天璋院篤姫の生涯と最後!江戸開城したその後の一生と大奥の最期とは

天璋院・篤姫の生涯と最期を解説いたします。

江戸城無血開城で、城を退去したあと、彼女はどのように過ごしたのか

また、「春日局」が創設し、天璋院篤姫が見届けた「大奥」の最期とは?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・篤姫とは、13代将軍「徳川家定」の妻にして、「江戸城無血開城」の後押しをした人物

・篤姫は、薩摩で生まれ、最期は大奥を出て「徳川家達」を養育した

・江戸城総攻撃を阻止し、無血開城に尽力した篤姫。大奥の最期を見届けた


天璋院篤姫とは、何をした人?江戸100万人を救った?

天璋院篤姫

徳川幕府13代将軍「徳川家定」の妻

薩摩藩・島津御一門四家の1つ「今和泉島津家」の当主「島津忠剛」の娘「篤姫」。

同時に篤姫は島津斉彬の養女であり、将軍家輿入れ前に格式をあげるため右大臣・近衛忠煕の養女ともなっています。

大河ドラマ「篤姫」では、女優「宮崎あおい」さんが演じ、大河ドラマ「西郷どん」では、女優「北川景子」さんが演じたお方。

彼女はどんな功績を残して、歴史に名を刻んだのでしょうか?


スポンサーリンク

篤姫の功績

篤姫の功績を一言で解説すると、次のようになります。

・和宮とともに江戸城無血開城に尽力し「江戸城総攻撃」による被害を未然に防いだ

徳川慶喜の助命嘆願に尽力し、徳川家を守った

・徳川宗家16代当主「徳川家達」を養育して、徳川宗家の命脈をつないだ

つまり、彼女の功績は一言で言えば「徳川家を最後まで守り通した」・・・ということです。

篤姫の生涯年表

1835年、一姫・誕生

1853年(19歳)、島津斉彬の養女となり、篤姫と名乗る。

1856年(22歳)、「近衛忠煕」の養女となる

同年12月、徳川家定と結婚

1858年(24歳)、徳川家定が他界。落飾して「天璋院」と名乗る

1862年(28歳)、孝明天皇の妹「和宮」が、14代将軍「徳川家茂」と結婚

1868年(34歳)、「江戸城無血開城」と「徳川家存続」に尽力。大奥を退去。

1883年(49歳)、千駄ヶ谷「徳川宗家邸宅」で死去。


スポンサーリンク

天璋院篤姫の生涯と最期

篤姫の生涯と最期を解説いたします。

生い立ち

鹿児島・薩摩藩の島津家・・・その分家である「今和泉島津家」の当主「島津忠剛」

1836年、「島津忠剛」の娘として「篤姫」誕生。幼名は「一(かつ)姫」・・・その後「市(いち)姫」へと改名し、後に薩摩藩主「島津斉彬」の養女となった際に「篤姫」へと改名しています。

1853年、篤姫は薩摩藩主「島津斉彬」の養女となります。養女となった目的は、当時の江戸幕府将軍「徳川家定」に輿入れするため。

「篤姫」の「将軍家輿入れ」は、「次期将軍に『一橋慶喜』を擁立するための内部工作」が目的と言われています。しかし実際には「将軍・家定が病弱で、世継ぎに恵まれなかったため、丈夫で子宝が期待できる女性」を将軍家が求めたためというのが、現在の定説です。

1856年、篤姫は自らの格式を上げるために、薩摩・島津家と血縁のある公家・右大臣「近衛忠煕」の養女となります。

京都・近衛邸で、年寄「幾島」から厳しい礼儀作法を叩き込まれたのです


スポンサーリンク

徳川家定と結婚

1856年11月、13代将軍「徳川家定」に輿入れ。

この日から、大奥へ入り「将軍の正室」つまり「御台所」に・・・。

家定との関係は・・・それほど良好ではなかったようです。「脳性麻痺」とも噂される「家定」。加えて「病弱」だった家定と篤姫の間に、子供が産まれる事はありませんでした。

残念ながら結婚の当初期待されていた「お世継ぎ誕生」は、叶わなかったのです。


スポンサーリンク

家定の死と、無血開城

1858年8月14日、13代将軍「徳川家定」が病死。

1858年8月24日、薩摩藩主「島津斉彬」も急死。

篤姫と家定の夫婦生活は、わずかに「21ヶ月」で終了。篤姫は「天璋院」と名乗ることになります。

そして、日本の近代化に強いリーダーシップを発揮していた「島津斉彬」が亡くなったことで、薩摩藩の近代化への動きも鈍ることになります。(斉彬がすすめた近代産業「集成館事業」は、斉彬の父「斉興」によって全て中止となった)

家定のあとを継いだのが「14代将軍・徳川家茂」。形式上「家定・篤姫」夫婦の養子となった「家茂」は、篤姫に優しく接します。

しかし、「公武合体策」の一手として家茂に輿入れした「孝明天皇」の妹「和宮」と篤姫は、公家・武家のしきたりの違いから衝突。

1866年8月29日、将軍「家茂」が大坂城にて、20歳の若さで急死。死因は脚気。

15代将軍となったのは、「大奥改革」を訴えて篤姫・和宮から嫌われていた「徳川(一橋)慶喜」

1867年、慶喜は幕府の政権を朝廷に返上する「大政奉還」を行って、薩長軍との開戦を回避しようとするが、大久保利通・西郷隆盛らの「王政復古の大号令」「辞官納地」によって追い込まれます。

1868年、「戊辰戦争」が勃発。鳥羽伏見の戦いに「旧幕府軍(大政奉還で幕府が消滅したので、「旧」の字がつく)」が敗北

新政府軍(薩長軍)は、和宮の元婚約者「有栖川宮熾仁親王」を総大将に、篤姫の輿入れを準備した薩摩藩士「西郷隆盛」を参謀に、京都から江戸城へ進軍。勝算がないと考えた徳川慶喜は、自発的に上野寛永寺に謹慎。

和宮は、朝廷や有栖川宮熾仁親王に働きかけて、江戸城総攻撃の中止と徳川家の存続を訴えます。

篤姫もまた、西郷隆盛への手紙で、「江戸城総攻撃の中止」と「慶喜の命乞い」「徳川家の存続」を訴えています。

徳川慶喜から、事態の収拾を任せられた全権者「勝海舟」は、西郷隆盛と会談し、「江戸城総攻撃」は中止。

篤姫や和宮の努力が実を結んだ形となったのです。


スポンサーリンク

江戸城無血開城の後

天璋院篤姫は、家定の母である「本寿院」とともに大奥を退去。大奥の最期を見届けた後、一橋邸へ移動。

その後、篤姫は故郷「鹿児島」へ帰ることも出来たのですが、あくまでも徳川家の人間として生きることを決意。

東京・千駄ヶ谷の「徳川宗家邸」で生活しています。

最期

1883年(明治16年)11月13日、千駄ヶ谷・徳川邸で倒れます。

同年11月20日、死去・・・・享年49歳。(満47歳)

死因は「脳溢血」

墓所は上野寛永寺・・・・夫である徳川家定の隣に眠っています。

葬儀には、1万人もの人が集まったと言われており、その人徳が伺えます。


スポンサーリンク

篤姫が大奥を終わらせた?

篤姫は江戸城総攻撃を阻止するため、ありとあらゆる工作を行っています。

新政府軍の参謀である薩摩藩士「西郷隆盛」を、自らの手紙で説得。

幕府全権「勝海舟」と、「西郷隆盛」による会談後、江戸城無血開城が決まり、篤姫は大奥の退去を決心しています。

江戸城退去に際しては、逃げ出す幕臣もいるなかで、大奥の最期をしっかりと見届けています

1868年4月、江戸城無血開城が決定。同年4月9日に、和宮と「家茂」の生母・実成院が大奥を退去。翌日10日、天璋院篤姫と「家定」の生母・本寿院が大奥を退去。

彼女が直接的に「大奥を終わらせた」というわけではありませんが、「徳川家存続」を訴えて「江戸城無血開城」を後押しする形となった篤姫の行動は、大奥終焉の一手となっているでしょう。

元々大奥は、三代将軍「徳川家光」の乳母「春日局」が、同性愛者だったために女性嫌いであった「徳川家光」の子供を残すために用意したもの。

その大奥・・・最期を見届けたのが「天璋院篤姫」・・・・。

彼女はその後、大奥関係者の再就職や縁談に力を尽くすこととなるのです。


スポンサーリンク

江戸城無血開城の後、篤姫の一生とは?

江戸城退去の後、篤姫は徳川家の女性として、人生をまっとうしています。

後に勝海舟が篤姫の性格について

「貞女というか烈婦」

と称するほど、過激な行動も取っています。

彼女は江戸城退去後、新政府軍に抵抗を続ける「奥羽越列藩同盟」の盟主「輪王寺宮公現法親王」と「仙台藩」に対して、「逆賊・薩長軍の討伐」を頼む手紙を送っています。

江戸城を出た後、平穏に暮らしていたかのように考えられていた「篤姫」・・・地元である「薩摩藩」を「逆賊」と罵り、討伐すべきであると主張していたのです。

奥羽越列藩同盟は、会津戦争などの激戦で崩壊。旧幕府軍は「箱館戦争」で敗北することとなります。

その後も篤姫は、徳川家存続のために尽力しています。徳川宗家16代「徳川家達」の養育に専念し、イギリス「イートン・カレッジ」への留学も経験させるほど熱心に教育。

更には自らの養父「近衛忠煕」の孫「泰子」と徳川家達の婚姻をすすめていたとのこと。

1882年、帰国した徳川家達(20)と泰子(15)は婚姻。1884年には長男「家正」が誕生しています。

以下の家系図・・・徳川家達は、慶喜の息子ではありませんので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが・・・徳川宗家の家系図となっております。

「家系図の引用などはご遠慮くださいませ」

生涯かけて徳川家の存続に身を捧げた篤姫。特に大奥の女性たちの再就職や縁談を、強く支援していました。

時にはお出かけすることもあったようです。勝海舟に連れられて、芝居見物や吉原見物。旅行へはほとんど行かなかったようですが、それなりに自由を楽しんでいたと考えられます。

とはいえ、実家「薩摩藩」を「逆賊」とまで言っていた篤姫。最期まで薩摩藩からの金銭的援助を拒み続け、死後に残された金銭はわずか3円(6万円ほど)。

よほど徳川将軍家を終わらせた薩摩藩を憎んでいたのでしょう。「烈婦」と称されるその気概が伺えます。


スポンサーリンク

西郷隆盛との関係

2018年のドラマ「西郷どん」で、西郷隆盛と篤姫が、まるで心を通わせるかのようなシーンがあります。

史実上、西郷と篤姫の間に、そんな関係はありません。大河ドラマ「篤姫」でも、小松帯刀と篤姫が婚約していたかのようなシーンがありますが、それもフィクション。

西郷や小松帯刀は、下手したら篤姫と話をしたこともなかったかもしれません。

それだけ身分に大きな差があったのです。


スポンサーリンク

和宮との関係

家茂の妻「和宮」

家茂の養母「篤姫」と「和宮」は、嫁姑の関係。

2人は「武家」と「公家」の習慣の違いから、当初は仲が悪かったようですが、後に関係改善に成功。

協力して「江戸城総攻撃」の中止に尽力しています。

和宮は1877年、脚気で他界しています。享年32歳

和宮は「箱根」で静養していたのですが、篤姫はお見舞いに行っています。

しかし見舞いが間に合わず和宮は他界。篤姫は生涯初めての遠出が、この「箱根へのお見舞い」だったと言われていますので、よほど和宮を心配していたのでしょう。

間に合わなかった悔しさを、篤姫は歌に残しています

「君が齢(よわい) とどめかねたる 早川の 水の流れも うらめしきかな」

江戸城退去後、勝海舟と和宮、そして篤姫は頻繁に顔を合わせていたと言われています。

親しい戦友が亡くなったことが、悔しかったのかもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・篤姫の功績は「江戸城総攻撃」の阻止に尽力したこと

・江戸城無血開城のとき、篤姫は大奥の最期を見届けた

・その後も徳川家の人間として生活を続けた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


篤姫」「徳川家定」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする