【キングダム】六大将軍をwiki風に解説!史実で六将は実在した?

マンガ「キングダム」に登場する「昭王に仕えた名将たち・六大将軍」

「六大将軍」をWikipedia風に解説致します。

そもそも「六大将軍」は、実在したのか?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと
・六大将軍とは「白起」「司馬錯」「王齕」「王齕」「摎」「王騎」

・六大将軍も三大天も、実在はしない

・白起は、昭王に自刃させられた


六大将軍とは?

マンガ「キングダム」に登場する「秦国・六大将軍」

「戦神」と呼ばれた秦国王「昭王(昭襄王)」と、堅い信頼関係で結ばれた六人の将。

白起」「司馬錯」「胡昜」「王齕」「摎」「王騎」

彼らはその圧倒的な強さと、昭王への絶対的な忠誠心から「開戦の自由」という特権を与えられて、六国を相手に暴れまわっていたとのこと。

「戦争を自由に始められる権利」・・・織田信長が、家来の「明智光秀・柴田勝家・羽柴秀吉・滝川一益」の4名に軍を預け、今で言う「方面軍」のような扱いをしていたとのことですが、それに近い形だったのでしょう。

将軍に軍を与え、戦争の自由という権利を与えることは、「謀反」を起こされるリスクが高かったですが、「絶対的な信頼関係」を構築していた「六大将軍」と「昭王」だからこそ、六大将軍の制度は可能だったのだとか。

長平の戦いで45万人を生き埋めにした「白起

史実上では、蜀を征服して秦国を肥大化させた「司馬錯

昌平君の師にして天才策士「胡昜

六大将軍随一の怪力「王齕」(汗明に敗北し負傷)

昭王の娘にして王騎の婚約者「」(龐煖の刃に倒れる)

最後まで生き残った秦の怪鳥「王騎」(李牧の策に落ち、龐煖に敗れる)

カッコ内には、マンガ「キングダム」での最期や経歴を記しました。


スポンサーリンク

史実で「六大将軍」「三大天」は実在したのか?

史実において「六大将軍」は実在していません。

ただ、「白起」達6名の将は実在していました。

とはいえ、例えば「王齕」と「王騎」は同一人物だった説・・・・など、不確かな部分も残っています。

「六大将軍」という地位が存在していなかったことは確かです。

「三国志」における蜀国の「五虎大将軍」や魏国「五大将軍(朱霊を含め六大将軍)」など、物語に登場する人物に箔をつけるための創作。

ちなみにマンガ「キングダム」には、「趙国・三大天」なる将軍たちが登場し「藺相如・廉頗・趙奢」が任命されていた事になってます。

この三人が趙国にいる間、秦国は趙国に手出しできなかったというのは、史実にも語られていますし、三人が趙国で最も高い地位にいたことも確かです。

しかし「三大天」という位が存在していたわけではありません。

そもそも「藺相如」は宰相・政治家であって、将軍ではありませんしね。


スポンサーリンク

空前絶後の名将「白起」

他の5名と一緒に、六大将軍と一括りにすべきでない人物が一人います。

「白起」

実は白起は「昭王の命令で自害」させられているのです。

この白起、生涯において100万人近い敵兵を葬った、中国史上でもトップクラスの名将。

同じ時代を生きていた中山国・燕国の「楽毅」とよく比べられますが、残した功績としては、前人未到と言っても良いほどでしょう。


・紀元前294年、「韓」を攻撃・・・・・・「韓の新城を制圧」

・紀元前293年、「韓」「魏」を攻撃・・・「敵兵24万人を殺害・5城を制圧」【伊闕(いけつ)の戦い

・紀元前292年、「魏」を攻撃・・・・・・「61城を制圧」

・紀元前278年、「楚」を攻撃・・・・・・「楚国の首都・郢を制圧」【鄢郢(えんてい)の戦い

・紀元前273年、「魏」を攻撃・・・・・・「三晋(魏・趙・韓)の兵士13万人殺害」【華陽の戦い

・紀元前273年、「趙」を攻撃・・・・・・「2万人を溺死させる」

・紀元前264年、「韓」を攻撃・・・・・・「敵兵5万人を殺害・5城を制圧」【陘城(けいじょう)の戦い

・紀元前260年、「趙」と戦闘・・・・・・「45万人を生き埋めにし殺害」【長平の戦い

・紀元前257年、宰相・范雎の罠により、昭王から自害を命令され自刃。


上に記した分だけでも、白起が生涯に葬った敵兵の数は、89万人。実際にはもっと多いでしょう。

攻め落とした城の数は、実に「71」


スポンサーリンク

白起が自害した理由

紀元前260年、長平の戦いで趙軍45万を倒した白起。

その勢いのまま、趙の首都「邯鄲」へ進軍しようとしました。

しかし秦国の宰相「范雎」は、白起の圧倒的な功績を妬み、趙国と勝手に講和。

翌年、秦国は「王陵」という将軍に命令して、再び「邯鄲」を包囲。

更に翌年、「王齕」将軍に交代させましたが、魏の信陵君・楚の春申君が、趙国の援軍に駆けつけたため、敗北。

昭王と范雎は、敗北に焦って白起を出陣させようとしますが、范雎を嫌っていた白起は仮病で出陣を拒絶。

白起は、いま自分が出陣しても、援軍を得た趙国を滅ぼすことは出来ない、と知っていたのです。

しかし、それを知らない昭王は、命令に従わない白起に怒り、身分を庶民へと落とし、更には自害を命令。

白起は「長平の戦い」で多くの敵兵を殺害したことを悔やみながら、自害したと言われています。

ちなみに、同じ時代を生きた名将「楽毅」は、同じく王様から疑いをかけられましたが、逃亡したため生きながらえました。

そのため、白起と楽毅はよく比べられ、楽毅のほうが当時から人気があったようです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・六大将軍「白起」「司馬錯」「王齕」「胡昜」「摎」「王騎」は、戦争を自由に開始できる権限を持っていたらしい。

・史実上、六大将軍も三大天も、存在していない

・白起は生涯に89万もの敵兵を殺害した将だが、昭王により死を命じられた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする