市長)と、長女「お菊」が生まれています。

ドラマ「西郷どん」では、「二階堂ふみ」さんが演じておられて、5月に登場・・手に刺青をしている姿が印象的でした。

愛加那
『引用元ウィキペディアより』

愛加那とは、西郷隆盛が流罪となった「奄美大島」で結婚しましたが、西郷が鹿児島に帰還する時・・・一緒に連れていけない法律があったため、離婚。

3人目の妻が「糸子」・・・寅太郎(後の侯爵)・牛次郎酉三と、三人の子が生まれ、さらに「菊次郎」と「お菊」を引き取って育てています。

ドラマ「西郷どん」で、女優「黒木華」さんが演じておられますね。

糸子は西郷の死後、二番目の妻「愛加那」に仕送りまでする、よくできた妻。

《西郷糸子》
『引用元ウィキペディアより』

現代まで続く血縁としては、、西郷隆盛・糸子の子「寅太郎」が、競馬騎手「武豊」の遠縁。

「寅太郎」の息子「西郷吉之助」は、佐藤栄作内閣で法務大臣を務める、自由民主党参議院議員でした。

しかし「西郷吉之助」は、暴力団などとつながりを持ち、自らの借金を帳消しにしようとしたなど、問題を起こしたので、自民党を離党しています。

さらに、長男「菊次郎」の孫は、陶芸家「西郷隆文」で、平成の現代も活躍なさっておられます。

以下に最も詳細な「西郷隆盛」の家系図をご用意いたしました。

見えにくいかもしれませんが、何卒お許しくださいませ

「こちらの家系図、引用などはご遠慮くださいませ」


スポンサーリンク

《西郷隆盛の子孫は、現在「カフェ経営」》

現在、鹿児島市には、「西郷隆盛の子孫が経営するカフェ」があるとの噂です。

西郷隆盛展望ホール K10カフェ

住所は「鹿児島県鹿児島市城山町2-30 二之丸ビル5F」


10~18時まで営業。

経営しているのは、西郷隆盛との三番目の妻「糸子」の息子「寅太郎」の孫に当たる「西郷隆夫」さん。

店長は、西郷隆盛の妻「糸子」の父の末裔で元自衛官「若松宏」さん

また、このカフェに協力している人として、西郷隆盛の子「菊次郎」の孫で陶芸家の「西郷隆文」さん。ちなみに弟の「等」さんも陶芸を手伝っておられます。

西郷隆盛の弟・西郷従道の末裔で画家の「山内大童」さん

どうやらカフェでは、西郷隆盛のエピソードや秘話を語ってくれるとのことです。


スポンサーリンク

《あのタレント女医の夫が「西郷隆盛の子孫」》

タレント女医「友利新(ともり あらた)」さん

彼女のご主人が、どうやら「西郷隆盛」の末裔だそうですよ。

ご主人の名前は定かではありませんが、どうやら企業経営をなさっておられるみたいです。

とはいえ、西郷隆盛の直系というわけではなく、西郷さんの弟が出自・・・・。

西郷隆盛の弟といえば「吉二郎」「従道」「小兵衛」と3名いますが・・・海軍大臣・西郷従道かもしれません。

ご主人様の母方の家が「西郷家」らしいので、苗字は「西郷」ではない可能性が高いです。

友利新さんは、先日お子さんを出産したので、この子も「西郷隆盛」の子孫ということになります。

140年前の偉人、「西郷隆盛」・・・その血筋は、各方面で活躍なさっておられるのですね


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・西郷隆盛、子孫には元法務大臣「西郷吉之助」、遠縁に「武豊」がいる

・鹿児島市に、西郷の子孫が経営するカフェがある

・タレント女医「友利新」さんのご主人が、西郷の弟の末裔らしい

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました

西郷隆盛」について、以下のリンク記事で詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする