西郷隆盛は刀傷で刀が持てない身体だった!でも名刀を複数持ってた?

西郷隆盛が、幼いころの刀傷が原因で刀が持てない身体だったというのは本当か?

しかし、どうやら西郷隆盛は名刀を持っていたという噂が・・・・

どんな刀を持っていたのか?

そしてその刀は今、どこにあるのか?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

西郷隆盛は、幼いころの怪我がもとで、刀が握れなかった

・刀が握れなかった西郷の趣味は「刀収集」

・愛刀の1つ「手掻包永(てがいかねなが)」が、東京国立博物館に所蔵されている


西郷隆盛は、刀傷が原因で腕が動かなかった?

明治維新の英雄「西郷隆盛

江戸城無血開城を成し遂げ、「江戸・徳川幕府」を終わらせた人物。

明治になると、新政府の中心的人物となり、その清廉潔白な人格者ぶりから圧倒的な支持を集めた偉人ですね。

「引用元ウィキペディアより」

そんな西郷隆盛・・・見た目がかなりゴツいので、「坂本龍馬」や「桂小五郎」のような剣の達人をイメージしがちですが・・・実は彼・・・右腕があまり動かなかったせいで剣術は苦手・・。

1839年・・・西郷が11歳の頃、同じ村の仲間が、近所の子供と喧嘩になりそうになったのを仲裁。

刀を抜いた相手に右腕内側の神経を斬られてしまい、刀が握れなくなりました。

剣術を諦めて、相撲と学問に打ち込んだという西郷さん・・・。

人格者ぶりと、その圧倒的な人望で、明治維新を成し遂げたものの、戦闘能力に秀でていた!というエピソードはそれほどありません。

そんな刀が握れなかったはずの西郷さんですが、なんと趣味は「狩猟」と「刀剣収集」・・・。

刀を使えなかったはずなのに、刀集めが趣味だったのです。


スポンサーリンク

名刀をいくつも所持していた!

西尾号さんは刀集めが趣味だったらしく、その所蔵品は「南洲遺愛刀台帳」という書面にまとめて記載されています。

それによると、西郷さんはかなりの数の名刀を所持していたようです。

1,信國

鹿児島市城山にある西郷像で、腰に帯びている「軍刀(サーベル)」が、この「信國」

2,手掻包永(てがいかねなが)

西郷の愛刀で、西南戦争の後、弟・従道によって明治天皇へ献上。

3,来国行

征韓論で政争に敗北し、下野した西郷が知人に贈った愛刀。

4,長篠一文字

長篠の戦いで戦功を上げた「奥平貞昌」に対して、織田信長が与えた名刀

西郷が所持していたが、後に「山縣有朋」の手に渡る

5,志津

西郷が、ある藩主から手に入れた品物

6、小烏丸

三条実美から西郷隆盛に対してプレゼントされた刀

7,兼定(短刀)

西南戦争で、西郷が身につけていた代物

8,雲次

島津斉彬の甥で、久光の息子「島津忠義」から西郷隆盛に与えられた刀

 

かなりの数の名刀を所持している西郷さん・・・おそらく刀が握れなかったので、刀に強い憧れを抱いていたのではないでしょうか。

西郷の愛刀・今どこにある?

これだけある西郷さんの愛刀・・・・現在はどこにあるのでしょうか?

実は上記名刀のほとんどが、現在「個人所有」となっています。

しかし、「2」の「手掻包永」だけは、「東京国立博物館」に所蔵されているみたいですね。

どうやら西郷は、所有欲がそれほど強くなかったため、刀集めが趣味であるにも関わらず、手に入れた刀を簡単に人に与えてしまう癖があったとのこと。

坂本龍馬にも「陸奥守吉行」という刀を与えた・・・なんて説があるのだとか。

坂本龍馬の「吉行」は、兄から贈ってもらった・・・という説があったはずですが・・・・。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・西郷は子供の頃の怪我で右腕で剣を握れなかった

・西郷は多数の名刀を所持していた

・手掻包永は、東京国立博物館に所蔵されている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました
もしよろしければ、以下のリンク記事もお役立てくださいませ

↓↓↓↓↓

「薩摩藩と長州藩はなぜ対立していたのか?その後同盟した理由を解説!」の記事はコチラ
「島津斉彬の子孫・家系図や娘の篤姫について!何をした人なのか解説!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る