【キングダム】蒙武は史実での人物像とは?最強武将の強さと最期!息子達のその後が悲惨すぎる

始皇帝に親子三代でつかえた将軍「蒙武(もうぶ)」が、歴史上どのような人物だったか。

「強さ」や「最期」、そして息子たち「蒙恬」「蒙毅」の悲惨な死に方を、わかりやすく解説します。

『息子たちほど有名ではなかった武将・蒙武」

活躍も、最期も、歴史にはまったく刻まれていません。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・蒙武とは、始皇帝に仕えた秦国の武将。天下統一に功績を残した

・実際の「蒙武」は、漫画「キングダム」のように、個人の武力を誇る武将ではなかった

・二人の息子「蒙恬」と「蒙毅」は、始皇帝の死後に宦官「趙高」の罠で亡くなった


蒙武とは?その生涯年表を解説

人気漫画「キングダム」に登場する秦国の武将「蒙武」

蒙武が残した功績と、生涯年表について解説します。

『蒙武』の功績

蒙武の功績を短く解説いたします。

・紀元前224~223年、将軍「王翦」の副将として、楚国を滅亡させる

蒙武の息子「蒙恬」と将軍「李信」が、紀元前224年、楚国の「項燕」に大敗北しているのですが、蒙武は王翦とともに、その項燕を討伐しているのです。

『蒙武』の生涯年表

・紀元前224年、王翦の副将として、楚の将軍「項燕」を撃破

・紀元前223年、再び王翦の副将として、楚へ侵攻。楚王「負芻」を捕虜として、楚を滅ぼした

キングダムでは猛将として活躍し、圧倒的な存在感を発揮している蒙武ですが、史実における記録はこれだけです。

蒙武よりもむしろ、父「蒙驁(もうごう)」や、息子「蒙恬」のほうが有名なほどです。


スポンサーリンク

史実における蒙武の強さとは?その最期は?

蒙武・・・漫画「キングダム」では、「中華最強」を自称する猛将として描かれている人物です。

しかし、史実においてその強さは、どれほどのものなのでしょうか?

「武」・・・・・蒙武の名前です。姓は「蒙」、名は「武」・・・。「孫子の兵法」の著者「孫武」について、「有名な兵法書の作者の名前が『武』とは、あまりに出来すぎている」・・と言われていましたが、蒙武も「武」の名に恥じない強さを誇る猛者だったのでしょうか?

結論を言ってしまうと、蒙武個人の武力は、歴史に名前が刻まれるほどではなかったと思います。

個人の強さが記録されている猛将と言えば、秦国を滅ぼした覇王「項羽」や、三国志の英雄「呂布」などが有名です。しかし、蒙武が猛将だったなんて聞いたことがありません。

王翦の副将として戦っているということは、それだけ「軍」を扱うことに長けた将軍だったのでしょうけれども・・・。自ら先陣をきる猛将だったわけではないと思います。


スポンサーリンク

蒙武の最期

蒙武はどのような最期を遂げるのでしょうか?

結論から言えば、記録が残っていませんのでわかりません。

ただ、おそらく「戦死」はしていないと思います。「病死」または「寿命」で亡くなったのではないでしょうか?

蒙武が、もし戦争で亡くなったのなら、その事実が歴史書に記されているはず。

おそらく、天下統一を成し遂げた後、病没したのではないでしょうか。


スポンサーリンク

二人の息子「蒙恬」「蒙毅」の最期!宦官・趙高の罠

蒙武には二人の子供がいました。「蒙恬」と「蒙毅」です。

「蒙恬」は当初、文官として秦国で働いていましたが、李信の「楚攻略戦」で副将に抜擢。李信とともに「項燕」将軍に大敗しています。その後、蒙恬は将軍に任命され、李信・王賁とともに、「斉」攻略を成功させて、秦国による天下統一に貢献しています。弟「蒙毅」はというと、裁判をつかさどる役人として活躍していたようですね。

「宦官」・・・・王が生活する後宮で働く男性たち・・。王の愛妾たちと悪事を犯さないように、男性機能を喪失させられた者たち。その宦官の一人で始皇帝お気に入りの「趙高」という人物がいました。

始皇帝は「紀元前210年」・・・巡幸先で急遽亡くなりました。これにより、後継者として指名されたのが長男「扶蘇」・・・。しかし趙高は、自らが出世するために、自分と親しい始皇帝の末子「胡亥」を皇帝にするため、始皇帝の遺言を改ざん。

この時、始皇帝の長男「扶蘇」は、「蒙恬」とともに「万里の長城」でモンゴル軍相手に防衛を任されていたのですが、趙高はこの「扶蘇」と「蒙恬」に対して、始皇帝の命令と偽って「服毒自殺」するように命じます。

扶蘇はあっけなく自決。蒙恬は「なぜ私が死ななくてはならないのか?」と自問したのち、

「私は万里の長城をつくって、地脈を絶ってしまった・・。それが罪なのだろう」

と言って自決しました。

弟の「蒙毅」は?というと・・・・実は、弟の蒙毅・・・趙高と仲が悪かったのです。かつて裁判所で働いていた蒙毅は、罪を犯した趙高を処刑しようとしました。しかし始皇帝が、働き者で勤勉な趙高に目をかけて、特別に助けていたのです。

自分を処刑しようとした蒙毅を、趙高は恨み続けました。そして、始皇帝が亡くなったのち、絶大な権力を握るようになった趙高は、蒙毅を処刑。

名将「蒙恬」と、その弟「蒙毅」は、ともに奸臣「趙高」の罠にかかって亡くなってしまうのです。

キングダムにも、「趙高」は少しだけ登場していましたが・・・・まさかその趙高が、「秦帝国」を滅亡させるとは・・・おそらく始皇帝も扶蘇も蒙恬も・・・当時誰も気が付かなかったことでしょうね。

 

先日・・・所属事務所「オフィス北野」を退所した「ビートたけし」さんが言っていました。

「一番裏切るやつは、一番よく働くやつ」

趙高も、とてつもない働き者だったため、始皇帝から目をかけられて、蒙毅の死刑判決を逃れた人物です。たけしさんの言葉が的を射ていることが、歴史によって証明されているのかもしれません。


スポンサーリンク

『蒙武』についてレビュー(評論)

キングダムで「中華最強」を目指す猛将として描かれている武将「蒙武」

個人的な予測で恐れ入りますが、史実上、蒙武は「武将」ではなく「文官」・・つまり事務的なお仕事を得意としていた「官僚」だったのではないでしょうか。

そう考える理由は2つあります。

1つは「蒙武の武将としての活躍が、とても少ない」こと・・・。もともと地方の長官で、一時的に将軍として活躍した「」や「蒙恬」の武功もまた、蒙武と同じように少ないのです。

2つ目は、「蒙武の二人の息子たちが、ともに文官として活躍している」ということ。蒙武の父「蒙驁」は、かなりの実績を残した名将でしたが、息子たち二人は共に文官として活躍しています。おそらく蒙武も、父親に似ず、文官として仕事をしていたお方なのではないでしょうか。

中華最強を口癖に、大きな鉄棒を振り回して戦う「キングダム」の「蒙武」。しかし実際には、それほど筋骨隆々たる武人ではなかったのかもしれません。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・蒙武は王翦とともに「楚」を滅ぼした人物

・史実において、どのような最期を遂げたかは不明だが、おそらく「病死」だろう

・息子たち「蒙恬」と「蒙毅」は、宦官「趙高」により命を落とした

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


キングダム」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「キングダム・ラスボスはあの男!王翦・李牧をも上回る戦神・昭王の孫」の記事はコチラ
「【キングダム】蒙恬の嫁は誰?世界遺産・万里の長城は彼が建造した物」の記事はコチラ
「【キングダム】六大将軍をwiki風に解説!史実で六将は実在した?」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る