伊集院須賀の生涯!『西郷隆盛と離婚した理由』と離婚後の様子を調査

生涯に「3人」の妻をもった「西郷隆盛」

その最初の妻「伊集院須賀」。彼女の一生は、どんなものだったのか?

どうして西郷隆盛と離婚したのか?

また離婚後、彼女はどうなったのか?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・伊集院須賀と西郷隆盛の結婚は、両親がすすめたもの

・西郷隆盛と伊集院須賀は2年で離婚しているが、原因は「貧困」と「体調不良」

・離婚後の伊集院須賀の消息は不明だが、おそらく再婚している


《一人目の妻「伊集院須賀」と「西郷隆盛」の関係!なぜ結婚した?》

生涯に「3人」の妻をもった「西郷隆盛

1,「伊集院須賀」、2,「愛加那」、3,「岩山糸子

最初の妻が「伊集院須賀(いじゅういん すが)」さんです。

彼女と西郷隆盛が結婚したのは「1852年」。西郷隆盛が24歳、伊集院須賀20歳

どうして2人は結婚するに至ったのか?結婚に至った過程については、諸説あります。

西郷隆盛が、彼女に一目惚れした・・・という説もありました。

しかし実際には、当時の風習などからして、西郷の両親が年頃の息子の縁談を積極的にまとめた・・・・と考えるのが自然でしょう。


スポンサーリンク

伊集院須賀さんは、とても美しい人だったと言われています。西郷が一目惚れしたのは、縁談がまとまった後のことでしょう。

ちなみに、伊集院須賀さんの家柄は、歴史のあるけっこうな名門です。

伊集院家は、薩摩藩主・島津家の分家。

戦国時代には島津家の家老などを務めていました。しかし島津家に対して反乱を起こしてしまい、対立したことも・・・。

その伊集院家のお嬢様が、須賀さん。

お父上の「伊集院兼善」は、明治には内務官僚を務め、最終的には「高知県令」となっています。

須賀さんの弟にあたる「伊集院兼寛」は、明治に「子爵」となり、「貴族院議員」として活躍。

この伊集院兼寛さんは、姉・須賀と西郷が離婚した後も、西郷さんと良好な関係を続けたと言われています。


スポンサーリンク

《西郷隆盛と須賀の離婚理由》

実は西郷さんと伊集院須賀は、結婚後わずか2年で離婚しています。

どうして離婚したのか?

結論から言ってしまうと、離婚原因は「貧困」と「須賀さんの体調不良」。

2人が結婚したのは「1852年」

離婚したのが「1854年」

2人が結婚した「1852年」には、西郷隆盛の祖父「竜右衛門」、父「吉兵衛」、母「政佐子」が次々と他界。

西郷は、若くして弟妹5人と妻、更には祖母を抱えることとなりました。

元々貧しい「西郷家」でしたが、父・吉兵衛が亡くなったため、収入が減っただろうことは、容易に想像が出来ます。

さらに、「1854年」・・・西郷隆盛は、主君・島津斉彬に従い、江戸に長期出張。この出張は、かなりの出費を伴ったものと考えられています。

江戸に行くにあたり、西郷の弟「吉二郎」は、金銭の工面に相当苦労したと言われています。離婚の翌年「1855年」、西郷は生家を売却して借家に移っているのも、金に困った証拠でしょう。

西郷隆盛は、江戸での生活による費用がかかる・・・その上、薩摩では妻「須賀」が一人で西郷の弟や妹を支えている・・・。

須賀さんは最終的に体調を崩し、父「伊集院兼善」が見かねて、娘を引き取ったのだとか・・・。

円満な離婚だったらしく、西郷もこのことを生涯悔やみ続けたと言われています。

円満離婚・・・・と言えばよく聞こえますが、おそらくかなり追い詰められた末の離婚だったのでしょう。

幕末の離婚・・・・縁切り寺なんてものがあることからしても・・・現代よりも離婚の敷居は高かったでしょうし・・・・。

伊集院須賀さんも、西郷さんも、かなり苦しかったのでしょうね。

ちなみに、大河ドラマ「西郷どん」では、西郷隆盛が江戸に行く前に離婚している・・・・という話になっていますが、そんなことはありません。

実際には、江戸に行った後に離婚をしています。


スポンサーリンク

《離婚後、伊集院須賀はどうなったのか?》

離婚後、伊集院須賀さんはどうなったのでしょうか?

徹底的に調査してみましたが、詳しい情報は何もありません。彼女は、離婚後どうなったのでしょうか?

離婚した時、彼女はまだ「24歳」。おそらく新しい嫁ぎ先を見つけ、再婚したことでしょう。

それにしても、どうして離婚後の行方について、情報がなにも残っていないのでしょうか?

おそらくですが、彼女の一族が、記録を意図的に隠したのでしょう。

西郷隆盛は、明治時代から民衆の人気が高い「不世出の英雄」でした。

民衆を想い、清廉潔白で、士族反乱「西南戦争」を起こした逆賊であったにも関わらず、明治天皇からの信頼も厚く、わずか十数年で名誉回復。

そうした英雄と離婚したことを、もしかしたら伊集院家の人達が恥じたのかもしれません。

もちろん伊集院須賀さんは、ギリギリまで西郷とその家族を支えました。

西郷はそれを知っていたからこそ生涯ずっと、彼女との離婚を悔いたのでしょう。

彼女のその後は、不明ですが、願わくば、穏やかで幸せな一生を過ごしたと信じたいものです。


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・西郷隆盛と伊集院須賀の結婚は、両親の勧めによるものだろう。

・離婚原因は「貧困」と「体調不良」によるもので、伊集院須賀の父が見るにみかねたものだった。

・離婚後、伊集院須賀の消息は不明だが、おそらく再婚している

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました
もしよろしければ、以下のリンク記事もお役立てくださいませ

↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名希望 より:

    色々為に成りました。
    ありがとうございます。

    • rekishiru より:

      いつもお世話になっております。
      貴重なコメントを頂きましてありがとうございます。
      何卒、今後とも、当サイトをお役立てくださいませ。
      ありがとうございました。