大久保利通の死因が超壮絶!ご遺体が受けた2つの無残な仕打ちとは?

2018年の大河ドラマの主役の西郷隆盛の幼なじみとして有名な大久保利通について、残酷なエピソードをお伝えしたいと思います。

西郷隆盛、木戸孝允とともに倒幕、明治維新に尽力し、維新三傑として知られる大久保利通。

もともと薩摩藩の下級藩士の子として生まれ、維新後に明治政界のリーダーにまで登り詰めたことは有名だと思います。

しかし、その彼が道半ばで生涯を閉じた悲惨な事件について、知っている方は少ないのではないでしょうか?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・大久保利通の死因は「頭部への刀傷」その他数々の刀傷だった。

・大久保暗殺の際に、「子供のように逃げ回った」などの悪い噂が広められた

・地元・鹿児島への納骨は、西南戦争を指揮し「英雄・西郷隆盛を死なせた男」だったため、最近まで行われなかった


《大久保利通の死因は?》

大久保利通
『引用元ウィキペディアより』

大久保利通の死因は、全身に受けた16箇所の刀傷によるものです。

そのうちの半数は、頭部に集中しており、首の傷は、突き刺さった刀が地面に達するほど深いものでした。

まるで、犯人の恨みの深さを物語っているかのようです。

大久保は1878年(明治11年)、5月14日に現在の「東京都千代田区紀尾井町」で不平士族6名によって暗殺されました。(紀尾井坂の変

この事件は、明治天皇に謁見するため、馬車で赤坂仮皇居に向かっていた大久保が、紀尾井坂付近にて、不平士族6名に襲撃されるというものでした。

この実行犯は島田一郎長連豪杉本乙菊脇田巧一杉村文一浅井寿と言われています。

彼らは、大久保や他の政府高官に対して、以下のような不満を持っていました。

国会を開設せず民権を抑圧している、官吏の登用にコネが使われている、不要な土木事業に国費を無駄遣いしている、外国との条約改正をせずに国威を貶めているなど多岐に渡るものでした。

そんな士族達は日本刀で馬の足を切断し、御者を殺害、さらに馬車に乗っていた大久保を引きずり降ろすという犯行に及んでいます。


スポンサーリンク

《大久保利通の遺体が受けた、2つのひどい仕打ち》

紀尾井坂の変で斬殺された大久保ですが、更なる悲劇が待ち受けていました。

複数人による襲撃にも関わらず、勇敢に

『無礼者!』

と暗殺犯達を一喝していた大久保ですが、「泣き叫び逃げ回った」という噂を広められてしまいます。

もうひとつのひどい仕打ちとは、大久保の地元であると薩摩・鹿児島への納骨が近年までされていなかったことです。

大久保は前年に起こった西南戦争の際に西郷隆盛と敵対していたため、地元では彼の支持者が少なかったのです。

また、大久保は明治新政府の実質的なトップとして、「廃藩置県」や「廃刀令」などを手動して「武士」の特権を次々と奪った人物。それが原因で、薩摩士族からはとても嫌われていたのでした。


《現在、大久保利通の遺体は何処にある?》

では、地元から納骨を拒否され、根も葉もない噂を広められてしまった大久保の遺体はどこで眠っているのでしょうか?

西南戦争で鹿児島の英雄である西郷隆盛を死なせた張本人とて、西郷の敵と認識されているため、故郷・鹿児島への納骨がされず、東京都港区の青山霊園に埋葬されています。


スポンサーリンク

《まとめ》

この記事でお伝えした大久保利通に関するエピソードは以下の3点になります。

✳︎大久保利通の死因は、紀尾井坂の変での頭部に集中した刀傷である。

✳︎大久保に批判的な者達に暗殺の際の悪い噂を広められてしまったこと。

✳︎西郷隆盛の敵と見なされ、地元での納骨が行われていないこと。

大久保は暗殺の動機として、公金を私財の肥やしにしたと指摘されていましたが、実際は必要な公共事業を私財で行うなど、金銭に対しては潔白な政治家であったとされています。

国のために尽くした人物が、暗殺され、更に死後140年近く経った今でも、このような仕打ちを受けているのは遺憾の意を表します。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


大久保利通」について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。よろしければご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓

「大久保利通がしたことをわかりやすく簡単解説!暗殺された理由は何?」の記事はコチラ
「大久保利通の家系図を調査!子孫は内閣総理大臣で財務大臣のあの人!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る