土方歳三の子孫と家系図!その末裔が資料館で土方の刀を展示してる?

新撰組・鬼の副長「土方歳三」

その末裔が、「土方歳三の刀」を管理・公開している?

土方歳三の家系図・子孫とは?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

新選組副長「土方歳三」は、武蔵国多摩郡(東京都日野市)の農家出身で、10人兄弟の末っ子

・土方歳三直系の子孫はおらず、兄「喜六」の子孫が「土方歳三資料館」を運営している

・愛刀「和泉守兼定」は、「土方歳三資料館」で、毎年「土方歳三」の命日に合わせて展示されている


土方歳三の家系図

新撰組・鬼の副長「土方歳三」

京都の治安維持を任務としていた精鋭部隊「新撰組」のNO2を務め、局長「近藤勇」を補佐し続けた人物。

1835年5月・・・・武蔵国・多摩郡・石田村(現在の東京都日野市石田)で誕生。

生家の「土方家」は、代々農家・・・当然土方家も農民。

歳三も、どこかの養子にでもならない限り、将来は農民になるはずの身でした。

 

父「土方隼人

母「恵津

歳三は10人もいた兄弟の末っ子。

その兄弟の内、6名までは氏名がはっきりしていません。

長男「為次郎

次男「喜六

姉「佐藤のぶ

それ以外の6名の兄姉の名前は不明・・・。

 

生家の「土方家」は、代々農家であり、歳三も農民。「石田散薬」なる薬の行商をよくしていたのだとか。

ヤンチャだった歳三は「武士」になることを夢見て、各地の道場で修業。

最終的に近藤勇が率いる「天然理心流道場・試衛館」へ入門。

浪士組(後の新撰組)への参加を応募し、京都へ出て「新撰組」の副長として活躍することになるのです。


スポンサーリンク

土方歳三の子孫とは?

土方歳三の子孫は、現在どこにいるのでしょうか?

実は土方歳三には、子供がいません。

1869年5月11日、北海道函館・五稜郭で腹部に銃弾を受けて亡くなっています。

享年35歳。

土方歳三の血縁者といえば、9人もいた兄弟たち・・。

その兄弟の子孫が、現在でも活動していると言われています。

中でも有名なのが、次男「喜六」さんの「来孫(孫の孫の子)」・・「土方愛」さん

この「土方愛」さん・・・土方歳三の生家で育ち、現在はその築300年の生家を「土方歳三資料館」として一般開放しているとのことです。

 

土方歳三資料館」についてはこちらをどうぞ

 

「資料館」には、土方歳三が使用した方な、直筆の手紙、鎖帷子や鉢金(額に当てる防具)などが展示されています。

土方の「愛刀」とは?

土方歳三の愛刀・・・どうやら3本あるようです。

「大和守秀国」

「脇差・堀川国広」

「和泉守兼定」

この内「和泉守兼定」は、最も価値が高い代物だったのだとか・・・。

局長の『近藤勇』が使用していた刀「虎徹」・・・「兼定」には、虎徹の20倍もの値打ちがあったと言われています。

会津藩主・松平容保から、土方歳三が授かった「兼定」

「兼定」は、現在「土方歳三資料館」にて保存されています。

毎年、土方歳三の命日に合わせて、「1ヶ月」ほど展示されているみたいですね。

2017年、はっきりとした予定はまだ発表されていませんが、2016年が「4月3日~5月15日」まで展示だったので、2017年もこの日程に展示されるでしょう。

兼定には、戦争の傷跡らしきものが、生々しく残っているとのことです。


会津藩主・松平容保の子孫が、現在徳川宗家の19代当主である」という件について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓↓

「徳川家康の家系図を簡単に短く解説!嫁と子供、子孫と現在の末裔とは」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・土方歳三は、東京都日野市の農家出身で、10人兄弟の末っ子

・次男「喜六」の来孫「土方愛」さんが、「土方歳三」の生家で「土方歳三資料館」を運営している

・土方の刀「兼定」は、「土方歳三資料館」で、土方歳三の命日に合わせて、年に一ヶ月ほど展示されている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る