明治維新とは何かを超簡単にわかりやすく解説!坂本龍馬の功績とは?

近代日本のスタートとなった「明治維新(めいじいしん)」。

明治維新は、いつ起こったのか?

「明治維新」とは、どういう意味なのか?

その「明治維新」について、分かりやすく解説したいと思います。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・明治維新とは、「徳川幕府」を倒し、日本を1つにまとめあげ、「近代国家とする」改革や政策のこと

・明治維新の開始は、諸説あるが一般的には「慶応3年(1867年)」の大政奉還王政復古の大号令を指す

坂本龍馬は、明治新政府の基本「五箇条のご誓文」の基礎「船中八策」をつくった


《明治維新とは?簡単に解説!》

明治維新とは明治時代初期に行われた大改革のことです。

「ひとこと」で言ってしまうと明治維新とは「革命」です。

それまで日本を統治していた「江戸幕府」が西郷隆盛率いる新政府軍によって倒され、新しく「明治新政府」が誕生したことを「明治維新」と呼ぶのです。

江戸時代までの日本は「封建社会」でした。

武士である大名がそれぞれ土地(=藩と呼びます。)に割拠し、その藩の中で、世襲の大名・家臣が藩の住民を統治する社会のことです。

大名・家臣は非生産者ですが、生産者である農民を身分的に支配しており、経済は貨幣でなく「お米」中心でした。

その大名の最大の者が徳川家であり、徳川家はその武力をもって、各大名を統制してきました。

ただ、徳川家は大名統制はしていましたが、各領地内の事までは支配権はおよばず、日本は大小300ほどの藩の集合体だったわけです。

幕末の黒船来航以来、日本は外国からの侵略に対して、非常な危機感をもちました。

外国からの危機を跳ね返すには、日本も欧米並みの近代化をしなければならない。

しかし、日本の政治形態が細かく分割され、土地に執着していては、とても無理であると一、部の開明家は考えたわけです。

そこで、討幕(江戸幕府を倒す)をし、日本をひとつにしようと考えました。

戊辰戦争を経て討幕は成り、明治新政府が樹立。

日本史の中で初めて強力な中央集権国家が誕生したのです。

最高行政機関である太政官により、明治新政府は次々と政策を打ち出します。

版籍奉還廃藩置県、学制改革、地租改正、徴兵令、太陽暦の採用、司法制度の整備、断髪令、徴兵令、四民平等、廃刀令…。

これまでの武士による封建社会を根こそぎ変えるものでした。

富国強兵・殖産興業のスローガンの下、政府主導の産業育成も始まります。

今や世界遺産である富岡製糸場もそのひとつです。

そして、次第に新時代「明治」の雰囲気が醸成されていき

  • 人力車や馬車の普及
  • 鉄道の開通
  • シルクハット・燕尾服・革靴・こうもり傘などの洋装やザンギリ頭
  • パン・牛乳・牛鍋・ビールなど洋食の流行
  • ガス灯の設置や煉瓦造りの西洋建築

などがみられるようになっていきます。


スポンサーリンク


《明治維新は、いつ起こったの?》

開始時期については諸説ありますが、狭義では明治改元に当たる「明治元年旧9月8日(1868年10月23日)」となります。

しかし、一般的にはその前年にあたる「慶応3年(1867年)の大政奉還王政復古以降の改革」を指すことが多いようです。

終了時期については、廃藩置県の断行(明治4年、1872年)、西南戦争の終結(明治10年、1877年)、内閣制度の発足(明治18年、1885年)、立憲体制の確立(明治22年、1889年)までとするなど、諸説あります。


スポンサーリンク


《坂本龍馬は何をしたの?》

前述の通り、日本をひとつにするため討幕は必要であると、開明家は思っていました。

しかし、討幕後に具体的にどのような政治体制にすればよいかを、はっきり思い描いていた人はいませんでした。

そんな中で、坂本龍馬だけは新しい政治体制を思い描いていました。

1867年、龍馬は上京する途中の船中にて、同乗した土佐藩参政(藩行政の最高責任者)後藤象二郎に8カ条の新しい国家構想を示します。

それは政権を幕府から朝廷に奉還し、朝廷(天皇)のもとに、大名および新たに登用された人材(議員)によって様々な事を公の議論により決め、開国、法律制定、軍事力設置、貨幣統一などによって国家の体制を整えようとしたものでした。

龍馬の船中八策は当時としては画期的なものでした。

その後、後藤象二郎は将軍徳川慶喜に建白(政府や上役などに自分の意見を申し立てること)し、政権を幕府から朝廷に奉還(大政奉還)することとなります。

その結果成立した明治維新政府は、この船中八策の内容を受け継いだ「五箇条の御誓文」を発布します。

五箇条の御誓文」は明治天皇が天地神明に誓約する形式で、公卿や諸侯などに示した明治政府の基本方針です。

坂本龍馬は明治新政府の方向性を指し示したと言えます。


スポンサーリンク


《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・明治維新とは封建社会だった日本をひとつの国家にし、近代国家となるための政策を打ち出したことです。

