【西郷隆盛】なぜ上野公園に銅像が設置された?その理由は上野戦争!

倒幕、明治維新に尽力し、維新三傑として知られる西郷隆盛。

その彼の功績を称える像は、現在3ヶ所に存在します。

ひとつは鹿児島市立美術館の近く、二つ目は鹿児島空港付近の西郷公園、三つ目は東京都台東区の上野公園にあります。

前述の2ヶ所は西郷の故郷である鹿児島県内の設置ですが、残りのひとつはなぜ東京都内に建立されたのでしょうか。

上野公園に西郷隆盛の像が作られた理由を解明していきたいと思います。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・上野の西郷像は、上野戦争彰義隊に勝ったことを記念したもの

・上野の西郷像は、生前の西郷隆盛とは、様子が異なる。服装がラフ過ぎた


なぜ上野公園に西郷隆盛の銅像が設置されたのか?

1877年(明治10年)、西郷隆盛は明治政府に不満を持った不平士族に推され、盟主として西南戦争を起こしました。

その後、政府に抵抗した者として官位を剥奪され、一時は逆賊として扱われました。

しかし、西郷の人柄を買っていた明治天皇や、西郷の後輩・黒田清隆らの尽力により、大日本帝国憲法の発布に伴う恩赦によって赦されました。

そして、この恩赦に感激した西郷の旧友である吉井友美が、追慕の情を示すべく西郷隆盛像の建立を計画。

西郷の像が上野公園に建立された理由のひとつは、上野は明治政府と彰義隊(徳川幕府を警護・支持する部隊)が戦った「上野戦争」が行われた場所であることです。


スポンサーリンク

上野戦争は、戊辰戦争の局面のひとつで、この時西郷は明治政府側の指揮官であり、軍を勝利に導きました。

その彼の功績を称えるため、上野公園が選ばれたのです。

また、明治維新の功労者のひとりである西郷を逆賊として死なせてしまったことを償うために、皇室の御用地である上野に建てて西郷を顕彰し、公的に彼を弔うという意味も込められていたようです。

さらにもうひとつ理由があります。

上野公園には「寛永寺」という徳川将軍家の菩提寺があります。

西郷と勝海舟江戸城無血開城の会談を行った後、それに反対した彰義隊が寛永寺に立て籠もりました。

もともと徳川家の所有していた寛永寺の境内という事で、明治政府が比較的自由に場所を使えたようです。


スポンサーリンク

完成した銅像を観て、妻・糸が叫んだ!

1898年(明治31年)、鹿児島の西郷屋敷にいた西郷の妻・は、遺児たちを連れて、はるばる上京しました。

完成した銅像を目にして、彼女は

「宿んしはこげんなお人じゃなかったこてえ(うちの主人はこんなお人じゃなかったですよ)」

と叫んだそうです。

実はこの言葉は、似ていないという意味ではありませんでした。

「うちの人は、こんなにだらしなくなかった、きちんとしていた」

いうことを伝えたかったようです。

浴衣の着流しというラフな姿が、彼女にとって衝撃的だったことでしょう。

当時、故人を顕彰する銅像の多くが正装で威厳に満ちたものだったのに対し、西郷の銅像は明治維新の元勲のものとしては、あまりに庶民的に過ぎました。

西郷夫人が落胆したのも仕方ありません。

しかし、これには理由がありました。

まだ西郷への反感を持つ政治家が多かったため、明治政府の官位による正装をさせるわけにはいきませんでした。

そして、西郷の人気ぶりから、同じように政府に楯突く者が出ないよう、西郷から武人としての牙を抜き、犬を連れて歩く人畜無害な人物というイメージを民衆に定着させようとする、政治的意図が働いていたようです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

✳︎西郷隆盛像が上野公園にあるのは、上野戦争ゆかりの地であるため。

✳︎上野公園の西郷隆盛像は、その服装が、生前の西郷の姿からかけ離れたものだった。

上野公園は西郷の故郷・鹿児島から遠く離れていますが、彼が活躍した上野戦争ゆかりの地であることがご理解いただけたと思います。

明治天皇や明治政府など多くの人が、彼の功績を後世に残すため、この地に銅像を建立しました。

上野公園の西郷隆盛像が、西郷夫人の言うように本来の姿と違う部分はありますが、西郷隆盛が多くの人に慕われ、愛された事実はこの像から伺えます。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました

よろしければ、以下のリンクもお役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓

「【島津久光】西郷隆盛と仲悪かった理由は?評価が低い殿様だった!」の記事はコチラ
「篤姫とはどんな人で何をした人?西郷隆盛とはどういう関係か解説!」の記事はコチラ
「西郷隆盛は腫れ物が死因?最期の様子と西南戦争なぜ始めたか理由解説」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る