【キングダム】昌文君が裏切り?史実では驚きの死に方(最期)をしていた

人気漫画「キングダム」に登場する元武将の文官「昌文君」

その「昌文君」が裏切る??

史実での「昌文君」の活躍と最期を、この記事で簡単に解説いたします!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・昌文君は、秦王「嬴政」に仕えた文官。生涯に渡り、始皇帝を支え続けた

・昌文君は、秦王を裏切ることはなかった

・最期は、戦死することもなく静かに亡くなった。おそらく病死か老衰


昌文君・その功績とは?

昌文君・・・・人気漫画「キングダム」にも登場し、序盤の「成蟜の乱」においてただ一人、「秦王・嬴政」に味方した人物。

物語上で昌文君は、後に「左丞相」という大臣に就任していました。

史実における「昌文君」の功績

昌文君の功績を短く解説いたします。

・秦国の相国(最高位の大臣)を務めた

・「嫪毐(ろうあい)の乱」を「昌平君」とともに鎮圧した

秦国の相国を務めた昌文君・・・かなり地味な人物らしく、記録がそれほど残っていません。

昌文君が始皇帝を裏切った?

「昌文君」が「始皇帝」を裏切った・・・・なんていう噂がネット上でされているようです。

しかし、それは間違い

「昭王」・・・・・・・始皇帝の曽祖父であり、人気漫画「キングダム」では「戦神」の異名を持つ人物

その「昭王」の孫「昌平君」は、楚国の王「考烈王」の息子でもありました。

この関係から、昌平君は秦を裏切り、「項燕」とともに秦国に対抗。最期は王翦蒙武に滅ぼされます。

おそらく「昌君が裏切った」という事実を、「昌君が裏切った」と勘違いしたのでしょう。


スポンサーリンク

昌文君の最期

紀元前226年、「昌文君」は亡くなります。戦死ではなく、老衰か又は病死でしょう。

この年は、秦国の「李信」将軍が、始皇帝暗殺を目論んだ燕国の太子「丹」を討ち取った年です。

それまで静かに秦国に仕えた昌文君・・・おそらく後方支援や内政が主な仕事だったのでしょう。それほど目立たず、最期は静かに亡くなっています。

『昌文君』について、レビュー(評論)!

「昌文君」・・・・キングダムにおいて、昌文君は歴戦の武将であり、前線から引退した後は、秦王・嬴政の相談役のような役割をしながら、大臣の最高位「丞相(相国)」を目指す・・・という役になっています。

しかし、史実における昌平君は、戦場とは無縁の、いわば「官僚」だったのではないでしょうか。

最終的に「相国」となっていますので、退役軍人ではなく、生粋の役人だった可能性が高いとおもいます。

「嫪毐(ろうあい)の乱」を昌平君とともに鎮圧していますが、実際に昌文君・昌平君が前線で戦ったわけではないでしょうし・・・。

あんまり目立っていない人物ですから、「キングダム」の作者も、脚色しやすかったのではないでしょうか。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・昌文君とは、秦王・嬴政に仕えた「相国(大臣)」

・昌文君は裏切りは犯していない。裏切ったのは「昌平君」

・昌文君は、紀元前226年に亡くなっているが、戦死ではないと考えられる

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする