【上野戦争とは】彰義隊の最期を解説!寛永寺が戦場になった理由とは

「江戸城無血開城」に怒った幕府の武士たち「彰義隊」が、新政府軍に戦いを挑んだ「上野戦争」について、わかりやすく解説いたします。

なぜ上野「寛永寺」は戦場となったのか?

徳川家の菩提寺「寛永寺」に集まった彰義隊は、大村益次郎の作戦により、わずか1日で壊滅したのです。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・上野戦争とは、「彰義隊」が明治新政府軍に抵抗した戦争のこと

・彰義隊とは、旧幕臣たち約3000人によって結成された部隊

・上野戦争は、長州藩の軍学者「大村益次郎」の作戦により、わずか1日で終わった


《上野戦争とは何?》

《上野戦争》
「引用元ウィキペディアより」

「上野戦争」とは、1868年7月4日に行われた旧幕臣と新政府軍の戦闘。「戊辰戦争」における戦闘の一つです。

この上野戦争の約2か月前、「西郷隆盛」と「勝海舟」の会談によって、「江戸城無血開城」と「徳川慶喜の謹慎」が約束されていました。

明治維新・・・・・・江戸城無血開城が実現したとき、革命は成功した言えるでしょう。しかしそれに反発した「旧幕府の臣下」たちは、新政府軍へ抵抗の構えをみせました。

彼らは「彰義隊」という名前の部隊を結成し、「上野・寛永寺」に集結。新政府軍とぶつかることとなるのです。


スポンサーリンク

《彰義隊とは?》

彰義隊とは、旧幕臣たちによる「反・新政府軍」のこと。当初の目的は「徳川慶喜の警護」。その数は最盛期に「3000人」以上だったと言われています。5000人以上という説もあります。

4月11日に、徳川慶喜が水戸へ移動すると、彰義隊は「寛永寺」に集結。

「彰義隊」・・・その名前の由来は「大(あきら)かにする」から。武士のみならず、やくざ者や町人も集まり、新政府軍へ抵抗の構えをみせていました。

大村益次郎」・・・・医師・緒方洪庵の「適塾」出身の秀才。長州藩の軍事を担当していた人物です。もともとは医師でしたが、天才的な軍事能力を持っていました。

彰義隊は「勝海舟」に「解散」するよう説得されたものの「江戸城無血開城」を行った勝海舟を敵視。説得工作は失敗。軍事の天才「大村益次郎」によって、彰義隊は壊滅することとなるのです。


スポンサーリンク

《どうして寛永寺が戦場になったの?》

どうして彰義隊は、寛永寺を本拠地としたのでしょうか?

理由は、「寛永寺」が「徳川家」の菩提寺だったためです。彰義隊は徳川家への忠節を表すために、菩提寺「寛永寺」を本拠地としたのでしょう。

徳川家には「増上寺」と「寛永寺」という二つの菩提寺があり、その二つの菩提寺には、初代「徳川家康」と3代「家光」15代「徳川慶喜」を除く、12人全ての徳川歴代将軍が眠っています。

増上寺には「②秀忠、⑥家宣、⑦家継、⑩家重、⑫家慶、⑭家茂」・・・・寛永寺には「④家綱、⑤綱吉、⑧吉宗、⑩家治、⑪家斉、⑬家定」。ちなみに初代「家康」と3代「家光」は日光東照宮。15代「慶喜」は「谷中霊園」に墓所があります。

上野寛永寺は、上野戦争で焼失するなど被害を負い、弾痕などの傷跡は、今も移築先の荒川区「円通寺」など、多数が残されています。

上野戦争の戦場となった「上野公園」には、現在「西郷隆盛」像が建てられています。西郷隆盛像が建てられた理由は、西郷隆盛が指揮した「上野戦争」の戦勝を記念してのことです。


スポンサーリンク

《上野戦争の経緯!彰義隊の最期》

彰義隊は新政府軍への抵抗姿勢を崩さず、江戸市街で新政府の兵士と小規模の戦闘を行うなど、被害が出ていました。

新政府軍は「彰義隊」を敵とみなし、せん滅を決定。その作戦を担当したのが長州藩士「大村益次郎」。

「囲む師は必ずかく」・・・・・「孫子の兵法」の一節で、「敵を完全包囲しては、死に物狂いの抵抗をされてしまうので、逃げ道は残しておくように」という意味です。大村益次郎も、彰義隊を完全包囲せず、「根岸方面」に逃げ道を残して、アームストロング砲などの最新兵器を駆使して周囲から一斉射撃。

7月4日午前7時に始まった「上野戦争」は、わずか10時間後の午後5時には集結。彰義隊はほぼ全滅し、残りは大村益次郎の予測通り「根岸方面」へ撤退。

彰義隊残党は、宇都宮・会津・北陸・東北方面へと撤退し、戊辰戦争は「東北戦争」へと局面を移すこととなります。彰義隊の生き残りは、戊辰戦争最後の一戦「箱館戦争」まで、新政府に徹底抗戦を続けたのでした。


スポンサーリンク

《『上野戦争』について、レビュー(評論)!》

上野戦争・・・・・・旧幕臣たちの抵抗戦争。

この戦争には、「新選組」の生き残りも参戦。10番組長「原田左之助」も、この戦いで戦死した・・・なんて説があります。

「駆け上り、後ろを見たら、我一人」・・・・・・彰義隊ナンバー2の「天野八郎」が、後に語った戦闘中のエピソードです。部隊を率いて階段を駆け上り、敵に攻撃を仕掛けようとしたら、自分以外誰もいなかった。

彰義隊には、決死の覚悟を決めた武士だけではなく、暴徒と化した江戸市民も参加していました。もともと覚悟が定まった集団ではないので、逃亡・脱走が相次いだのです。祭り好きな江戸市民は、新政府軍との戦争を「祭り」のような感じで楽しんでいたのかもしれません。わずか10時間の戦闘で終わってしまった理由は、こういうところにあったのでしょう。

彰義隊・・・新政府軍に不満を抱く人々の受け皿となったの組織。この「彰義隊」という組織は、江戸で暴行や殺戮を繰り返したと言われています。もしも彰義隊という受け皿がなかったら、旧幕臣と新政府軍の間で、ゲリラ戦のような「泥沼の内戦」が起こっていたかもしれません。

彰義隊士のお墓は、1875年、上野に建立。2017年5月15日に百五十回忌が営まれています。

当初は「賊軍」とされていた彰義隊ですが、現在では立場の違いを超えての法要が行われているのです。


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・上野戦争とは、彰義隊と新政府軍の間で起こった戊辰戦争における戦闘の一つ

・戦闘は10時間で終了し、新政府軍の勝利で終わった

・彰義隊は、徳川家の菩提寺「寛永寺」を本拠地として、徳川家への忠節を表した

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「薩摩藩と長州藩はなぜ対立していたのか?その後同盟した理由を解説!」の記事はコチラ
「薩長同盟とは何かわかりやすく解説!同盟締結の場にいた人物は誰?」の記事はコチラ
「【吉田松陰】松下村塾の門下生・塾生一覧!松陰の教えは超過激だった」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 加藤
    • 2018年 7月 22日

     彰義隊に参加した幕臣の子孫の知人を中心に、昨年暮れに「彰義隊子孫の会」を立ち上げられました。
     今月創立総会を開かれたようですから、まだ出来たてのホヤホヤですね。

     別の彰義隊士の子孫の方は、上野戦争で敵のアームストロング砲で重傷を負わされたそうで、今年ある歴史イベントでたまたま西郷隆盛の曾孫の陶芸家・西郷隆文氏と懇親の席で、自分の先祖がアームストロング砲で負傷させられた話をしたところ、反射的に「それは大変申し訳ありませんでした」と謝られたそうで、その知人は、「西郷隆盛の子孫に謝らせた。かたきを取ったと御先祖の仏壇に報告したとご満悦でした。

      • rekishiru
      • 2018年 7月 22日

      いつもお世話になっております!
      大変貴重なお話をいただき、心より感謝申し上げます。
      まさか、子孫同士でそのような話がされていたとは・・・。
      大変興奮しております!!!
      ありがとうございます!!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る