【キングダム】王賁の最後は謎だらけ?父親・王翦以上の名将だった!

漫画「キングダム」に登場する秦国の武将「王賁」

「王翦」の息子

父親「王翦」は、春秋戦国時代末期を代表する名将だったが、実は息子「王賁」のほうが名将だった?

「王賁」の最後とはどんなものだった?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・王賁の最期は、おそらく「病死」

・父・王翦にも負けなくらい、王賁は名将だった

・王賁の息子・王離は、歴史家の司馬遷いわく「父と祖父のせいで死んでしまった」らしい


王賁の最期とは?

漫画「キングダム」に登場する「槍術」の達人「王賁」

その最期はいかなるものだったのでしょうか?

王賁の最期

実は王賁の最期は、はっきりとはわかっていません。資料が全くないのです。

秦国は紀元前221年に「斉」を滅ぼして天下統一を成し遂げ、その14年後の紀元前207年に滅亡しています。

「斉」を滅ぼしたのは「王賁」「李信」「蒙恬」であり、紀元前219年に「通武侯」という地位をもらっていることから、その時まで王賁が生きていたことは確かです。

その後、紀元前207年に覇王・項羽が率いる反乱軍の手で秦帝国が滅亡するまで、王賁の名前はでてきません。

王賁ほどの歴戦の名将が、秦帝国滅亡の危機に反乱軍と戦わないなんて考えにくいです。

おそらくですが、紀元前219~207年までの間に「病死」していたのでしょう。


スポンサーリンク

父親「王翦」よりも優れた名将だった?

まずは父親「王翦」が、どれほど優れた将軍だったのかをご紹介致します。

秦を脅かした「3人」の宿敵

秦帝国が統一事業を成し遂げるまでに、大きな障害が「3人」いました。

まずは「趙国・李牧」、マンガ「キングダム」では「趙・三大天」という大将軍の位についている名将として、秦帝国の統一事業を阻む強敵ですね。

次に「燕国太子・丹

秦王・贏政の幼馴染で、後世にまで名を残した暗殺者「荊軻」を送り込み、贏政を暗殺しようとした人物。

最期に「楚国・項燕大将軍

李牧と並び、一時的にでも「秦帝国」の進軍を食い止めた名将です。

王翦・・・名将・項燕を滅ぼす

秦にとって、六国のなかで最強の敵といえば、大国「楚」でした。

楚国の大将軍・項燕は、「李信」と「蒙恬」が率いる20万の大軍団を打ち負かし、敗退させた名将。

その項燕を滅ぼしたのが「王翦」です。

これにより、秦の天下統一が決定的となったのです。

王賁の功績

王賁の父・王翦は、秦の最大のライバル楚国を滅ぼした功労者。

趙・楚・・・李牧・項燕というライバルを倒した王翦は名将ですが、王賁も負けていません。

王賁は、「魏」「燕」「代(趙国滅亡後、趙国の太子嘉が起こした亡命政府)」「斉」と、合計で4カ国を滅ぼしています。

父・王翦の倍の敵国を滅ぼしているのですから、父親にも劣らない活躍ぶりと言えます。


スポンサーリンク

息子「王離」は、祖父・父の呪いで亡くなった?

王賁の息子「王離」は、紀元前207年、秦国に対して反乱を起こした「項燕大将軍の孫・項羽」に「鉅鹿の戦い」で敗れ、捕虜となっています。

その後の消息は不明ですが、生きているとは思えません。

王離の祖父・王翦は、項羽の祖父「項燕」を殺害しているのだから、その因果で項羽に処刑されたでしょう。

王離が亡くなった理由について、大歴史家「司馬遷」が、著作である「史記」の「白起王翦列伝」で、こう言っています。

「王賁の父・王翦は、六国を滅ぼした。

始皇帝も、王翦を師匠として扱った。

にもかかわらず、王翦は始皇帝を補佐して、秦国を盤石なものとする政治を行わず、ただただ始皇帝のご機嫌を伺うのみで、ついにそのまま亡くなった。

孫の王離が、項羽の手で殺されたのは、このことと無関係ではない。

王翦が秦国の土台をしっかりとつくっていたら、王離は反乱軍によって殺害されずに済んだ」

これは暗に「王賁も秦国の土台作りを怠った」と示唆していると考えられます。

偉業を成し遂げた父と祖父・・・しかし、その二人の「怠慢」から、王離は亡くなったのだと、司馬遷は考えていたみたいです。

まぁ、項羽の祖父を殺害したのが、王離の祖父・王翦ですからね。それも「王離」の死の原因だったのでしょう。

まとめ

本日の記事をまとめますと

・王賁の最期は不明だが、おそらく病死だろう

・王賁は、父親の王翦にも負けない功績を残した名将

・王賁の息子・王離は、項羽により殺害されているが、歴史家・司馬遷は「王翦のせいで王離は死んだ」と語っている。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする