西郷隆盛は刀傷で刀が持てない身体だった!でも名刀を複数持ってた?

「西郷隆盛」は、刀傷のせいで「刀」が持てない身体だったという説を、わかりやすく解説いたします。

しかし西郷さんは、熱心な「刀」の収集家で、数々の名刀を持っていた。

西郷さんはどのような名刀を持っていたのか?

そしてその刀は、今どこにあるのでしょうか?

刀の名前を「一覧表」でご紹介します。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

西郷隆盛は、幼いころの怪我がもとで、刀が握れなかった

・刀が握れなかった西郷の趣味は「刀収集」

・愛刀の1つ「手掻包永(てがいかねなが)」が、東京国立博物館に所蔵されている


西郷隆盛は、刀傷が原因で腕が動かなかった?

明治維新の英雄「西郷隆盛

江戸城無血開城を成し遂げ、「江戸・徳川幕府」を終わらせた人物。

明治になると、新政府の中心的人物となり、その清廉潔白な人格者ぶりから圧倒的な支持を集めた偉人ですね。

「引用元ウィキペディアより」

そんな西郷隆盛・・・見た目がかなりゴツいので、「坂本龍馬」や「桂小五郎」のような剣の達人をイメージしがちですが・・・実は彼・・・右腕があまり動かなかったせいで剣術は苦手・・。

1839年・・・西郷が11歳の頃、同じ村の仲間が、近所の子供と喧嘩になりそうになったのを仲裁。

刀を抜いた相手に右腕内側の神経を斬られてしまい、刀が握れなくなりました。

剣術を諦めて、相撲と学問に打ち込んだという西郷さん・・・。

 

人格者ぶりと、その圧倒的な人望で、明治維新を成し遂げたものの、戦闘能力に秀でていた!というエピソードはそれほどありません。

そんな刀が握れなかったはずの西郷さんですが、なんと趣味は「狩猟」と「刀剣収集」・・・。

刀を使えなかったはずなのに、刀集めが趣味だったのです。


スポンサーリンク


名刀をいくつも所持していた!

西尾号さんは刀集めが趣味だったらしく、その所蔵品は「南洲遺愛刀台帳」という書面にまとめて記載されています。

それによると、西郷さんはかなりの数の名刀を所持していたようです。

 

1,信國

鹿児島市城山にある西郷像で、腰に帯びている「軍刀(サーベル)」が、この「信國」

 

2,手掻包永(てがいかねなが)

西郷の愛刀で、西南戦争の後、弟・従道によって明治天皇へ献上。

 

3,来国行

征韓論で政争に敗北し、下野した西郷が知人に贈った愛刀。

 

4,長篠一文字

長篠の戦いで戦功を上げた「奥平貞昌」に対して、織田信長が与えた名刀

西郷が所持していたが、後に「山縣有朋」の手に渡る

 

5,志津

西郷が、ある藩主から手に入れた品物

 

6、小烏丸

三条実美から西郷隆盛に対してプレゼントされた刀

 

7,兼定(短刀)

西南戦争で、西郷が身につけていた代物

 

8,雲次

島津斉彬の甥で、久光の息子「島津忠義」から西郷隆盛に与えられた刀

 

かなりの数の名刀を所持している西郷さん・・・おそらく刀が握れなかったので、刀に強い憧れを抱いていたのではないでしょうか。

 

余談かもしれませんが、「長篠一文字」の由来である「織田信長」が愛用した名刀一覧については、以下のリンク記事をどうぞ。

『【本能寺の変】織田信長の愛刀!本能寺で焼けた自害に使った刀とは?』の記事はコチラ

 

西郷の愛刀・今どこにある?

これだけある西郷さんの愛刀・・・・現在はどこにあるのでしょうか?

実は上記名刀のほとんどが、現在「個人所有」となっています。

しかし、「2」の「手掻包永」だけは、「東京国立博物館」に所蔵されているみたいですね。

どうやら西郷は、所有欲がそれほど強くなかったため、刀集めが趣味であるにも関わらず、手に入れた刀を簡単に人に与えてしまう癖があったとのこと。

坂本龍馬にも「陸奥守吉行」という刀を与えた・・・なんて説があるのだとか。

坂本龍馬の「吉行」は、兄から贈ってもらった・・・という説があったはずですが・・・・。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・西郷は子供の頃の怪我で右腕で剣を握れなかった

・西郷は多数の名刀を所持していた

・手掻包永は、東京国立博物館に所蔵されている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「西郷隆盛」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

これらの記事でも「西郷隆盛」の「逸話」や「功績」を簡単に理解できるように、極めてわかりやすく解説させていただいております。

「西郷隆盛」の記事一覧

「西郷隆盛について世界一簡単にまとめ!何をした人かわかりやすく解説」の記事はコチラ
「西郷隆盛の家系図を調査!子孫はカフェ経営やタレント女医の夫に?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の生涯年表を世界一簡単にまとめてみた!」の記事はコチラ
「西郷隆盛の最後の様子は壮絶!『最期の地』と『死に際の言葉』に絶句」の記事はコチラ
「西郷隆盛と大久保利通はなぜ対立した?2人の関係を物語る逸話とは!」の記事はコチラ
「西郷隆盛の評価はなぜ高いのか?何をした人なのかわかりやすく解説!」の記事はコチラ
「西郷隆盛が島流しになった本当の理由!奄美大島で生活と子孫の行方とは?」の記事はコチラ
「西郷隆盛が奄美大島へ島流しになった理由!島での生活は幸福の絶頂?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の首の行方を調査!西郷の墓に眠っているご遺体は偽物か?」の記事はコチラ
「西郷隆盛と大久保利通の関係が悲しい!対立した末の『血塗られた手紙』」の記事はコチラ
「西郷隆盛の本物写真が発見された?本当の顔を確認する方法とは!」の記事はコチラ
「西郷隆盛にはなぜ3人も妻がいたのか?彼女達との離婚や別れを解説」の記事はコチラ
「西郷隆盛の達!伊集院須賀・愛加那・西郷糸子の生涯と馴れ初めとは」の記事はコチラ
「西郷隆盛の誕生日や出身地を解説!西郷の家紋は天皇から拝領したの?」の記事はコチラ
「【西郷隆盛・名言集】「耐雪梅花麗」の全文と意味をわかりやすく解説」の記事はコチラ
「【西郷隆盛】銅像の顔が違う!本物の西郷さんと顔が異なる理由は?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の右腕は怪我で動かなかった!ではなぜ出世できたのか?」の記事はコチラ
「西郷隆盛が坂本龍馬暗殺の黒幕?『西郷黒幕説』が広まった2つの理由」の記事はコチラ
「西郷隆盛と勝海舟の会談内容とは?江戸城無血開城はなぜ実現したのか」の記事はコチラ
「『西郷隆盛』愛犬の名前は?実は人間不信に陥って犬との生活を始めた」の記事はコチラ
「西郷隆盛はなぜ西南戦争を起こしたのか?その【3つの理由】を解説!」の記事はコチラ
「【西郷隆盛】なぜ上野公園に銅像が設置された?その理由は上野戦争!」の記事はコチラ
「【西郷隆盛の生涯】超簡単に短くわかりやすく解説!何をした人なの?」の記事はコチラ
「西郷隆盛の性格とエピソード紹介!天皇に愛されたが清廉潔白過ぎて戦死」の記事はコチラ
「西郷隆盛の本名は【隆永】!改名せざるを得なかった2つの理由とは」の記事はコチラ
「西郷隆盛は腫れ物が死因?最期の様子と西南戦争なぜ始めたか理由解説」の記事はコチラ
「西郷隆盛の死因は腫れ物?最期は病気・寄生虫症で皮膚が硬直してた」の記事はコチラ

 

「西郷隆盛」の関係者 記事一覧

伊集院須賀の生涯!『西郷隆盛と離婚した理由』と離婚後の様子を調査」の記事はコチラ
愛加那の生涯と最期!西郷隆盛や子供達と別れて、孤独な一生だった?」の記事はコチラ
西郷糸子の生涯と最期!上野・西郷隆盛像に「違う」と叫んだ理由とは」の記事はコチラ
西郷吉二郎の生涯と悲劇的な最期!兄・西郷隆盛もひれ伏した優しい弟」の記事はコチラ
「【西郷吉二郎の妻・仁礼園】西郷隆盛の弟を支えた賢妻の生涯がスゴイ」の記事はコチラ
「【西郷隆盛】3人の弟達の名前と最期!隆盛も尊敬するほど有能だった」の記事はコチラ
熊吉の生涯と最期!『西郷どん』で塚地武雅が演じた西郷隆盛の義兄弟」の記事はコチラ
大山巌の生涯と最期!西郷隆盛と戦い、ロシアにも勝利した隠れた名将」の記事はコチラ
月照の生涯と海に身を投げた最後を解説!超美男子で西郷隆盛の愛人?」の記事はコチラ
月照上人と西郷隆盛の関係を解説!2人は恋人同士で無理心中疑惑が?」の記事はコチラ
「西郷隆盛と大久保利通はどういう関係なの?対立の理由と、残酷な最後」の記事はコチラ
「西郷隆盛と明治天皇の関係!反乱を起こした西郷はなぜ英雄になれた?」の記事はコチラ

 

「西郷隆盛」関連の歴史的出来事の記事

薩長同盟とは何かわかりやすく解説!同盟締結の場にいた人物は誰?」の記事はコチラ
明治維新とは何かを超簡単にわかりやすく解説!坂本龍馬の功績とは?」の記事はコチラ
城山籠城戦(城山決戦)を時系列でわかりやすく解説!西郷隆盛の最期がスゴイ」の記事はコチラ
西南戦争の原因を簡単にわかりやすく解説!西郷隆盛の最期と覚悟に絶句」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る