【李牧とは】キングダム最強武将の生涯年表!ずば抜けた強さのヒミツ

最強国「秦」の「天下統一」を阻止しようとした趙の名将「李牧」。

その「生涯」と「強さの秘密」を、わかりやすく解説いたします。

「秦の始皇帝による天下統一を阻止した、最強の敵将

悲劇の名将・・・歴史上、屈指の強さを誇る李牧。その強さの秘密は「孫子の兵法」だった


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・李牧とは、最強国「秦」の侵攻から「趙国」を守って戦った武将。通称「守戦の名将」

・李牧は「雁門関(がんもんかん)」という、モンゴルの騎馬民族と対する防衛軍の長官を務め、後に秦国の名将「王翦」たちとたたかうこととなる

・李牧が強かった理由・・それは、「孫子の兵法」の基本を大事にしたから


「李牧」とは何者なのか?「李牧」の功績を解説

趙の名将「李牧」

滅亡寸前の「趙」を、最強国「秦」から守ろうとする悲しき名将

≪李牧≫
『引用元ウィキペディアより』

その生涯について解説していきたいと思います。

李牧の功績

李牧の功績を一言で解説いたします。

・滅亡寸前の趙国を、最強国「秦」から守り、何度も秦国軍を撃破した。

・春秋戦国時代末期、最強・秦の軍を、一時的にでも撃破し、そのうえ秦国の領土を奪い取ったのは「李牧」のみ。

秦国の侵攻を一時的にでも撃退したのは「李牧」と楚国の「項燕」のみ。しかし李牧は項燕の上をいっており、撃退のみならず「領土を奪っている」のです。


スポンサーリンク


簡単年表

年代不明

趙国・北の国境「雁門関」の長官として、匈奴(モンゴル)の騎馬民族を防ぐ防衛長官を務めていた

 

紀元前243年

燕国を攻撃、武遂・方城を攻略

 

紀元前234年

趙の「幽繆王(ゆうぼくおう)」から大将軍に任命される

 

紀元前233年

宜安に侵攻してきた秦の将軍「桓騎」を撃破。かつての秦の名将「白起」になぞらえて「武安君」に任命される(白起は武安君という名の領主に任命されていた)

 

紀元前232年

秦軍が趙国へ侵攻。李牧はこれを撃破し、秦の領土を奪い返した

 

紀元前229年

王翦楊端和羌瘣が趙国へ侵攻。李牧は、趙の将軍「司馬尚」とともに迎撃するが、秦国の策略にハマり、幽繆王に処刑される

 

紀元前228年

李牧が死んだ三ヶ月後、趙国滅亡


スポンサーリンク


李牧の子孫

李牧には三人の子がいたと言われています。

  • 「李汨」
  • 「李弘」
  • 「李鮮」

そして孫もまた三人いました

  • 「李諒」
  • 「李仲車」
  • 李左車

この三人の孫の内「李左車」だけは、有名な2つの「ことわざ」を生む活躍をしています。

秦国が全国統一を成し遂げた15年後、秦国は「楚国」の項燕大将軍の孫「項羽」によって滅ぼされます。

しかしその後、楚の軍団は2つに分裂。「項羽」と「劉邦」という二人が天下を争う「楚漢戦争」が勃発するのです。

劉邦の家来だった大将軍「韓信」は、趙国を攻略。

その時「李左車」は、趙の将軍として戦ったが、韓信に敗北。李左車は捕虜となってしまいます。

韓信は趙国を滅ぼした後、「燕」と「斉」を攻撃しようとしますが、その時「李左車」を参謀に採用して、作戦を尋ねます。

この時「李左車」は、こう言います。

「敗軍の将、兵を語らず」

しかし、韓信は礼を尽くして李左車に頼み込みます。これに感激した李左車は

「智者は千慮に一失が有り、愚者も千慮に一得が有る」

(賢者も千に一つはしくじる。愚者も千に一つは成功する)

と言い、自分の意見が「愚者の意見」であることを前置きした後

「韓信の軍は疲弊著しく、休養が必要」「燕・斉は韓信を恐れている」「趙の戦没者遺族を大切にし、彼らで燕・斉を攻撃する」

という作戦を進言。これに従った韓信は、「燕」を攻略することに成功します。

その後「李左車」は歴史から忽然と姿を消しますが、李左車が残した2つの名言は、その後の日本にも伝えられるほど長く残ることとなります。


スポンサーリンク


生涯年表

李牧の生涯を解説いたします。

対モンゴル軍の司令官として活躍

趙国の李牧・・・当初は趙国の北、国境地帯の防御拠点「雁門」の長官をしていました。(余談だが、雁門とは、映画「ドラゴンブレイド」でジャッキー・チェンが守備していた砦)

