織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?

織田信長に仕えた黒人武将「弥助(やすけ)」

彼はいったい何者だったのか?

そして、弥助由来の「信長のデスマスク」は、本物なのか?


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・弥助とは、アフリカ・モザンビーク出身の織田信長に仕えた「黒人武将」。元々は奴隷だった

本能寺の変・・・弥助も本能寺にいたが、明智光秀のおかげで生き延びた

・現在に伝わる「信長のデスマスク」は、弥助が持っていた「信長の首」で制作されたらしいが・・・


弥助とは?

織田信長には「黒人武将」が仕えていたと言われています。

この「黒人武将」は、どこから来たのか?

イエズス会の宣教師「アレックス・ヴァリニャーニ」が、信長に謁見した際に、奴隷として同行させていたのが、この「黒人」でした。

彼は、アフリカ「モザンビーク」から連れてこられた奴隷。

初めて黒人を見た信長は、墨を身体に塗っていると勘違いし、身体を洗わせたと言われています。

しかし洗えば洗うほど、黒く輝きを増す身体に、信長は「肌が黒い」と納得し、彼を気に入って「家臣」にしたのです。

その黒人は、本名を「ヤスフェ」といったらしく、「弥助」と名付けられて信長に仕えました。

当時の平均身長を30cmもオーバーする「180cm超」だった弥助・・・信長が大好きだった「相撲」で、強敵を次から次へとなぎ倒し大活躍。

信長に気に入られて「奴隷」だったはずが、「士分」つまり侍に取り立てられ、「邸宅」と「刀」を与えられていたとのことです。

信長は、「弥助」を「武将」として取り立てるつもりだったようで、「将来は城主にする」と言っていたみたいです。


スポンサーリンク


本能寺に、弥助もいた

1582年6月2日早朝、京都本能寺にいた信長は、家臣「明智光秀」の襲撃を受けました。

そのとき「弥助」も信長と一緒に本能寺にいたのですが、彼は「二条城」にいた信長の嫡男「織田信忠」へ「明智光秀の謀反」を知らせに走ります。

その後、本能寺へもどった弥助は、明智軍を相手に奮闘。

明智軍が弥助に対して降伏するよう説得すると、弥助は降伏。

明智光秀は、弥助にたいして

「黒人は動物であり何もわかってはいないし、理解していない。

日本人でもないのだから、殺すまでもない」

と言って見逃したのです

おそらく、光秀は「無益な殺生」を嫌い、侮蔑的な理由をでっち上げて弥助を助けたのでしょう。

信長の家臣同士だった光秀と弥助・・・。

2人は面識があったでしょうから、それもまた光秀に殺害をためらわせた原因かもしれません。

ちなみに「織田信忠」も、この本能寺の変の時に光秀によって命を落としています。

後に弥助は、九州の大名「有馬晴信」を頼ったとも、モザンビークへ帰ったとも言われています。

モザンビークには、日本の着物に似た「キマウ」という衣装が存在しており、もしかしたら弥助がモザンビークへ持ち帰ったのかも・・・。

 

ちなみに、弥助は織田信長が最期に、こんな言葉を残したと証言しています

「余は、余みずから死を招いたな」

明智光秀の子孫「明智憲三郎」さんは、この発言に注目しました。

この言葉から「明智憲三郎」さんは、「本能寺の変」の真相を次のように推理したのです。

「織田信長は、明智光秀に命じて、本能寺に徳川家康を招いて暗殺するつもりだった。

しかし、光秀は家康と協力して、逆に信長を討った」

信長は、家康を倒すために光秀に大軍団を預けていたにも関わらず、その軍で自分を攻撃されてしまった・・・。

だからこそ「自ら死を招いたな」と言ったのだとか。

これが真実かどうかはわかりませんが、興味深い推理であると思います。


明智光秀が本能寺の変を起こした原因・最新の説」については、以下のリンク記事で詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長のデスマスクは、本物か?

弥助は本能寺から脱出した後、「信長の首」を持っていたとのことです。

信長は、光秀に首をさらされることがないよう、遺体を炎で焼き尽くしたと言われています。

この信長の首で、「デスマスク」が作られた・・・とのこと。

愛知県瀬戸市の「西山自然歴史博物館」には、信長の子孫を自称する「西山館長」がおり、この「信長のデスマスク」を保管しているといいます。

この信長のデスマスクは、本物なのでしょうか?

時代的にいえば、信長が亡くなった16世紀・・・ヨーロッパでは「オリバー・クロムウェル」などが「デスマスク」を制作されているため、可能性はゼロではありません。

しかし、現実的に考えて、光秀に一度は捕まった弥助が、信長の首を持っていたとは考えづらい気がします。

この「信長の首」を見つけられず、それが原因で、光秀は秀吉に大敗しているのです。

「信長は生きている」・・・そんな噂を流した秀吉は、仲間を大量に集めて光秀に圧勝。

光秀も、「信長の首」をさらし物にしなくては、「信長が生きている」と噂され、味方が集まらないことを知っていたので、必死に信長の遺体を捜索しています。

信長もまた、自分の遺体が見つからなければ、光秀が困ることを見越しており、家来に火葬を命じていた・・・なんて噂もあります。

信長のデスマスク・・・おそらく偽物ではないでしょうか。もちろん確証はありませんが・・・。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・弥助は、モザンビーク出身で、信長に引き取られた元奴隷

・弥助は本能寺の変の時、信長を守るために戦ったが、光秀に見逃された

・弥助がもっていた信長の首でつくったデスマスク・・・本物・・・ではないと思うが・・・。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「織田信長」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ
「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ
「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ
「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る