安政の大獄とは何かわかりやすく解説!吉田松陰が処刑された原因とは

「吉田松陰」が処刑された弾圧事件「安政の大獄」とは何か?世界一わかりやすく解説いたします。

幕末の大老「井伊直弼」がおこなった大弾圧事件「安政の大獄」は、なぜ起こったのか?

なぜ「吉田松陰」は処刑されたのか?

実は井伊直弼は間違っておらず、松陰は処刑されるはずではなかった!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・『安政の大獄』とは、『日米修好通商条約を勝手に締結』、又は『徳川家茂を強引に次の将軍に決める』など、強引な独裁政治をおこなう「井伊直弼」へ反発する者たちを、次々処罰した弾圧事件

・しかし「日米修好通商条約」と「安政の大獄」の間には「戊午の密勅(ぼごのみっちょく)」という事件が起こっていた

吉田松陰は、尋ねられてもいない「老中の『間部詮勝』暗殺計画」を自分から白状して、処刑された


《安政の大獄とは何か?》

1858~1859年までの間に行われた弾圧事件・・・「安政の大獄」

短く言ってしまうと

「天皇の許しも得ないまま、日米修好通商条約に調印したり、『徳川家茂』を次の将軍に勝手に決めてしまった『大老・井伊直弼』のやり方に反対する者たちを、弾圧した事件」

それが「安政の大獄」。


スポンサーリンク

1853年、ペリーが率いる黒船が来航し、日本は大混乱に陥りました。

同年、12代将軍「徳川家慶」が急死。13代将軍「徳川家定」は病弱で、子供が生まれる見込みが薄く、しかもいつ亡くなっても不思議ではない様子・・・。

そのため、早くから「14代将軍を誰にするか」で揉めていたのです。

優秀だと評判の「一橋慶喜」を推す「一橋派」と、血統を重んじて「徳川慶福(のちの徳川家茂)」を推す「南紀派」で、激しく争っていました。

そんな時、アメリカの領事「ハリス」が、日本に対して「日米修好通商条約」の締結・・・つまり「貿易の条約」を締結するようにと圧力をかけてきました。

1858年、「南紀派」であった「井伊直弼」は、幕府最高職で臨時職でもあった「大老」に就任。

通常は天皇からお許しをもらうべきである「日米修好通商条約の調印」に、井伊直弼は、許しも得ないまま勝手に調印してしまいます。

これに対して「攘夷派」・・・つまり「異国は武力で打ち払うべきである」という考えを持っていた、水戸藩の「徳川斉昭は、長男で水戸藩主であった「徳川慶篤」、尾張藩主「徳川慶勝」、福井藩主「松平春嶽」とともに江戸城へ登城し、井伊直弼に対して抗議。

これが「定められた登城の予定日以外に、勝手に城にきた」という罪であると、井伊直弼から「引退・謹慎」を命じられることとなったのです。

この「徳川斉昭」ほかの謹慎処分が「安政の大獄」の始まりでした。

その直後、「一橋派」の島津斉彬が急死。

更には朝廷の公家・九条尚忠たちも辞職に追いやられました。

更には梅田雲浜・橋本左内吉田松陰などの武士たちまで捕らえられて処刑されてしまったのです。

この弾圧は「1860年3月3日」の「桜田門外の変」で「井伊直弼」が暗殺されるまで続きました。


スポンサーリンク

《井伊直弼が安政の大獄を行った原因は!実は弾圧ではなく処分だった?》

「安政の大獄」は、朝廷の許可もなく「日米修好通商条約」を結んだ井伊直弼・・・・・それに不満を持つ人間たちに対して、暴君・井伊直弼が権力を乱用して、自分に逆らう人間を問答無用で処罰した・・・という、悪質な弾圧事件だと考えられているようです。

しかし実は「日米修好通商条約」と「安政の大獄」、その2つの間に1つの事件が起こっているのです。

水戸烈公こと「徳川斉昭」たちが蟄居・隠居させられたことについては、一方的ではありましたが「不時登城」という処罰の理由がありましたので、仕方ありません。

不時登城は明文化された法律により定められた、言うなれば違法行為なのですから

実は「日米修好通商条約」調印の直後、孝明天皇から「戊午の密勅(ぼごのみっちょく)」と呼ばれる「天皇からの秘密命令(密勅・みっちょく)」が、ある藩へ出されるのです。

この「戊午の密勅」・・・内容は以下の通り

1,なぜ朝廷の命令もなく「日米修好通商条約」を結んだのか、詳細に説明せよ

2,御三家と諸藩は、幕府に協力して公武合体(幕府が朝廷の命令に従うこと)を実現し、幕府は諸外国を打ち払うように、政治改革をせよ

3,上記2つの内容を諸藩に伝えよ


スポンサーリンク

この命令が「水戸藩」へと出されたのです(ちなみに「幕府に対して兵を挙げよ」という命令は、出されていません。「井伊直弼暗殺」という文字が秘められていたという説はあります)

つまり、幕府の頭を越えて、朝廷が直接水戸藩に命令を出した!ということ。

これを幕府が黙って認めたら、「幕府の権威」は失われ、諸藩は幕府を「恐れる必要なし」として、反乱が頻発することになるでしょう。

幕府としてはそれを許すわけにはいかないので、この「戊午の密勅」に携わった「公家」さんや有力藩士たちを処罰!

前関白・鷹司政通が隠居・・・近衛忠煕・鷹司輔煕などが辞官させられています。

諸藩の有力藩士たち・・・「橋本左内」「梅田雲浜」「頼三樹三郎」など、合計で13名が処刑・獄死させられ、蟄居・謹慎を含めると100名あまりが処罰されたのです。

「自分の以降に逆らうものは処罰する」という理由ではなく、「幕府をないがしろにして、権威を傷つけた」ことが、この「安政の大獄」の主な理由です。


スポンサーリンク

《なぜ吉田松陰まで処刑されたのか?》

ところで、どうして吉田松陰まで処刑されてしまったのでしょうか?

吉田松陰・・・・確かに長州藩を脱藩したり、アメリカに密航しようとしたり、その圧倒的な行動力で、よくやらかすお方ですよね。

実は、吉田松陰・・・・その気になれば死ななくても良かったはずなのです。

吉田松陰は江戸へ護送され、事情聴取を受けていました。何を事情聴取されていたのかというと、「梅田雲浜」という人物について・・・。

小浜藩士「梅田雲浜(うめだうんぴん)」・・・外国船を打ち払うべきと主張し、「尊王攘夷運動」を行っていた侍たちの急先鋒だった人。

この人・・・実は一時期、吉田松陰の故郷「長州藩・萩」に滞在していたことがあったのですが、その時、吉田松陰と面会していました。


スポンサーリンク

幕府が吉田松陰に事情聴取をした理由は、「梅田雲浜とどんな内容の会話をしたのか」を調査するため。

実は、吉田松陰自身が疑われて、取り調べを受けたわけではないのです。

「自分は関係ない」と言っていれば、処刑などされなかったはずです。

しかし・・・吉田松陰は・・・黙っていれば良いものの、「老中・間部詮勝」を暗殺しようとしていたことを自白。

どうやら「尋ねてもいないのに、勝手に暗殺計画を自白し始めた」みたいですね

以前放送された、「綾瀬はるか」さん主演の大河ドラマ「八重の桜」で、「小栗旬」さん演じる「吉田松陰」が、尋ねられてもいないのに「老中暗殺計画」を自白して処刑されたシーンが放送されました・・・。

吉田松陰が処刑された理由は

「梅田雲浜との会話の内容を尋ねられたにもかかわらず、尋ねられてもいない『老中暗殺計画』を自白して、その罪を問われて処刑された・・・」

ということです。

吉田松陰先生・・・・本当は、黙っていれば死なずに済んだのでしょうけど・・・黙っていられなかったのでしょうね。


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・安静の大獄とは、「14代将軍擁立問題」「日米修好通商条約」に反対した者を処罰した弾圧事件

・実は「日米修好通商条約」と「安政の大獄」の間には、「戊午の密勅」という事件があった

・吉田松陰は、梅田雲浜との会話の内容を尋ねられたにもかかわらず、尋ねられてもいない「老中暗殺計画」を自白して処刑された

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました
井伊直弼」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「井伊直弼の生涯と桜田門外の変での最後!なぜ安政の大獄を起こしたのか?」の記事はコチラ
「井伊直弼と井伊直虎の関係と家系図を一挙公開!子孫は現在公務員?」の記事はコチラ
「井伊直弼の墓所はなぜ東京・豪徳寺なの?彦根・龍潭寺ではない理由は」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る