・明治維新の開始時期には諸説あります。一般的には慶応3年(1867年)の大政奉還、王政復古以降の改革を指すことが多いようです。

・坂本龍馬は明治新政府の基本方針である、「五箇条の御誓文」の基となる船中八策を起草しました。

封建社会のままであれば、日本は外国に侵略されていた、という仮定はありえると思います。

明治維新は当時の社会を抜本的に変えてしまいました。現在の日本があるのは明治維新のおかげと言えます。

以上です。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「坂本龍馬」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

これらの記事でも「坂本龍馬」の「逸話」や「功績」を簡単に理解できるように、極めてわかりやすく解説させていただいております。

「坂本龍馬」の記事一覧

「坂本龍馬がどんな人物か分かりやすく解説!成し遂げた2つの業績とは」の記事はコチラ
「坂本龍馬の功績を超わかりやすく解説!当時の時代背景も合わせて説明」の記事はコチラ
「坂本龍馬暗殺の真犯人が判明?犯行場所では現在『かっぱ寿司』営業中」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】死亡・暗殺の真相を解説!最期の様子とお墓の場所は?」の記事はコチラ
「坂本龍馬は新撰組・斎藤一が暗殺したのか考察!新選組は龍馬の敵か?」の記事はコチラ
「坂本龍馬を中岡慎太郎が暗殺した説とは?2人は考えが違い仲悪かった」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】グラバーの手先でフリーメイソンと関係してた説を検証!」の記事はコチラ
「坂本龍馬は誕生日に死んだ?命日と生誕日が同じ説を徹底調査してみた」の記事はコチラ
「坂本龍馬・名言集!有名な数々の言葉の意味をわかりやすく簡単解説!」の記事はコチラ
「坂本龍馬のたち名前とその後一覧!姉・お栄が自害したって本当?」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】2017新発見の手紙の内容は?新国家設立に奔走していた」の記事はコチラ
「坂本龍馬とおりょうは新婚旅行第一号じゃない?第一号はあの人だった」の記事はコチラ
「坂本龍馬が明智光秀の子孫説を検証!2人は似たような業績を残してる」の記事はコチラ
「【坂本龍馬】持ってた刀剣の名前は?長崎の柱に酔って刀傷をつけた!」の記事はコチラ
「坂本龍馬には別に本名があった?実は竜馬という名前は通称だった!」の記事はコチラ
「坂本龍馬が教科書から消える理由とは?超わかりやすく簡単に短く解説」の記事はコチラ
「坂本龍馬は評価されすぎ?彼の功績を検証して英雄か否か判断してみた」の記事はコチラ
「【坂本龍馬について】その生涯を簡単にわかりやすくまとめてみた!」の記事はコチラ
西郷隆盛が坂本龍馬暗殺の黒幕?『西郷黒幕説』が広まった2つの理由」の記事はコチラ

 

「坂本龍馬」の関係者 記事一覧

「【お龍とは】性格は超過激!坂本龍馬が暗殺されたその後の人生とは?」の記事はコチラ
中岡慎太郎の生涯と最期!実は坂本龍馬暗殺の動機を持つ容疑者の一人」の記事はコチラ
「【寺田屋事件とは】世界一わかりやすく解説!坂本龍馬と有馬新七」の記事はコチラ
「【山内容堂(豊信)とは】その生涯と最期!坂本龍馬と面識なかった?」の記事はコチラ
「【後藤象二郎とは】坂本龍馬と敵同士だった!大政奉還は後藤のおかげ」の記事はコチラ
「【陸奥宗光とは】その生涯と最期!坂本龍馬の盟友で、暗殺犯に復讐した」の記事はコチラ
勝海舟と坂本龍馬の関係を解説!勝が龍馬暗殺の黒幕という説は本当?」の記事はコチラ
松平春嶽と坂本龍馬の関係をわかりやすく解説!初代首相候補だった?」の記事はコチラ
吉田松陰と坂本龍馬の知られざる接点とは?龍馬は松陰の弟弟子だった!」の記事はコチラ
高杉晋作と坂本龍馬の関係を解説!天才革命家たちのエピソードが怖い」の記事はコチラ
徳川慶喜と坂本龍馬が大政奉還した理由!2つの狙いとその後を解説」の記事はコチラ
「【亀山社中とは?】集合写真付きで世界一わかりやすく、即効理解!」の記事はコチラ
「【船中八策とは】坂本龍馬が造ったわけじゃない!考案した黒幕は誰?」の記事はコチラ
フルベッキ群像写真の真相とは?明治天皇も坂本龍馬も写ってない!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る