大山格之助(綱良)の生涯と最期!薩摩最強の男で最初の鹿児島県知事

大山格之助こと「大山綱良」

薩摩藩最強の剣豪にして、初代鹿児島県知事

西郷隆盛を密かに支えて散った、その壮絶な最期を解説いたします


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・大山綱良は西郷隆盛の盟友で、寺田屋事件で過激派を粛清した

・大山綱良は、薩摩藩士で、西郷隆盛や大久保利通の友人。。西南戦争で西郷に加担し斬首

・薬丸自顕流の達人で、薩摩藩一の剣豪だった。


大山格之助(綱良)とは何をした人?その功績とは?

大山綱良(格之助)

西郷隆盛と同じ時代を生きた薩摩藩士にして、政治家

大山綱良(格之助)
『引用元ウィキペディアより』

初代鹿児島県知事でもあった、剣豪「大山綱良」とは、何をした人物なのでしょうか?

「大山綱良」の功績

「大山綱良(格之助)」の功績を短く言うと、以下の通りです。

・寺田屋事件で、大山巌西郷従道を投降させることに成功し、有馬新七たち過激派を処断。

戊辰戦争で各地を転戦

・初代鹿児島県知事に就任

西南戦争で西郷隆盛を支援

「西南戦争」で西郷隆盛を陰ながら支援したわけですが、それが原因で処刑されています。


スポンサーリンク

大山綱良の生涯と、壮絶な最期

大山綱良(格之助)の生涯と最期を、ざっくりと解説いたします。

生い立ち

大山綱良

1825年、薩摩藩・鹿児島にて「樺山善助」の次男として誕生。幼名は「熊次郎」でした。

1849年、大山家の「四郎助」の婿養子となり、「大山」姓を名乗ることになります。

『精忠組』と「寺田屋事件」

大山格之助は、西郷隆盛大久保利通を中心とした、中級・下級武士の集団「精忠組」に所属

1862年、格之助は「寺田屋事件」で、心ならずも活躍することとなります。

薩摩藩主「忠義」の父で薩摩藩の実権を握っていた「島津久光」は、軍を率いて京都にのぼり、幕府に圧力をかけることで「幕政改革」を促す「率兵上京(そっぺいじょうきょう)」を強行

「率兵上京」は、幕府に対して「公武合体」を促す秘策でしたが、薩摩藩の過激派たちは島津久光の上京を「攘夷」・・・つまり「外国人を追い払うために軍を率いて上京した」と勘違い

その勘違いした過激派たちは「寺田屋」という宿に集まって、朝廷や幕府の要人を暗殺し、久光を「攘夷をするしかない」ところまで追い詰めようと画策します。

これに怒った久光は、「大山綱良」に「寺田屋に集結した過激派の処分」を命令

大山綱良は、西郷隆盛の弟「従道」や、従弟「大山巌」たちを説得して、降伏させましたが、「有馬新七」たち過激派は降伏せず・・・やむなく粛清・・・処分します。

これが「寺田屋事件」・・・坂本龍馬が幕府の役人に襲撃された事件も「寺田屋事件」と呼ばれていますが、それとは異なる事件です。

ちなみに「大山綱良」は、「薩英戦争」でも決死隊に志願し、活躍しています。


スポンサーリンク

戊辰戦争

大山格之助は、西郷隆盛や大久保利通とともに「王政復古の大号令」に参加。

王政復古の大号令は、徳川慶喜の「大政奉還」に対抗して、徳川家の領地と身分の返還である「辞官納地」を迫るもののこと。これは一種の挑発行為です。

この挑発にのってしまった旧幕臣は、薩長軍と開戦。「鳥羽伏見の戦い」が始まり、「戊辰戦争」勃発

大山綱良も、新政府軍を率いて各地を転戦。特に庄内藩と戦いましたが、連戦連敗。

とはいえ大山に軍略がなかったわけではなく、庄内藩の「軍備が非常に整っていた」ことが敗因でした。当時、新潟は「日米修好通商条約」により開港されており、さらに「イタリア」や「プロイセン」が新潟港を利用して、庄内藩に最新式の武器を輸出していたのです。

大山は、連戦連敗でしたが、戦後に新政府から賞されています。

鹿児島県知事と「西南戦争」

大山はその後、鹿児島県知事に就任。

当時、各県知事は、他県の出身者でなくてはならないと定められていましたが、大山は例外として扱われました。

大山は、鹿児島県内に身を置く、薩摩藩の国父「島津久光」の意向を受けて、新政府の中核にあった「西郷隆盛」や「大久保利通」を徹底的に批判。

1873年、「征韓論争」に敗北した西郷が鹿児島に帰郷。(明治六年の政変)

すると大山は、西郷が行った「私学校設立」に協力し、西郷を援助

その頃から、大山が県知事を務める「鹿児島県」は、新政府に税を納めなくなります。

これは、「鹿児島県」が、まるで「独立」しているかのように、世間からは見えていたようです。

新政府は鹿児島県の動きに警戒を強めていきます。

1877年、西南戦争が勃発


スポンサーリンク

最期

1877年、西南戦争

大山は直接的には西南戦争に関わっていませんでしたが、裏で秘密裏に西郷へ資金を提供していました。

西南戦争が鎮圧されると、大山はその罪を問われて、長崎で「斬首」されます。

享年53歳。

武闘派であった大山・・・切腹も許されない壮絶な最期・・・。

墓所は、西郷隆盛と同じ「鹿児島市」の「南洲墓地」

新政府にいた西郷や大久保のことを、徹底的に批判していたが、最期は盟友・西郷を支えた大山・・・やはり、若い頃からともに戦った盟友を見捨てられなかったのでしょう。


スポンサーリンク

実は剣の達人で、薩摩最強の男!しかも最初の鹿児島県知事

大山綱良、実は相当な剣の達人でした

若い頃から「薬丸自顕流」という剣術を学び、薬丸兼武という人物に師事。

薬丸の道場でも、かなりの実力者で、薩摩藩の中でも最強と噂される人物だったのです。

江戸で、直心影流「長沼笑兵衛」という人物を一瞬で撃破したり、斉藤道場の塾頭を瞬時に倒したり・・・武勇伝は数々あります。

更に、薩摩藩で「槍の達人」と言われ、後に奈良県知事となる「有村俊斎(海江田信義)」も瞬時に倒したという逸話があります。3年後に修行を積んだ有村俊斎を再び撃破したとも・・・。とはいえ、海江田信義との決闘は、後世の創作という説もあるようです。

海江田信義(有村俊斎)
『引用元ウィキペディアより』

大山綱良は、剣の腕をかわれ、久光から寺田屋事件の鎮圧を命じられ、見事にそれを成し遂げています。

その後、久光に認められた格之助は、「初代鹿児島県知事」を務め、秘密裏に西郷と協力。

大山綱良・・・武人という言葉が似合う「武闘派」でありながら、寺田屋事件では過激派の説得を試みたり、西南戦争では西郷を支援したり・・・・・情け深い一面も持ち合わせた人物だったのです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・大山綱良とは、薩摩藩士にして初代鹿児島県知事

・寺田屋事件鎮圧や、戊辰戦争への参戦、西南戦争では西郷を支援して処刑されている

・大山綱良は、相当な剣の達人であり、有村俊斎を撃破したという伝説もある

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


西郷隆盛」「大久保利通」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする