西郷琴(市来琴)と夫・市来正之丞の生涯!息子達の悲劇的な最期とは

西郷隆盛の妹「西郷琴」と、その夫「市来正之丞」の生涯とは、どのようなものだったのでしょうか?

西郷の妹と義弟。そして「市来宗介」たち息子たち。その波乱の人生を、わかりやすく解説いたします。

「戊辰戦争」「西南戦争」で、息子たちを次々と失いながらも「大正」まで生き抜いた西郷の妹。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・西郷琴とは、西郷隆盛の妹。弟「西郷吉二郎」と共に西郷家を守り続けた

・琴の夫「市来正之丞」は、薩摩藩士。ヨーロッパ・パリ万博へ行った人物

・息子「嘉納次」は戊辰戦争で戦死。「宗介」「宗五郎」は、西南戦争で戦死している


西郷琴(市来琴)とは何者か?その生涯を解説

西郷隆盛の妹「西郷琴」の生涯を解説いたします。

生い立ち

西郷隆盛の妹、「琴」

2018年の大河ドラマ「西郷どん」では、女優「桜庭ななみ」さんが演じておられます。

西郷家の長男・西郷隆盛の妹にして、次男「西郷吉二郎」の姉。

1832年、父「西郷吉兵衛」と母「満佐」の長女として誕生。

「琴」は隆盛よりも5歳年少。

その後、西郷家の親戚に当たる「市来」家の「市来正之丞(しょうのじょう)」と結婚しています。

1868年、戊辰戦争・北越戦争で、弟「西郷吉二郎」と、長男「市来嘉納次」戦死。

1874年、夫「市来正之丞」が死去

1877年、西南戦争で兄「西郷隆盛」、弟「西郷小兵衛」、次男「宗介」、三男「宗五郎」死去

1902年、弟「西郷従道」死去

最期

1913年(大正2年)、「市来(西郷)琴」他界。

西郷隆盛や、末の弟「小兵衛」が亡くなった「西南戦争」から、30年以上生きたことになります。

享年80歳


スポンサーリンク

夫・市来正之丞とは

「琴」の夫にして、西郷隆盛の義弟「市来正之丞」

市来家は、西郷家の遠縁だそうです。

彼は西郷隆盛と親密な関係にあり、その関係は市来正之丞が亡くなるまで続いたと言われています。

1867年、薩摩藩が江戸幕府とは別で「パリ万博」に参加した際、市来正之丞もまた、ヨーロッパへ赴いています。

1874年(明治7年)、市来正之丞は病気で他界。

西郷隆盛よりも先に亡くなっています。

生年が「1822年」と言われていますので、亡くなった時は「52歳」。とはいえ、亡くなった年がはっきりしていないので、確定的なことは言えません


スポンサーリンク

息子たちの悲劇

市来正之丞と妻・琴の間には「3人」から「5人」の子供がいたと考えられています。

3人であると仮定すると、母の「琴」は、かなり悲惨な目にあったこととなります。なぜなら「子供達が全員、母より先立ってしまっている」から。

1847年、長男「嘉納次」誕生

1849年、次男「宗介」誕生

三男「宗五郎」誕生、生年不明

長男の「嘉納次」は、1868年「戊辰戦争」に参加し、越後で戦死

次男「宗介」は、西郷と愛加那の息子「菊次郎」と共にアメリカへ留学した経験を持つ秀才でしたが、1877年「西南戦争」の城山合戦で政府軍に捕らえられ、処刑されています。

三男「宗五郎」も、宗介と同じく1877年「西南戦争」で亡くなっています。

母・市来琴の下にはその後「宗介」の形見である「懐中時計」が届けられたと言われています。

もし息子が「3人」だったのなら、琴は全ての子供に先立たれたことになります。

ただ市来家はその後、息子「市来政方」という人物が外交官・宮内庁の宮中顧問官などを務めて、大正13年・64歳まで生きたと言われています。

この「市来政方」という人が「琴」の実子なら良かったのですが、「養子」だったという説も有り、どちらなのかはっきりしていません。

琴は、大日本帝国憲法発布による特赦によって兄「西郷隆盛」の名誉が回復された後、妹で「大山巌」の弟「大山成美」の妻「安」とともに東京へ移り住んでいます。

次男「市来宗介」

琴の次男「市来宗介」

西南戦争で、伯父「西郷隆盛」の死を見届けた後、政府軍に捕らえられて処刑されたわけですが、非常に優秀だった人物です。

西郷の息子で、「いとこ」にあたる「西郷菊次郎」が11歳でアメリカへ留学する際に、宗介は同行しています。おそらく「保護者」の代わりとして同行するという意味合いがあったのでしょう。

宗介と菊次郎の帰国後、西郷隆盛は「明治六年の政変征韓論争)」で敗北し、辞職。

西郷隆盛は「鹿児島」に帰り、「私学校」という学校をつくって後進育成に力を尽くします。

宗介も西郷に従って、政府を辞めています。この時、西郷に従って政府を辞めた人間は600人を超えたということです。どれだけ西郷が慕われていたかがわかります。

宗介は「私学校」で講師をしていたようですね。海外留学の経験があった宗介のことですから、おそらく「外国語」を教えていたのでしょう。

その後、市来宗介は西南戦争に参戦し、若くして亡くなる運命をたどることとなるのです。

享年29歳。現在は「南洲墓地」で、西郷隆盛の墓の直ぐ側にて眠っています。

宗介の形見の懐中時計を受け取った母「琴」。「琴」は、形見となってしまった懐中時計を、どんな想いで持っていたのか。もしかしたら、息子たちを戦場へ連れ出した兄「隆盛」を、恨んでいたかもしれません。

西南戦争」について、よろしければ以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

「西南戦争の原因を簡単にわかりやすく解説!西郷隆盛の最期と覚悟に絶句」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・西郷琴は、西郷隆盛の5歳年下の妹、「吉二郎」「従道」「小兵衛」の姉

・夫・市来正之丞は、パリ万博に参加し、ヨーロッパへ渡っている

・琴は、戊辰戦争と西南戦争で、子供達を次々と亡くした。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


西郷隆盛」「西郷従道」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「西郷隆盛の生涯年表を世界一簡単にまとめてみた!」の記事はコチラ
「西郷隆盛の本名は【隆永】!改名せざるを得なかった2つの理由とは」の記事はコチラ
「【西郷隆盛】3人の弟達の名前と最期!隆盛も尊敬するほど有能だった」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る