【蛤御門の変(禁門の変)とは】世界一わかりやすく解説!新選組への復讐戦

『禁門の変(蛤御門の変)』とは何なのか、わかりやすく簡単に解説いたします。

明治維新の後、天皇家が東京へ移される原因になったとも言われる「禁門の変」。

どうしてこんな事件が発生したのか?そこにはどんな意味があったのでしょうか。

実は新選組への復讐だった!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「蛤御門の変(禁門の変)」とは、「八月十八日の政変」で京都から追い出された長州藩が、復権のために起こした事件

・「八月十八日の政変」で京都から追い出された長州藩は、「池田屋事件」で新選組に襲撃された

・「池田屋事件」に怒った長州藩は、仕返しのために京都へ進軍し、会津・薩摩に撃破された(禁門の変)


《蛤御門の変(禁門の変)とは何か?わかりやすく解説》

《蛤御門の変(禁門の変)》
『引用元ウィキペディアより』

1863年 孝明天皇は、出した覚えのない命令(勅命)が勝手に出ていることに、深く悩んでいました。

勝手に長州藩に都合がいい命令を出していたのは、長州藩と仲良くしている公卿たち。孝明天皇は自らの権威を不当に利用されながらも、我慢をしていました。

しかし「大和行幸」という計画を知ったときに、我慢の限界が訪れたのです。そして、「攘夷(外交勢力を武力で討伐すること)」を強く主張し、暴走に暴走を重ねる長州にも、限界でした。

孝明天皇は、信頼していた京都守護職「松平容保」率いる「会津藩」の意見に耳を傾けるようになります。

その結果、長州藩は警備の任務をとかれ、都から追い出されます。(八月十八日の政変

追い出された長州藩や尊王攘夷派は納得できません。

もう一度、京都に乗り込もうとします。

久坂玄瑞」「来島又兵衛」率いる「長州藩」と、「松平容保」「西郷隆盛」が率いる「会津&薩摩連合軍」は、京都御所「蛤御門」付近で戦い、長州藩は破れます。

この事件を「蛤御門の変(禁門の変)」と言います。


スポンサーリンク

《新選組の「池田屋事件」との関係!新選組の先走りが騒動の原因だった!》

長州藩不在の京都は、どんどん荒れていきます。

それまで長州藩が引っ張っていた「尊皇攘夷」思想が衰退し、「公武合体(朝廷・幕府の協力による挙国一致体制)」派が主流となっていきます。

そんな中、宿「池田屋」にひそんだ長州藩の志士たちは「孝明天皇を長州にお連れしよう!!」と企てていたそうです。

その情報を聞きつけた新選組により、多くの長州の志士たちが殺され、捕まります。これが「池田屋事件」。この「池田屋事件」で、「松下村塾三秀」の一人「吉田稔麿」が戦死。

一説によると、この「池田屋事件」は、名を挙げようと焦った新選組の「先走り」だったとも言われています。

池田屋事件でさらに追い込まれた長州藩は、朝廷や新選組に報復しようとして「蛤御門の変(禁門の変)」を起こした、という説もあります。

新選組は、蛤御門の変鎮圧の為、出撃しています。


スポンサーリンク

《蛤御門の変(禁門の変)の後、何が起きた?》

薩摩藩と会津藩に敗れた長州藩は、蛤御門の変のあと「朝敵」・・・つまり「朝廷・天皇の敵(日本国の敵)」と認定されてしまいます。

公武合体を推し進めていた薩摩藩でしたが、幕府「将軍後見職」の「一橋慶喜(徳川慶喜)」は、薩摩藩ら外様大名の政治介入を嫌い、次々と薩摩排斥の手を打っていきます。

これに激怒した薩摩藩国父「島津久光」は、それまでの「公武合体」から、「倒幕」へと方針を大転換します。

これにより、薩摩と長州の思惑が重なり、土佐藩の坂本龍馬中岡慎太郎らの仲介もあり、薩長同盟を結び和解。

1868年、「江戸城無血開城」の実現により、260年続いた徳川幕府は、ついに終わりを迎えることとなるのです。

長州藩の会津藩への恨みは忘れられることはなく、後に「会津戦争」で甚大な被害を生むこととなります。


スポンサーリンク

《『蛤御門の変(禁門の変)』について、レビュー(評論)!》

蛤御門の変(禁門の変)・・・京都から追い出された長州藩が、天皇・朝廷に対して自らの潔白を訴えるために起こされた事変。

長州軍は、あくまでも天皇に対して、自らの潔白を主張できればそれでいいと考えていたみたいです。「八月十八日の政変」で京都から追い出されるような悪いことは、何もしていませんと・・・それをわかってもらいたかったわけです。

しかし孝明天皇は、過激な尊皇攘夷派である長州藩を嫌い、実直な「松平容保」を信頼していました。


スポンサーリンク

吉田松陰の義弟「久坂玄瑞」は、軍事力による過激な「天皇への無実を訴える作戦」に反対していたと言われています。しかし武闘派「来島又兵衛」に論破され、長州藩は2000の軍で、2万の連合軍相手に開戦し、敗北。

「池田屋事件」で「吉田稔麿」を、「禁門の変」で「久坂玄瑞」を失った長州藩の命運は、二人と並び称された天才「松下村塾三秀」最期の一人「高杉晋作」へと託されます。

高杉晋作・・・・幕府に降伏しようとした長州藩に対して「功山寺挙兵」と呼ばれる「クーデター」を行い、藩の主張を「倒幕」へと転換させます。

その後、「第二次長州征伐」が起こり、長州藩「高杉晋作」「大村益次郎」らは、幕府軍を撃破。

薩長連合軍は、鳥羽伏見の戦い・戊辰戦争を経て、「江戸城無血開城」「東北戦争」「箱館戦争」により、ついに明治維新を成し遂げるのです。

この「禁門の変」・・・・「馬関戦争」や「第一次長州征伐」と並び、長州をドン底に追い詰めた事件です。しかし、薩長同盟で薩摩の後ろ盾を得た長州は、一気に挽回していくこととなるのです。

負けても負けても諦めずに戦う長州・・・。もしかしたらこの「禁門の変」は、そんな長州藩の不屈の精神に、かえって火をつけた事件だったのかもしれません。


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・『蛤御門の変(禁門の変)』は、長州藩が京都での復権をもくろみ、薩摩藩&会津藩と戦った事件のこと。

・「蛤御門の変(禁門の変)」は池田屋事件で多くの同志を失った報復ともいわれている。

・「蛤御門の変」ののち、朝敵となった長州藩は薩摩藩と薩長同盟を結び和解、会津藩と戦争をすることになる。

幕末はたくさんの思惑が錯綜しています。どちらかが悪い、と単純に言い切れないのかもしれません。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

「新選組」関連記事

以下のリンク記事でも、「新選組」の「逸話」や「人物」「出来事」について簡単に理解できるように、わかりやすく解説させていただいております。

よろしければこれらの記事も、ぜひお役立てくださいませ。

「新選組」の関連記事

「【新選組とは】わかりやすく簡単解説!龍馬との隠された接点がスゴイ」の記事はコチラ
「新撰組(新選組)主要メンバーを一覧で解説!隊長たち生き残りのその後」の記事はコチラ
「【新撰組の最後】最強の剣豪集団その壮絶なラスト!最後の局長は誰?」の記事はコチラ
「新撰組メンバーの流派と愛刀一覧!現存している刀剣は今どこにある?」の記事はコチラ
「新選組メンバーの中で最強は誰?沖田総司や斎藤一より強い男がいた!」の記事はコチラ

 

「土方歳三」関連記事

「土方歳三の死因に隠された謎がスゴイ!性格が災いし裏切られて死亡?」の記事はコチラ
「土方歳三の子孫と家系図!その末裔が資料館で土方の刀を展示してる?」の記事はコチラ
「【土方歳三】愛刀の値段と現在の展示場を解説!刀を入手した経緯とは」の記事はコチラ

 

「沖田総司」関連記事

「【沖田総司】愛刀の名前は?彼の刀剣が現在どこにあるか調査してみた」の記事はコチラ
「沖田総司は本当にイケメンだったの?幕末屈指の美顔の真実と女性説」の記事はコチラ
「沖田総司の子孫は現在どこに?天才剣士の終焉の地と最後の様子が儚い」の記事はコチラ

 

「その他【新選組】幹部」の記事

「【近藤勇】首の行方と墓の場所をリサーチ!最後は命乞いしたって本当?」の記事はコチラ
永倉新八の子孫と『魔女の宅急便』の意外な関係!愛刀は現在どこに?」の記事はコチラ
「【永倉新八】新撰組最強の二番組長!小樽での晩年の逸話がすごかった」の記事はコチラ
斎藤一は会津藩が新撰組へ送ったスパイ?会津に尽くした逸話がスゴイ」の記事はコチラ
「【新撰組】斎藤一の子孫は現在どこにいるのか!墓は会津若松にある?」の記事はコチラ
芹沢鴨暗殺事件の犯人と理由を調査!芹沢の強さは新選組トップレベル?」の記事はコチラ
山南敬助の生涯と最期!新撰組総長の切腹理由と、愛刀の行方について」の記事はコチラ

 

「新選組」に関連する歴史的出来事の記事

「【池田屋事件とは】わかりやすく解説!坂本龍馬暗殺事件とは全然違う」の記事はコチラ
坂本龍馬は新撰組・斎藤一が暗殺したのか考察!新選組は龍馬の敵か?」の記事はコチラ
「【五稜郭の戦いとは】世界一わかりやすく解説!新撰組・土方歳三の最期」の記事はコチラ
「【鳥羽伏見の戦いとは】わかりやすく解説!戦争の場所と新選組の戦い」の記事はコチラ
尊王攘夷派の藩や志士・中心人物を解説!新選組は尊攘派?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る