方広寺鐘銘事件をわかりやすく解説!家康の言いがかりの理由と読み方

京都には、「奈良の大仏」や「鎌倉の大仏」よりも巨大な大仏があった!

その大仏があったお寺「方広寺」は、あの豊臣家滅亡のきっかけとなった「方広寺鐘銘事件」の現場・・・

後世「家康の言いがかり」と言われた「呪詛の言葉」・・・実は言いがかりではなかった?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・方広寺の鐘には「国家安康(こっかあんこう)」「君臣豊楽(くんしんほうらく)」と刻まれている

・この「方広寺鐘銘事件」をきっかけに豊臣家の家老「片桐且元」は襲撃され、「大坂の陣」が勃発した

・「方広寺鐘銘事件」は、後世「徳川家康の言いがかり」「家康への呪い」などと言われているが、実は「言いがかり」ではなく、家康に対してとてもとても失礼なものだった


方広寺の鐘に刻まれた「呪いの言葉」の読み方

方広寺鐘銘事件・・・。

実は、「鎌倉」「奈良・東大寺」のほかに、当時の日本にはもう一つ巨大な「大仏」が存在していました。

京都「方広寺」

豊臣秀吉亡き後、豊臣家が長い年月をかけて建立した「方広寺」の大仏。

この方広寺に納める「鐘」に刻まれた文字が、豊臣家を滅ぼすきっかけとなったわけですが・・・その文章の内容はどんなものだったのか?

「国」「君臣豊楽」

こっかあんこう」「くんしんほうらく

と読むのですが・・・この意味は


スポンサーリンク

「国家が平和であらんことを」と祈り、「君主も臣民も、ともに豊かなることを楽しもう」となります。

徳川家康」の「家康」という文字を、「安」という文字を間に入れることで2つに引き裂いて、家康を呪い、「豊臣」という文字を逆にし呪詛返しをした・・・。

また「君臣豊楽」には「豊臣家を君主とする」という願いが込められていると、言われているようです。

この「国家安康・君臣豊楽」が刻まれた「鐘」は、京都駅近くの「方広寺」に存在しています。

ちなみに方広寺にあった大仏は、度重なる失火で失われ、結局「通貨」をつくる材料とされてしまいました。


スポンサーリンク

「方広寺鐘銘事件」とは何か?

方広寺鐘銘事件とは、どういう事件なのか?

この「国家安康・君臣豊楽」と、方広寺の鐘に記されていることを知った家康が激怒。

豊臣家は、徳川家康を呪い殺そうとしている・・・と疑われた事件のこと・・・。

実は、家康はこの「方広寺鐘銘事件」を一度許しています。

大蔵卿局という淀殿(豊臣秀頼の母)の乳母が駿府城へ事情を説明に行ったのですが、家康はこの大蔵卿局へ、許す旨を伝えているのです。

しかし、徳川家とのパイプ役だった豊臣家家老・片桐且元が、「方広寺鐘銘事件」によって亀裂が生じた徳川家との関係修復のために「3つの案」を淀殿と豊臣秀頼に進言

「秀頼の大阪城退去」

「秀頼の江戸への引っ越し」

「淀殿の江戸への人質」

これを淀殿と豊臣秀頼は、全て拒絶。

これらの案を出してきたパイプ役・片桐且元を、豊臣秀頼は「家康と内通し裏切っている」とみなし、片桐且元を襲撃。

片桐且元は逃亡し、家康に助けを求めました。

パイプ役・片桐且元を襲撃したことを、家康は『宣戦布告』とみなして、豊臣家と開戦。

豊臣家は徳川家を相手に、開戦の準備を整え、「真田幸村」「毛利勝永」「後藤又兵衛」「長宗我部盛親」などの浪人達を招き入れて「大坂の陣」が勃発するのです。

つまり「方広寺鐘銘事件」は、直接的な開戦の原因ではなく、それに伴う「片桐且元・襲撃」が開戦のきっかけとなった・・というわけです。


スポンサーリンク

実は「言いがかり」じゃなかった

「国家安康」「君臣豊楽」・・・「方広寺鐘銘事件」

後世において「家康は、豊臣家を滅ぼすために、ひどい言いがかりをつけた」と言われていました。

しかし、実はこの「国家安康」という文字は、実際に非礼であり、不吉なものなのです。

どういうことなのか?

国家安康・・・。

「家康」という名前・・・現代における名前とは異なり、「諱(いみな)」と呼ばれるもの。

「諱」とは、親族や偉い主君にしか呼ばれることが許されない、特別な名前のこと。

一般的に「諱」は、他人に知られることが許されない「家庭用・上司用」のプライベートな名前なのです。

例えば「織田信長」は、普段は「三郎」「上総介」「尾張守」などと名乗り・・徳川家康もまた「三河守」などの官位で呼ばれていました。

豊臣秀吉なら、家康の主君ですから、呼び捨てで「家康」と呼ぶことがあったでしょう。

しかし「方広寺鐘銘事件」が発生した1615年・・・・徳川家と豊臣家の君臣の立場は逆転していました。

1611年、二条城での家康と秀頼の対面で、秀頼は家康に臣従したと考えられています。

豊臣家が「家康」と呼び捨てにすることは、とても非礼なことだったのです。

当時の臨済宗・五山の高僧たちは、この「国家安康」について、以下のように意見しています。

「呪いとまでは言わないが、諱を分断したことはまずいことだ」

苗字を使った「君臣豊楽」と、諱を分断した「国家安康」では、失礼の度合いが異なるのです。

例えば「国」や「国」などという文字が「信長」や「秀吉」の目に止まっていたら、信長も秀吉も激怒していたでしょう。

たとえ「呪い」でなくても、「家康」という諱を使うという失礼・・・。

しかも家康は、弁明に来た「大蔵卿局」を一応許しています・・・。

「狡猾な家康の言いがかり」というのは、後世の勘違い・・・又は創作なのでしょう。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・方広寺の鐘には、「国家安康」「君臣豊楽」と刻まれている

・「方広寺鐘銘事件」とは、家康の諱を分断した文字を兼ねに刻みつけたことで、大阪の陣勃発のきっかけとなった事件

・この「方広寺鐘銘事件」は、後世の言いがかりと言われているが、実は言いがかりではなく、非常に失礼なこと

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る