その仕事はモンゴルの遊牧民族「匈奴」「林胡」「東胡」などの、いわゆる「北狄」と呼ばれる異民族からの防衛。

後に「チンギス・ハーン」を生み出すモンゴル・・・この頃から「馬」の機動力を活かした戦い方で、趙国を苦しめていたのです。

李牧は徹底的に防御に徹し、これに自信を深めた「匈奴」の猛攻に対して、李牧は伏兵を利用して「10万」の匈奴兵を虐殺。その後「林胡」「東胡」なども撃破し、その後十数年、北の国境は平和を保ったのでした。

対「秦国」との戦い

李牧は趙国の「幽繆王」により将軍に任命され、首都「邯鄲」へ召喚されます。

この時、趙国は最強国「秦」の圧迫を受けて、存亡の危機に立たされていたのです。

背水の陣・・・・・後に名将「項羽」や「韓信」が編み出した戦い方のことですが、趙国はまさに「背水の陣」という状態にあり、王も民も将軍も必死でした。

秦国の軍を「宜安」「番吾」などの地で撃破した李牧。秦から領土を奪い取る快挙を成し遂げます。これに喜んだ「幽繆王」は

「そなたは我が白起なり」

と絶賛し、秦国の名将「白起」と同じ「武安君」に任命し、大将軍とするのでした。


スポンサーリンク


悲劇的な最期

紀元前229年、李牧は、趙国の名将「司馬尚」とともに、秦国の「王翦」「羌瘣(きょうかい)」「楊端和」などの将軍を迎撃します。

李牧は善戦し、秦国軍は苦戦・・・。秦国は作戦を変更。

郭開・・・幽繆王の側近。秦国の謀臣「李斯」と将軍「王翦」は、この奸臣に賄賂を送り、「李牧と司馬尚が謀反を企てている」という噂を幽繆王の耳に入れます。

45万の趙軍が生き埋めとなった「長平の戦い」で、秦国は内部工作により名将「廉頗」を罷免させ、愚将「趙括」に交代させて大勝利をおさめました。その時と全く同じ手を使ったのです。

疑心暗鬼になった幽繆王は、李牧と司馬尚の軍権を剥奪。しかし李牧は、危急存亡の危機であることを理由に命令を無視。これに激怒した幽繆王の手で処刑され、司馬尚は逃亡。

紀元前228年、李牧が亡くなった3ヶ月後、趙国は首都「邯鄲」が陥落し滅亡。

邯鄲で苦しい人質生活を送っていた「始皇帝・嬴政(えいせい)」は、母親と仲が悪かった者たちを粛清、生き埋めにし、帰国。

幽繆王の兄「嘉」が、逃亡して「代」という地で王を名乗りますが、その「代」もまた「王翦」の子「王賁」の手で「紀元前222年」に滅亡します。

その翌年、秦国は最期の敵「斉」を滅亡させて、ついに天下統一を成し遂げるのでした。


スポンサーリンク


李牧はなぜ強かったのか?強さの秘密とは

なぜ李牧はあれほど強かったのでしょうか?

強さの秘密は「孫子」

李牧の強さの秘密とは、何なのでしょうか?「史記」を記した歴史家「司馬遷」は、李牧を「守戦の名将」と評価しています。

李牧の戦い方には、一つの特徴があります。それは「まず守備を堅めた後に、敵の油断・意表を突いて攻撃する」ということ。

「孫子の兵法」には

「まず負けないように準備を整えてから戦え」

と記されているのですが、李牧はその基本を非常に大切にした戦い方をしているのです。

「まず負けないようにする。次に攻撃」

しかもその攻撃の仕方も「孫子の兵法」に記された「兵は詭道なり(戦いは騙しあい。敵の裏をかいたほうが勝つ)」という基本を大切にしています。

李牧が強かった理由・・・それは「孫子の兵法」の基本を徹底的に守っていたからではないでしょうか。

当時、最強最大だった「秦軍」・・・秦軍と戦うためには、「城」や「砦」という強力な防御施設を最大限活かして戦うことが有効です。

李牧はそれがとても上手かったのです。


スポンサーリンク


もしも李牧が生きていたら・・・

歴史に「もし」はありませんが、李牧が生きていたら、趙国はどうなっていたでしょうか?

李牧により秦国が撃退され、始皇帝による天下統一は起こらなかった・・・のでしょうか?

織田信長」が本能寺で死ななかったら、どうなっていたか・・・「おそらく信長は塩分過多による脳溢血で、上杉謙信のように、遠くない将来に亡くなっていた」という説があります。

つまり信長は何をしても、死神から逃れる事は出来なかったということです。

「真田幸村」が生きていたら、「豊臣家」は滅びなかったのか?

「淀殿」や「大野治長」のような問題児がいるなかでは、いくら天才「真田幸村」でも、「徳川家康」に勝利することはできなかったでしょう。

李牧に降り掛かった「破滅」の運命も同じく、回避することは出来なかったでしょう。李牧が生きていたとしても、圧倒的な物量を誇る「秦」に敵対出来ず、亡くなっていたと思います。

いくら李牧が名将でも、その智謀には限界があるでしょうし、趙国の「郭開」や暗君「幽繆王」では、内患が多すぎます。

実際、李牧は「秦国から領土を奪い返した」とはいえ、それ以前に、趙は秦国にかなりの領地を奪い取られているのです。その「奪い取られた領地」に比べたら、李牧が奪還した土地など、本当に小さいものでした。

それだけ秦国のチカラは圧倒的でした。

とはいえ、「秦国から領地を奪還」したのは、あの時代では「李牧」ただ1人。一時的に秦国を撃退した楚国の名将「項燕」ですら、防衛しただけで、領地奪還はできていません。

李牧が名将であることは事実ですが、残念ながら生きていたとしても「趙」の滅亡は避けられなかったと思います。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・李牧は、趙国最期の名将として、最強「秦軍」を何度も撃破した名将

・李牧は紀元前229年、主君・幽繆王の手で亡くなっている

・李牧が生きていたとしても、趙国滅亡は止められなかっただろう

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「キングダム」関連記事

以下のリンク記事でも、「キングダム」の「人物」「逸話」などについて簡単に理解できるように、わかりやすく解説させていただいております。

よろしければ、こちらの記事も、ぜひお役立てくださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「秦の武将・軍師たち」関連記事

「キングダム李信の最後は悲惨?嫁が超大物で子孫が王様になったって本当か」の記事はコチラ
羌瘣(きょうかい)が信と子作り宣言!史実で二人は結婚してるのか?」の記事はコチラ
「【桓騎の生涯と最期】キングダムで噂の弱点とは?史実では李牧に大敗」の記事はコチラ
「【楊端和の生涯】史実でもキングダムのような「山の王様」だったの?」の記事はコチラ
「【キングダム】昌文君が裏切り?史実では驚きの死に方(最期)をしていた」の記事はコチラ
「【李斯とは】キングダム・天才法律家の最期が超悲惨過ぎる」の記事はコチラ
「【キングダム】蒙武の史実での人物像とは?最強武将の強さと最期!息子達のその後が悲惨すぎる」の記事はコチラ
「【キングダム】蒙恬の嫁は誰?世界遺産・万里の長城は彼が建造した物」の記事はコチラ
「【キングダム】は史実ではどんな人?今後の活躍と死に方(最期)を解説」の記事はコチラ

 

「王翦・王賁」

「【キングダム】王翦の「鄴攻め・あつよ攻略」と「項燕との戦い」史実での結末は?」の記事はコチラ
「【キングダム】王翦素顔と仮面の真実!王になりたい理由を考察」の記事はコチラ
「【キングダム】王賁の最期は謎だらけ?父親・王翦以上の名将だった!」の記事はコチラ

 

「昭王・六大将軍」

昭襄王(昭王)とは?漫画「キングダム」に登場する『戦神』の生涯」の記事はコチラ
「【キングダム】六大将軍をwiki風に解説!史実で六将は実在した?」の記事はコチラ
「【白起とは】その評価と能力がスゴイ!『キングダム』最強将軍の最期」の記事はコチラ
「【キングダム】王騎将軍は史実で実在していたの?記録がない理由とは」の記事はコチラ

 

「秦の始皇帝」

「秦の始皇帝の名前とは!本名を知ってたのは母親とキングダム・信だけ」の記事はコチラ
始皇帝とは何か超分かりやすく解説!漫画キングダムのネタバレ注意!」の記事はコチラ
始皇帝の墓には水銀の海が!内部には生き埋めにされた数百のご遺体も」の記事はコチラ
「【キングダム】始皇帝と李信は史実でも親友同士?王騎は無能な将軍だった」の記事はコチラ

 

「呂不韋」関連記事

 

「趙・三大天」

 

「戦国四君」

 

「キングダムの脇役・雑学」関連記事


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る