高杉晋作の死因と最期がかっこいい?辞世の句「三千世界」の意味解説

幕末で活躍した「高杉晋作」。

病に冒されていなければ新しい世の中が見れた若者。

高杉晋作が冒された病「結核」は当時は不治の病でした。

病だとわかりつつも大政奉還を目指し、自らの命を削り戦い続けた長州の男です。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・高杉晋作の死因は「結核」

・高杉晋作は、療養に徹したが、体調を回復させることが出来なかった

・「三千世界の鴉を殺し・・・」の意味は、恋人への愛を告げる歌


《高杉晋作の死因は、なに?》

高杉晋作は現代の山口県萩市で代々毛利家譜代の士、高杉家に生まれました。18歳の時に吉田松陰の私塾「松下村塾」へ入門。

のちに吉田松陰の教えを活かし武士、町民、農民など身分を問わずに能力があれば入隊可能な「奇兵隊」を結成。

尊王攘夷のため、様々な活躍をしてきましたが病魔によってその人生に幕を閉じることになります。

病魔に冒され亡くなった高杉晋作。

その死因は現在で言う「結核」です。

当時は不治の病と言われて治る確率は極めて低い病気とされていました。


スポンサーリンク

《高杉晋作 最期の様子》

第二次長州征伐のころには晋作の体はすでに病に冒されている状態でした。

しかしそんな体でも戦い続けようとしていたのですが、藩から療養の命が出されます。

晋作は藩の命どおり療養のために愛人を連れ、下関に移り住みます。

気分のよい日は恩師である「吉田松陰」のお墓の前でお酒を飲んだと言われています。

しかしこの療養のときにはすでにすべての力を出しきったあと。晋作によって療養は、迫りくる死期との戦いだったでしょう。

1867年、大政奉還の半年ほど前に息を引き取りました。満27歳でした。

病に冒されているにもかかわらず戦い続けようとしたのは、残りわずかな命でも燃え尽きるまで、この世の役に立ちたいという気持ちがあったからではないでしょうか。

目的のためなら自分の命を捧げてしまうことに恐れがない・・・・これが「高杉晋作」のすごさです。


スポンサーリンク

《辞世の句「三千世界の鴉を殺して主と朝寝がしてみたい」意味とは?》

この辞世の句は高杉晋作が遊女に宛てたものとされています。

「三千世界」とは古代インドの世界観を表したもので、この句では「この世の中すべて」という意味の方がわかりやすいかもしれません。

続いて「鴉を殺して主と朝寝がしてみたい」の部分ですが、鴉は朝になると鳴きます。

鴉が鳴き始めるころには遊女のところから帰らなければいけません。

「主」は男女関係において夫、または女から自分の男のことを『ぬし』と呼んでいました。

すべてつなげると「朝を知らせるこの世のすべての鴉を殺して、おまえとゆっくり寝ていたい」。

ずっと一緒にいたいという気持ちがわかる句です。

他にも晋作には有名な辞世の句があります。

それは「おもしろきこともない世を面白く。すみなすものは心なりけり」です。

これは「世の中おもしろいことがなくても、自分次第でおもしろくできる」という意味であり、その当時のことを表した句ではないでしょうか。

当時の幕府に不満を持っていた晋作。

何も行動しなければ世の中は変わらぬまま。

しかし何か行動することでこの世の中が変わり始めるのであれば行動を起こさねば後悔するという意味が込められているはずです。

晋作の行動とは、幕府を倒すこと。そして大政奉還へ導くこと。

この目標ができた時彼の人生は面白いものに変わったのではないでしょうか。


スポンサーリンク

《『高杉晋作』について、レビュー(評論)!》

「松下村塾の双璧」と呼ばれ、吉田松陰の義弟「久坂玄瑞」と並び讃えられた逸材「高杉晋作」

その才能はずば抜けており、同じく「松下村塾の三秀」と呼ばれた「吉田稔麿」曰く

「走り出したら誰も止められない。猛牛のような男」

と言われていました。

「功山寺決起」・・・「回転義挙」とも呼ばれる長州藩のクーデター。幕府による「第二次長州征伐」が近づくと、長州藩は幕府に降伏しようとしました。

それに異を唱えたのが「倒幕」を主張する「高杉晋作」。藩の方針を「降伏」から「倒幕」へと転換させるために、数千の軍団を誇る長州藩相手に、伊藤博文山県有朋ら「奇兵隊」数十名を率いて行ったこのクーデターが、奇跡的に成功し、倒幕を実現した高杉晋作・・・。

功山寺決起という、成功確率が極めて低い暴挙を成功させてしまったこの点を観ると、「行動すること」を何よりも大切にしていた師「吉田松陰」の教えに、最も忠実に従っていたのかもしれません。

その行動力・・・・吉田稔麿が言うように、誰にも止められない「猛牛」のような男だったのです。


《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・高杉晋作の死因は「結核」

・四境戦争(第二次長州征伐)の後、療養に徹したが、回復すること無く亡くなった

・「三千世界の鴉を殺し・・」というのは、恋人へ当てた言葉

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする