【信陵君とは】その生涯と最期!漫画キングダムに登場した悲しき名将

春秋戦国時代のチャイナ、始皇帝が即位する前の最強国「秦」を苦しめた4人の名将たち「戦国四君」の一人、魏の「信陵君」。

その信陵君について、わかりやすく解説いたします。

人気漫画「キングダム」に登場する魏将「呉慶」を保護したという「信陵君」。

悲しい死に方をしていた。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・戦国四君の一人「魏」の「信陵君」。魏の王様の弟で、秦国を苦しめた名将だった

・「長平の戦い」で大敗北した「趙」を助け、秦国の関所「函谷関」を攻撃し、最期は兄である王に嫌われて、絶望して亡くなった

・信陵君がいなかったら、趙国の名将「李牧」は登場しなかったかもしれないし、秦の名将「白起」は死ななかったかもしれない


《「キングダム」の火龍「呉慶」を保護した「信陵君」!史実では、何をした人なの?》

人気漫画「キングダム」に「呉慶」という将軍が登場します。

「魏」の名将で、「魏火龍七師」という7名の猛将の一人。元々は小国の王子だったとのことですが、国が滅びて「信陵君」に保護されたのだとか。

「信陵君」・・・「キングダム」にも名前だけ登場します。

信陵君の本名は「魏無忌(ぎむき)」・・・・「魏」の王様の弟にして、天下統一を目指す最強国「秦」の侵略を食い止めた名将・大政治家。特に「長平の戦い」で「45万」の軍を虐殺された「趙国」を、滅亡の危機から救った功績が大きいです。

「戦国四君」・・・・最強国「秦」を苦しめた4人の「名将」たち。

「斉」の「孟嘗君」、「魏」の「信陵君」、「趙」の「平原君」、「楚」の「春申君」の4名のことです。

個人的な見解ですが、「斉」の「孟嘗君」を除けば、「信陵君」が最も優れた人物でしょう。


スポンサーリンク

 

『信陵君』の功績とは?

「信陵君」の功績を短く解説いたします。

・長平の戦いで名将「白起」に大敗した趙国を救援し、滅亡の危機から救った

・秦国の防衛拠点・函谷関で、合従軍(連合軍)を率い、最強・秦の軍を撃破した

信陵君・・・後の前漢皇帝「劉邦」も尊敬した人物。「戦国四君」は、全員「食客(用心棒)」を三千人以上養っていたことで有名です。信陵君の食客の中には後に「趙国」の王となった「張耳」もいました。


スポンサーリンク

《生涯と最期》

春秋戦国時代、魏で「安釐王(あんきおう)」が即位。その弟「魏無忌」も領地を与えられ「信陵君」と名乗ることとなりました。

安釐王は、信陵君と囲碁で勝負している最中、隣国「趙」から軍が接近してきて大慌てになります。しかし泰然自若とした「信陵君」は「趙王が狩りをしているだけ」と、兄を安心させたのでした。優れた情報網を持っていた信陵君は、この時「趙王」が狩りを行う予定であったことを知っていたのです・・・その力と知略に恐れを抱いた「安釐王」は、弟を政治から遠ざけます。

紀元前257年、魏の隣国「趙」が、最強国「秦」に、首都「邯鄲」を包囲されます。この3年前、趙国は秦の名将「白起」に「長平の戦い」で大敗し、「45万」の軍を虐殺されていたため、国力が低下していたのです。

趙王の弟にして「戦国四君」の一人「平原君」は、妻の弟であった「信陵君」に援軍要請。しかし「安釐王」は秦を恐れて援軍を出さず。覚悟を決めた信陵君は、魏の武将を殺害して軍権を奪い、単独で趙へ出撃。楚の「春申君」らの協力もあり、見事に秦軍を撃破。

魏の将軍を殺害したため「安釐王」に憎まれた「信陵君」は「趙」に滞在。ところが秦国の圧迫を受けた「安釐王」に再び呼び戻されることとなります。

秦国の防衛拠点にして堅城「函谷関」・・・秦国に反撃を開始した信陵君は、魏や趙などの5か国連合軍(合従軍)を率いて「函谷関」で、「蒙驁(蒙武の父・蒙恬の祖父)」や「王齕」を撃破。

しかしこの秦国への猛攻が、かえって信陵君の人生を狂わせることとなります。

名将・信陵君を恐れた「秦」は、諜報活動を開始。「信陵君が、兄・安釐王を殺して、王位を奪おうとしている」と噂を広めます。これに恐れをなした「安釐王」は、信陵君を政治の中枢から排除。

