西郷菊次郎(京都市長)ってどんな人?子孫が現在鹿児島で活躍中!

大河ドラマ「西郷どん」の冒頭に登場する「西郷菊次郎」とは、どんな人?

台北県支庁長や宜蘭庁長を歴任後、京都市長に!

右足がなかった?

菊次郎の子孫が現在、鹿児島県内で活躍中!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・西郷菊次郎は、西郷隆盛の長男で、隆盛の二人目の妻「愛加那」との間の子

・菊次郎は、12歳でアメリカ留学し、帰国後「西南戦争」に参戦し、右足を失った

・菊次郎の子孫は、現在鹿児島県日置市で、陶芸家として活躍している


西郷菊次郎とは、何者?

西郷菊次郎・・・明治維新を成し遂げた「維新三傑」の一人「西郷隆盛」の長男。

母は「奄美大島」で西郷隆盛と出会い、二人目の妻となった女性「愛加那」

お尋ね者となっていた「西郷隆盛」が、幕府の追求をかわすために、奄美大島へ潜伏し、「愛加那」と知り合って「菊次郎」が誕生。

その後、西郷隆盛は薩摩へ帰国。

当時の島の法律により、島民は罪人帰国時に一緒に行くことが出来ず、愛加那と菊次郎・・・そして菊次郎の妹・菊子(大山巌の弟・誠之助の妻)は奄美に残留。

菊次郎が8歳の時、妹・菊子とともに鹿児島の西郷隆盛のもとに引き取られ、12歳で留学し、2年半の間アメリカで過ごしました。

帰国した3年後、菊次郎は父「西郷隆盛」に従って、「西南戦争」に参戦しています。


西郷隆盛と篤姫の関係」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。よろしければご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

西南戦争から京都市長就任まで

西南戦争に参戦した菊次郎は、右足に重症を負い、膝から下を失いました。

菊次郎は、西郷隆盛の家人「熊吉」に背負われて、西郷隆盛の弟・・つまり叔父にあたる「西郷従道」に降伏。

この降伏を受けた西郷従道は、甥・菊次郎が無事だったため、大喜びで保護したと言われています。

この後、英語が得意だった菊次郎は、外務省に入省。

日清戦争後は「台湾」へと渡り、「台北県支庁長」や「宜蘭(ぎらん)庁長」を歴任。

その後1904年から6年半の間、「京都市長」を務めています。

ちなみに異母弟の「西郷寅太郎」は、西郷隆盛の名誉回復を命じた「明治天皇」の御威光で、13年も「ドイツ」へ留学

陸軍大佐となった後、1919年「肺炎」で亡くなっています。


西郷隆盛が西南戦争を始めた理由」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。よろしければご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

子孫が鹿児島で活躍!

京都市長「菊次郎」さんの子孫が、現在も活躍なさっておられます。

西郷隆文」さんと、その弟「西郷等」さん

西郷菊次郎の息子・隆泰を父に持つ方々

西郷隆文さんは、奈良市出身・・・5歳で鹿児島県日置市へ。

「西郷等」さんとともに「日置南洲窯」を開き、代表に就任。

現在も陶芸活動を行っておられます。

ちなみに、西郷隆文さんの「日置南洲窯」の住所は

「鹿児島県日置市日吉町日置5679」


西郷隆盛の子孫」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。よろしければご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓

まとめ

本日の記事をまとめますと

・西郷菊次郎は、西郷隆盛の2人目の妻「愛加那」との間に産まれた長男

・菊次郎は、12歳でアメリカ留学し、17歳で西南戦争へ参戦。負傷し、右足膝から下を失った

・菊次郎の子孫「西郷隆文」さんと弟「西郷等」さんが、鹿児島県日置市で陶芸家として活躍しておられる

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする