吉田稔麿の生涯と壮絶な最期!辞世の句の意味と真偽を考察してみた

松下村塾「三秀」の一人「吉田稔麿」

「久坂玄瑞」「高杉晋作」と並ぶ秀才の壮絶な最期を解説

辞世の句の意味とは?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・吉田稔麿は、久坂玄瑞・高杉晋作とならぶ「松下村塾」の秀才

・池田屋事件で、新撰組または会津藩兵を相手に戦い、亡くなった

・辞世の句・・・「むすびても 又むすびても 黒髪の みだれそめにし 世をいかにせむ」


吉田稔麿とは何者か?その功績を簡単解説

吉田稔麿

松下村塾に通い、吉田松陰から指導を受けた長州藩の活動家

1841~1864年(享年24)

吉田松陰の義弟「久坂玄瑞」や、「高杉晋作」と並び「松下村塾・三秀」と呼ばれた人物。

松下村塾門下「入江九一」も含めて「四天王」とも呼ばれていました。

そんな吉田稔麿の功績とは、どんなものなのでしょうか?

吉田稔麿の功績

吉田稔麿の功績を一言で言えば

奇兵隊に参加し「屠勇隊」を創設した

・攘夷を決行した際に、奇兵隊に占拠された船「朝陽丸」を開放するように、奇兵隊士たちを説得し、朝陽丸開放に成功(朝陽丸事件)

実は吉田稔麿・・・・はっきりとした功績を残したわけではありません。

とはいえ、後世に功績を残した「高杉晋作」や「伊藤博文」などが、吉田稔麿をとても評価しているのです。

1864年、稔麿は池田屋事件で若くして戦死しています。

この池田屋事件に激怒した長州藩過激派は「禁門の変」を引き起こすわけです。


スポンサーリンク

吉田稔麿の生涯と壮絶な最期!新選組と戦って死亡?

吉田稔麿

生い立ち

1841年、吉田清内の嫡男として誕生。稔麿の名前は当初「栄太郎」でした。

稔麿は「吉田松陰」に師事する前から、「久保五郎右衛門」という人物が教えていた「松下村塾」に通っていました。

当時から稔麿は、とても静かで眼力のある人物だったとか。

学問のみならず、武術にも秀でていました。「宝蔵院流槍術」と「柳生新陰流剣術」を修得。

その後、「吉田松陰」の松下村塾に通い兵法・兵学を学んだと言われています。

吉田松陰
『引用元ウィキペディアより』

優秀な稔麿のことを、松陰はとても評価しており、「久坂玄瑞」「高杉晋作」「吉田稔麿」の3人を「三秀」と呼んだのでした。

久坂玄瑞
『引用元ウィキペディアより』

高杉晋作
『引用元ウィキペディアより』

吉田松陰の死後

1859年、師である吉田松陰が「安政の大獄」により刑死。

1863年、高杉晋作が創設した「奇兵隊」に参加。「屠勇隊」を結成。

同年8月、攘夷を決行した長州藩は、関門海峡にて幕府の船「朝陽丸」を砲撃。奇兵隊士が朝陽丸を一時占拠するが、稔麿が奇兵隊士を説得し、解放に成功

同年。「栄太郎」から「稔麿」へと改名しています。


スポンサーリンク

池田屋事件

1864年、京都の池田屋で行われた長州藩士の会合に、「吉田稔麿」も出席。

しかし一度、長州藩邸へ戻り、改めて池田屋へ行くと、「新選組」によって池田屋は襲撃されていました。

稔麿は、どうやら池田屋から脱出した長州藩士から、池田屋での異変を聞き、即座に現場に駆けつけようとしたのだとか。

池田屋へ向かう途中、加賀藩邸前で「会津藩士」たちに囲まれ、切りあった末に討ち死。

別の説として、池田屋から逃げてきて、長州藩邸に応援を要請するも断られて門前で切腹した・・・とも言われていますが、最新説では「会津藩士」に斬られたというのが有力だそうです。

後に、松下村塾の同門「品川弥二郎」は、稔麿について、こう言いました。

「生きていたら総理大臣になれた」

初代総理「伊藤博文」から

「私などとは比べ物にならない。

天下の奇才だった」

と讃えられました。

《伊藤博文》
『引用元ウィキペディアより』

山県有朋には、ある日稔麿について、高杉晋作に尋ねます。

「(吉田稔麿は)自分と比べてどれほどの差があるのか?」

高杉晋作は笑いながら応えました

「稔麿が座敷にいるとするなら、お前は玄関番にもなれない。

味噌もクソも一緒にするとは、まさにこのことだろう」

高杉晋作からも激賞されていた吉田稔麿。

池田屋事件で、稔麿を筆頭に、長州の優秀な人材が7人も亡くなっており、「明治維新が一年遅れた」と言われています。

吉田稔麿・・・早すぎた最期でした。


スポンサーリンク

松下村塾の同門で、後に「国軍の父」と呼ばれることになる「山県有朋」が、「吉田稔麿」について語った逸話が残されています。

《山県有朋》
『引用元ウィキペディアより』

それについて詳しくは、以下のリンク記事をお役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク

辞世の句・・・その意味と、真の作者を考察

吉田稔麿は、「辞世の句」を残しています。

「むすびても 又むすびても 黒髪の みだれそめにし 世をいかにせむ」

意味は

「結んでも結んでも、まるで黒髪が乱れているようなこの世の中を、どのようにすれば良いというのか」

幕末の動乱に焦りをにじませる、国家を思う稔麿の気持ちがよく現れています。

それにしても、これ・・・本当に吉田稔麿の作品なのでしょうか?

稔麿は、病気や切腹で亡くなったわけではなく「池田屋事件」という突発的な事件で亡くなっています。

つまり「辞世の句」を用意しておく暇などなかったはず。

では誰がこの句を作ったのか????

高杉晋作の辞世

「おもしろき こともなき世を面白く すみなすものは 心なりけり」

は、女流歌人の「野村望東尼(のむらもとに)」という人が「下の句」を書いたと言われています。

では稔麿の「辞世の句」も誰かが代わりに作ったのか?

と思ったら、どうやら「辞世の句」というのは、いつ最期を遂げても良いように、常に用意しておくものだそうですね。

ですので「吉田稔麿」も、事件を予期していたわけではなく、いつでも死ねるように覚悟を決めて辞世の句を用意していた・・・ということでしょう。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・吉田稔麿は、松下村塾で学び「久坂玄瑞」や「高杉晋作」と並び称された逸材

・最期は新選組による「池田屋事件」で会津藩兵と戦い戦死

・辞世の句は、稔麿がつくったもので間違いないだろう。幕末・日本への焦燥感・危機感が感じられる作品。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


吉田松陰」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする