【ペリー来航】下田・浦賀の上陸場所には現在何が?来日した目的は3つ

ペリーが来航した場所、「下田」と「浦賀」には、現在何があるのか調査してみた!

来日した目的は「3つ」

ペリー提督の意外な最期とは?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・ペリーが来航した「下田」と「久里浜」には記念碑が建てられている

黒船で来航した目的は「捕鯨」「通商」のための寄港地(補給のための港)獲得と、植民地競争で優位を保つこと

・ペリーは、来日した4年後に、ニューヨークで亡くなっている。


ペリーが来航した「下田」と「浦賀」には現在何がある?

1853年7月8日、アメリカのペリーが浦賀に来航しました。

彼が来航・上陸した地点には、記念碑が残されています。

「横須賀・久里浜」

ペリーが来航したのは「横須賀市浦賀」と言われていますが、最初に上陸したのは「浦賀港」の近く「横須賀市・久里浜」です。

久里浜から、幕府の牽引によって浦賀へ移動したのです。

来航した「浦賀港」は、現在でも港として利用されており、多数の船舶が往来して賑わっています。

実は当時から、浦賀港には外国の船舶が頻繁に往来していました。

イギリス捕鯨船やアメリカ捕鯨船・・・又はアメリカ商船などが、ペリーより先に浦賀に来ていたのです。


スポンサーリンク

現在、横須賀市久里浜のペリー上陸地点には、「ペリー公園」と「記念館」があります。

そして、上陸を記念した碑も建てられています。

「引用元ウィキペディアより」

もう一つ、ペリーが来航した地点「下田」にも、記念碑が建てられています。

下田の「ペリー艦隊来航記念碑」

下田のペリー艦隊来航場所は、現在こんな感じです。

「引用元ウィキペディアより」

下田といえば、ペリーが来航した際に締結された「日米和親条約」で開港した港の1つ。「箱館」も開港していますよね。

どうして下田が開港したのか?というと、横浜や浦賀では、江戸に近すぎたため、程よい距離がある「下田」を開港したと言われています。


スポンサーリンク

来日した3つの目的とは?

そもそもペリーが来航した目的って、なんだったのでしょうか?

捕鯨船の寄港地

当時、クジラから取れる「鯨油」は、燃料として広く利用されていました。

その為、各国の捕鯨船により、クジラが乱獲されていたのです。

捕鯨は、通常1年以上の長期に渡って航海が行われていました。

鯨油を取り出すためには、多数の水と燃料を必要としていたため、通常「寄港地」を多数必要としていたのです。

しかし、アメリカは当時、太平洋地域で有力な寄港地・補給基地を持っていませんでした。

その為、日本に開国してもらうことで、鯨油の安定した獲得を狙ったというわけです。

清国との貿易

当時、清国は人口4億人の巨大市場でした。

そのため、上海への貿易航路を、アメリカは模索していたのです。

アメリカの西海岸から上海までの航路は、日本の「津軽海峡」を通過するものでした。

アメリカはこの航路の中継地・補給基地として、箱館の開港を必要としていたというわけです。

箱館を開港してほしい・・・それがペリーの目的の1つでした。


スポンサーリンク

植民地競争での挽回

アメリカは、当時はまだまだ新興国で小国・・・。圧倒的な力を持つ覇権国「イギリス」に比べて、あまりにも小さく若い国でした。

当時の世界情勢としては、「圧倒的最強国イギリス」に、「大国ロシア」・「大国フランス」が迫り、植民地競争に力を注いでいた状態。

鎖国中でも、例外的に日本と貿易を続けていた「オランダ」は、残念ながら小国。

アメリカは、植民地競争に著しく出遅れていました。

そんなアメリカ・・・・植民地競争に勝つためにも、アジアで有利な状況を作る必要があったのです。

その為、日本との関係を構築・・・「片務的最恵国待遇(日本は相手を大歓迎の待遇しないといけないが、相手国は日本を歓迎する待遇をしない)」を日本に認めさせるなど、不平等条約で日本から搾取する下準備をしていたわけです。

イギリス・ロシアなどの列強諸国を相手に、植民地競争で勝利する・・・そのため日本を利用することが目的だったと考えられます。

・・・。

とはいえ、アメリカのこの目論見は失敗します。

1861年、アメリカでは「南北戦争」が勃発。

1865年まで、内戦を繰り広げてしまい、その間に「イギリス」「ロシア」「フランス」なども、日本と不平等条約を締結し、アメリカの有利は消えてしまいます。

アメリカ・・・・一般的には、日本を威嚇して力づくで開国させた強国・・・というイメージがありますが、イギリスやロシアに比べたら、まだまだ弱い国だったのです。


スポンサーリンク

ペリーの意外な最期!

日本を開国させたペリー・・・。

彼が来たその時をもって、「幕末」が始まったとも言われています。

そんな日本の歴史的転換点の主役だった「ペリー」

最期はかなり意外なものでした。

実はペリー・・・・浦賀に来た・・・5年後に亡くなっているのです。


「引用元ウィキペディアより」

彼は日本から帰国した後、日本での遠征を記録。

しかし、アルコール依存症やらリウマチ、痛風などに悩まされ、1858年3月4日、ニューヨークで亡くなってしまいます。

死因は「肝硬変」「心筋梗塞」といわれています。


「引用元ウィキペディアより」

彼の墓地は「アメリカ・ロードアイランド州アイランド墓地」にあります。

 

1858年3月4日死去・・・日本では同年6月4日に、「井伊直弼」が「大老」に就任。7月には井伊直弼が勝手に「日米通商航海条約」を締結してしまうわけですが・・・その時既にペリーは亡くなっていたのです。

「日米和親条約」・・・次は即「日米通商航海条約」・・というイメージでしたが、実は「4年」も間が空いているんですね。

それにしても、ペリーがアルコール依存症で苦しんでいたとは・・・。軍での仕事はかなりの激務だったみたいですから、仕方ないかもしれませんが・・・。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・ペリーが来航した「久里浜」「下田」には記念碑が建てられている

・ペリー来航の目的は通商と捕鯨の「寄港地」、そして植民地競争で優位を手にすること。

・来日の4年後、ペリーはニューヨークで死去。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました

もしよろしければ、以下のリンク記事もお役立てくださいませ

↓↓↓↓↓

「黒船来航の目的とペリーの真実!船が来た現在地と、黒船とは何かを解説」の記事はコチラ
「島津斉彬の子孫・家系図や娘の篤姫について!何をした人なのか解説!」の記事はコチラ
「大久保利通の死因が超壮絶!ご遺体が受けた2つの無残な仕打ちとは?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る