秦の始皇帝の名前とは!本名を知ってたのは母親とキングダム・信だけ

秦の始皇帝の本名「嬴政(えいせい)」。

漫画「キングダム」では、主人公「信」や「河了貂」が、始皇帝の本名を呼び捨てにしてました。

しかし実は「始皇帝の本名」を信や河了貂が知っているはずがなく、知っていたのは父親や母親「太后」だけだったのです・・。

本名・呼び捨てなんかしたら、実際には即死刑

この記事では、「始皇帝」の本名と、当時の「名前の風習」について解説いたします。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

李信が、後の始皇帝「贏政」を呼び捨てにすることは、現実ではあり得なかった

・諱(いみな)は、家族以外には知られてはならないものだった

・諱を呼ぶことが出来たのは「先祖・両親」と「王様・皇帝」だけ


始皇帝の本名!信は呼び捨てに出来なかった?

漫画「キングダム」

この中で、後の始皇帝こと「秦王・贏政」は、「成蟜(せいきょう)の乱」をともに乗り越えた戦友「」と「河了貂」から、「政」と呼び捨てにされています。

 

あくまでも「キングダム」は漫画であり「フィクション」なので、殆どが創作でしょうけれども、当時の常識からすると、「王様を呼び捨て」にすることはあり得ません。

万が一、「秦王・贏政」を大勢の家来たちの目の前で呼び捨てにしたら、即座に処刑されているでしょう。

現実では、信や河了貂が「秦王」の本名を知っていたはずがないのです。


スポンサーリンク


そもそも始皇帝の本名は、誰も知らなかった

実は、始皇帝の本名「贏政」という名前を知っていた人物は、非常に限られていました。

父・荘襄王や、母・太后・・・祖父・孝文王などの直径親族のみ。

家来であった「信」や「河了貂」が、「秦王」から「政」という名前を教えてもらえたとは、到底考えられないのです。

秦王の本名「贏政」・・・姓が「贏」で、名前が「政」。

実はこの「政」という名前・・「諱(いみな)」というものであり、家族以外にこの「諱」は知らされることはありませんでした。

王族・貴族の「諱」を家来が知らされることなど、ほとんどなかったと言っていいでしょう。

「諱(いみな)」は「忌(い)むべき名」・・つまり「人に呼ばれるべきではない真の名前」ということ。

世界の一部地域では、昔からこの「諱」を誰もが持ち、それを赤の他人に知られてはならない、という習慣があったようです。

習慣に従い、始皇帝を本名の「政」と呼ぶことが出来たのは、祖父「孝文王」、父「荘襄王」、母「太后」だけだったでしょう。

日本においても、この「諱」を下手に呼んでしまったため、戦争となった例があります。

「大坂の陣」・・・「豊臣秀頼」が「徳川家康」に滅ぼされた戦い、その発端となった「方広寺鐘銘事件」。「家康」という諱を二つに分断したことは、「呪い」ではなく、きわめて失礼なことだったのです。


スポンサーリンク


古代中国での「名前」の使い方は、かなり特殊!

実は古代中国の人達には、2つの名前がありました。

「諱」と「あざ名」

つまり「家族内だけで使う名前(いみな)」と「外で使うための名前(あざな)」

有名な三国志の英雄「曹操孟徳」は

苗字・姓が「曹」、家族だけで使う諱が「操」、そして外で使う名前が「孟徳」だったのです。

ですので「曹操孟徳」さんが、他人に自己紹介をする際には、諱は名乗りません。

「はじめまして。曹孟徳です」

と名乗っていたということ。

キングダム主人公「信」という名前も諱。

おそらく後に「李信」と名を改める事となるのでしょうけど、「李」が姓で「信」が諱。

ということは「信」という諱は、家族以外に呼ばれることはない・・・という?

では「秦王・贏政」が、「信」の諱を呼び捨てにすることも、許されないのでしょうか?

実は、家族以外に人々の諱を呼ぶことが出来る人物が、世界に1人だけ存在していました。

それは「王様」又は「皇帝」。

「両親は、皇帝や王様よりも偉くて尊い存在である」という儒教思想・・・その思想に従って、諱を呼ぶことが出来たのは「王様・皇帝」と「両親・先祖」だけという理屈です。

ですので、秦王・贏政が信を呼び捨てにするのは当然のことだったのです。

「信」について、よろしければ、以下のリンク記事も合わせてご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓

「李信の最後は悲惨?嫁が超大物で子孫が王様になったって本当か」の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・キングダム主人公「信」が、秦王「贏政」を「政」と呼び捨てにすることは、現実ではあり得ない

・秦王の本名「政」を呼ぶことが出来たのは、祖父・父・母など直系親族だけ

・諱を呼ぶことが出来たのは「先祖・両親」と「王様・皇帝」だけだった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「キングダム」関連記事

以下のリンク記事でも、「キングダム」の「人物」「逸話」などについて簡単に理解できるように、わかりやすく解説させていただいております。

よろしければ、こちらの記事も、ぜひお役立てくださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「秦の武将・軍師たち」関連記事

「キングダム李信の最後は悲惨?嫁が超大物で子孫が王様になったって本当か」の記事はコチラ
羌瘣(きょうかい)が信と子作り宣言!史実で二人は結婚してるのか?」の記事はコチラ
「【桓騎の生涯と最期】キングダムで噂の弱点とは?史実では李牧に大敗」の記事はコチラ
「【楊端和の生涯】史実でもキングダムのような「山の王様」だったの?」の記事はコチラ
「【キングダム】昌文君が裏切り?史実では驚きの死に方(最期)をしていた」の記事はコチラ
「【李斯とは】キングダム・天才法律家の最期が超悲惨過ぎる」の記事はコチラ
「【キングダム】蒙武の史実での人物像とは?最強武将の強さと最期!息子達のその後が悲惨すぎる」の記事はコチラ
「【キングダム】蒙恬の嫁は誰?世界遺産・万里の長城は彼が建造した物」の記事はコチラ
「【キングダム】は史実ではどんな人?今後の活躍と死に方(最期)を解説」の記事はコチラ

 

「王翦・王賁」

「【キングダム】王翦の「鄴攻め・あつよ攻略」と「項燕との戦い」史実での結末は?」の記事はコチラ
「【キングダム】王翦素顔と仮面の真実!王になりたい理由を考察」の記事はコチラ
「【キングダム】王賁の最期は謎だらけ?父親・王翦以上の名将だった!」の記事はコチラ

 

「昭王・六大将軍」

昭襄王(昭王)とは?漫画「キングダム」に登場する『戦神』の生涯」の記事はコチラ
「【キングダム】六大将軍をwiki風に解説!史実で六将は実在した?」の記事はコチラ
「【白起とは】その評価と能力がスゴイ!『キングダム』最強将軍の最期」の記事はコチラ
「【キングダム】王騎将軍は史実で実在していたの?記録がない理由とは」の記事はコチラ

 

「秦の始皇帝」

始皇帝とは何か超分かりやすく解説!漫画キングダムのネタバレ注意!」の記事はコチラ
始皇帝の墓には水銀の海が!内部には生き埋めにされた数百のご遺体も」の記事はコチラ
「【キングダム】始皇帝と李信は史実でも親友同士?王騎は無能な将軍だった」の記事はコチラ

 

「呂不韋」関連記事

 

「趙・三大天」

 

「戦国四君」

 

「キングダムの脇役・雑学」関連記事


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る