これに絶望した「信陵君」は酒におぼれる日々を過ごすこととなるのでした。

紀元前244年「安釐王」が他界。同年「信陵君」も他界。

息子「魏無知」は前漢皇帝「劉邦」に仕え、天才軍師「陳平」を進めるという功績を残しています。


スポンサーリンク

《信陵君・・・名将「李牧」と「白起」の運命を変えた男》

信陵君・・・秦国の名将「白起」と、後の趙国の名将「李牧」の運命を変えた・・・と言っていいかもしれません。

「白起」

紀元前257年の「邯鄲包囲戦」。秦の昭襄王(始皇帝の曾祖父)は、名将「白起」に総大将を命じますが、白起はこれを固辞。なぜなら、この3年前の「長平の戦い」で勝利した白起を、昭襄王は突然「更迭」していたのです。これに怒った白起は、昭襄王の命令をきかなくなった・・・というわけです。

その結果、「信陵君」「平原君」「春申君」を相手にした秦の「邯鄲包囲軍」は壊滅。邯鄲攻略は失敗に終わります。

起こった「昭襄王」は、白起に「自殺」を命令。白起は自決してしまいます。

もしも「信陵君」が、趙への援軍を断っていたら、おそらく「邯鄲」は落城し、趙国は滅びていたでしょう。趙国が滅びていたら「白起」は死なずに済み、さらなる活躍をしていたかもしれません。

そうなったら秦国は、始皇帝の誕生を待たず、「昭襄王」の時代に天下統一を果たしていたかもしれません。「白起」とは、それほどの名将だったのです。


スポンサーリンク

「李牧」

白起が死なずに済んでいたら、後の名将「李牧」の運命も変わっていたでしょう。

元々は「雁門関」という対モンゴル騎馬部族との防衛長官だった「李牧」。秦国の猛攻に苦しんだ「悼襄王」が、大将軍に任命。その息子「幽穆王」からは秦の名将「白起」になぞらえて「我が白起」と呼ばれていたほどの名将でした。

始皇帝率いる「秦軍」の猛攻をなども跳ね返し、楚の「項燕」と並んで秦国を苦しめた名将として、李牧は歴史に名を刻んでいます。

しかし、もしも信陵君が「趙」を助けていなかったら、趙国は滅びて、李牧が世に名を知られることはなかったでしょう。


スポンサーリンク

《『信陵君』について、レビュー(評論)!》

信陵君・・・・個人的には「斉」の「孟嘗君」に次いで、「戦国四君」の中では優れた人物だったと思います。

「趙」の「平原君」は、「長平の戦い」に積極的で、45万の趙軍を失うきっかけをつくったため、汚点を残しました。

「楚」の「春申君」は、自らの子を王にしようと画策し暗殺され、歴史家「司馬遷」から「春申君老いたり」と酷評されています。

最期は酒におぼれて亡くなった「信陵君」も、個人的には「老いたり」と言いたくなる最期です。

祖国「斉」の王様に疎まれたため「魏」へ亡命した「孟嘗君」を見習い、「信陵君」も他国へ亡命すればよかったのです。

亡命先として「趙」ならば、信陵君を快く受け入れたはず。それを「酒」の飲みすぎで亡くなるとは・・・・「晩節を汚す」結果となったことに同情の余地があるとは思えません。

しかし、信陵君の残した功績はさすがです。

信陵君がいなかったら、趙国は滅びて秦国の国力は益々増強。名将「白起」が復帰していたら、その神がかり的な采配で「魏」や「韓」はあっという間に滅亡していたはず。

ところが信陵君が趙を救い、それが原因で「白起」が亡くなったため、秦による天下統一は「始皇帝」の時代「紀元前221年」を待たなくてはなりません。

そのように考えると、信陵君はまさに「秦国の天下統一を数十年遅らせた名将」と言えるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・「信陵君」とは「戦国四君」の一人にして、「秦国」の天下統一を遅らせた名将

・信陵君がいなかったら、「白起」も「李牧」も、その運命は変わっていた

・信陵君・・・最期はあまりにも無残な最期だった・・・。孟嘗君を見習うべきだった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「始皇帝の墓には水銀の海が!内部には生き埋めにされた数百のご遺体も」の記事はコチラ
「羌瘣が信と子作り宣言!史実で二人は結婚してるのか?」の記事はコチラ
「李信の最後は悲惨?嫁が超大物で子孫が王様になったって本当か」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る