【項燕とは】信を倒した覇王の祖父!【呪われた予言】と壮絶な最期

人気漫画「キングダム」の主人公「信」がボロ負けした「楚国」の名将「項燕」

項燕の壮絶な最期を、この記事でご紹介いたします。

項燕大将軍が残した「呪われた予言」と、予言の結末とは・・・・


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・項燕とは、秦国の「李信」「蒙恬」を撃破した、趙国「李牧」と並ぶ名将

・「李信」には勝利したが、「王翦」に大敗した

・「秦国」への「呪いの予言」を残し、その予言は孫「項羽」に託された


項燕の功績

春秋戦国時代末期、楚国の名将「項燕」

その功績とは何なのかを解説したいと思います。

『項燕』の功績

項燕の功績を短く解説いたします。

・秦国の将軍「李信」と「蒙恬」を撃破し、秦国の攻撃を一時的にでも防いだ

・息子「項梁」と、その甥で項燕の孫「項羽」を残し、楚国復興の芽を残した

項燕・・・秦国滅亡の第一歩目となる「陳勝・呉広の乱」において、打倒秦国の象徴となった名将です。


スポンサーリンク

李信と蒙恬を撃破!王翦に大敗

項燕と秦国の攻防について解説いたします。

秦国の将軍「李信」「蒙恬」を撃破

紀元前225年、それまで「韓」「趙」「魏」を滅ぼし、「燕」を滅亡寸前まで追い込んでいた「秦国」は、最大のライバル「楚」への侵攻を開始。

秦軍20万を率いていたのは、人気漫画「キングダム」の主人公「信」こと「李信」将軍と、「蒙恬」将軍。

「楚国を亡ぼすには、秦国の全軍60万が必要」

と主張した秦国の名将「王翦」の主張は通らず、20万で十分と主張した「信」が総大将に就任。

項燕は、若い「李信」や「蒙恬」の軍を撃破。生きて帰れたものはほとんどいないほど、「信」は項燕に大敗したのでした。

秦国の名将「王翦」に大敗

「信」が大敗した翌年、紀元前224年、今度は王翦が60万という大軍団を率いて楚国へ侵攻。

項燕はこれを迎撃しますが、王翦は項燕との直接対決を避け、防御を固めて一向に動かず。まるで趙国が誇る「守戦の名将・李牧」を真似したかのような戦い方をします。

「正をもって合し、奇をもって勝つ」

(戦いはまず正攻法で相対し、次に奇策をもって勝利を決するものだ)

これは「孫子の兵法」における名言ですが、王翦はこの孫子の教えに従い、まずは正攻法で項燕と相対するものの、防御を固めて絶対に負けない体制をつくります。その後、項燕に隙が生まれるとすかさず奇襲をかけて楚軍を撃破。

項燕は王翦との戦いに敗北。

紀元前223年、楚の首都「陳」が陥落し、楚王「負芻(ふすう)」は捕らえられます。


スポンサーリンク

「昌平君」を招いて抵抗

楚王「負芻」を捕らえられた項燕は、一人の王族を楚王に迎え入れて、秦国に対抗します。

昌平君」・・・・秦国で楚国の人質として生活し、後に秦国で出世し、「相国」という最高位の大臣にまで上り詰めた秀才。

楚の考烈王と、秦の昭襄王の娘・・・その間に生まれたのが「昌平君」でした。

楚と秦・・・両国の王家の血を継いだ秀才「昌平君」・・・・それまで尽くし続けた秦国を敵に回す決断をした理由・・・・それはもしかしたら、自らと同じく「人質」という身分から、天下統一を成し遂げようとしている秦王「嬴政」への対抗心・嫉妬心からだったのかもしれません。

最期

紀元前223年、秦将「王翦」は、「蒙恬」の父「蒙武」を従えて、項燕と再び対決。

項燕は、江南に存在していた「越」の軍を味方に引き入れて対抗。

しかし、所詮は寄せ集めの軍・・・・名将・王翦には勝てず、項燕は大敗します。

「蘄(き)の戦い」・・・・項燕はこの戦いで、壮絶な戦闘を繰り広げた後に、命を落とします。昌平君もまた、楚国復興を果たせずに命を落としたのでした。


スポンサーリンク

最期に残した【呪われた予言】

史実を見てみると、楚国が滅亡し、項燕が亡くなった「紀元前223年」から、わずか17年後の「紀元前206年」に、「秦国」は滅亡しています。

これには、項燕が残した「呪われた予言」が関係しているのです。

「たとえ三戸となっても、秦を亡ぼすは楚なり」

(たとえ楚の人間がたった三戸しかいなくなっても、楚は必ず秦国を亡ぼすだろう)

これは、「何があっても、どんなことをしてでも、楚は秦を滅ぼして見せる」、という項燕の怨念にも似た予言でした。

諸説あるものの、項燕は「蘄(き)の戦い」において戦死する直前、この言葉を放ったとされています。

「秦を亡ぼすは楚」

この「呪われた予言」のため、楚の滅亡後、項燕は楚国復興の象徴のように英雄視されることとなります。

紀元前209年、天下統一を成し遂げた秦を、滅亡寸前にまで追い込んだ「陳勝呉広の乱」・・・この反乱を起こした首謀者の一人「呉広」は、反乱の正当性を主張するためか、自ら「項燕」を名乗ります。それほど項燕は楚の人間にとって特別な存在だったのです。(陳勝は、始皇帝の長男・扶蘇を名乗りました)

「陳勝呉広の乱」は、秦の将軍「章邯」によって鎮圧されますが、この乱をきっかけにして、項燕の予言は実現へ向けて動き出します。

陳勝呉広の乱をきっかけとした争乱に立ち上がり、「覇王」を名乗った項燕の孫「項羽」・・・この項羽によって秦は滅亡するのでした。


スポンサーリンク

予言を実現した項燕の孫・覇王「項羽」の一生

項燕の末子「項梁」は、自らの甥「項羽(おそらくキングダムでは、「項翼」の息子という設定)」とともに、陳勝呉広の乱をきっかけにして挙兵。

「項梁」は、秦の将軍「章邯」を相手に敗死するものの、項羽は後の前漢皇帝「劉邦」と協力して「秦国」を滅亡させ。

「阿房宮(あぼうきゅう)」・・・・始皇帝が秦の首都「咸陽」に建設していた大宮殿

項羽はこの「阿房宮」に火をつけ、3か月も燃え続けたと言われています。それほど、項羽は徹底的に秦を蹂躙します。祖父「項燕」の恨みを晴らすために。

項羽は秦を滅ぼしたのち、自ら「西楚の覇王」を名乗り、天下を統一しようとしますが、かつての盟友「劉邦」と対立し、「楚漢戦争」が勃発。

この「楚漢戦争」に敗北した項羽は、「四面楚歌」「抜山蓋世」ということわざの基となった「垓下の戦い」で滅びます。

「劉邦に負けたのではない。

天が私を滅ぼすのだ」

生涯70以上の戦いすべてに勝利してきた覇王「項羽」・・・祖父「項燕」と同じく、志を遂げられぬままに31歳の若さで滅びたのでした。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・項燕は「李信」「蒙恬」率いる秦軍を撃破し、楚国の滅亡を一時的にでも食い止めた

・秦国の相国「昌平君」を王に迎えて秦国に抵抗するも、王翦・蒙武に大敗

・「三戸となっても秦を亡ぼすは楚」という予言を残した項燕。その予言は項燕の孫「項羽」によって実現されることとなる

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


キングダム」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする