【朝廷とは】世界一わかりやすく簡単に解説!幕府との違いはなに?

「朝廷」とは何なのかが、この記事を読めば、簡単に理解できます!

よくドラマなどで耳にする「朝廷」とは、いったい何を意味しているのか?

「幕府」と何が違うのかを、簡単に解説いたします


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「朝廷」とは、天皇を長とする「政府」、つまり「行政・立法機関」のこと

・「幕府」とは「朝廷」から行政権を委任された「武士」による「行政・立法機関」

・現在の日本に、「朝廷」は存在しない。内閣制度発足により、「朝廷」は無くなった


《朝廷とは何か?分かりやすく解説いたします》

よく大河ドラマなどに登場する言葉「朝廷」。

「朝廷」とは何のことなのでしょうか?

「朝廷」という言葉を二つに分断してみます。「朝」とは「政治」のこと。そして「廷」とは「お庭」のことです。

政治(まつりごと)は朝に行う・・・・昔の皇帝や天皇は、大変早起きでした。朝日が昇ると同時に、政治を行う権力者は、部下を庭に集めて政務を開始したのです。

そしてもう一つ「朝廷」という言葉が意味するところとして「天皇」がいます。

「朝廷」とはすなわち「天皇を中心として、政務を行う機関・場所のこと」と言いかえることができます。


スポンサーリンク

《幕府との違いとは?》

「朝廷」と対比する言葉として「幕府」というものが歴史に登場します。

「朝廷」と「幕府」は何が異なるのでしょうか?

「鎌倉幕府・室町幕府・江戸幕府」と、日本の歴史上3つの「幕府」が存在しています。

「幕府」とは、

「朝廷から、政治を行う権限を委譲された征夷大将軍が、朝廷に代わって政務を執り行う機関」

のことです。

もともと政務を行う権限は「朝廷」が持っていましたが、「幕府」はそれを朝廷から委ねられた「臨時の機関」。

大政奉還」・・・・江戸幕府最期の将軍「徳川慶喜」が、朝廷に対して「政治を行う大権を返上」した大事件です。「返上する」という言葉からわかる通り、元々政治を行う権限は「幕府」ではなく「朝廷」が持っていたものなのです。

朝廷は「公家」、幕府は「武家」。

元々は「お公家」のほうが身分は上。しかし武家は「平清盛」や「織田信長」などに代表されるように、「武力」と「財力」でもって、公家も逆らえないほどの力を持つようになります。

武家は、力で公家を押さえつけて、政治を行う権限を「幕府」という形で一時的に手にしていたのです。


スポンサーリンク

《朝廷・・・今の日本にもあるの?》

現在の「議院内閣制」の日本国においても、「朝廷」というものは存在しているのでしょうか?

結論から言えば、現在の日本に「朝廷」は存在しません。

「大政奉還」「王政復古」・・・・幕末の日本で起こった歴史的事件です。この時、「幕府」という政治システムが廃止され、古来の日本で行われていた政治システム「太政官制」が復活しました。

しかし、1885年(明治18年)12月、太政官制は廃止され、新しい政治システム「内閣制度」が始まりました。この年「伊藤博文」が日本最初の「内閣総理大臣」に就任し、政治を行う機関としての「朝廷」は完全に消滅しています。

それ以降、日本では「議院内閣制」が採用されており、「天皇陛下」と「皇室」は存在するものの、朝廷は存在しておりません。


《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・朝廷とは、天皇を中心として「政治」を行う執政機関のこと

・幕府とは、朝廷から政治を行う権限を委譲された、征夷大将軍を中心とする臨時の執政機関のこと

・21世紀の日本において、朝廷は存在しない

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする