【キングダム】春申君暗殺の真相!「春申君老いたり」とは誰の言葉?

漫画「キングダム」にも登場した、「戦国四君」の一人「春申君」。その暗殺の真相を解説いたします。

「数々の功績を残しながら、欲におぼれて破滅した英雄・春申君」

大歴史家「司馬遷」に「老いた」と酷評されるほど、みじめな最期だった。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・「春申君(しゅんしんくん)」とは、「信陵君」たちとともに「戦国四君」と呼ばれた「4人の名将たち」の一人。楚国の「考烈王(こうれつおう)」を補佐し、連合軍をひきいて秦国と戦った

・春申君は、我が子を「楚の王」にしようとたくらみ、「李園(りえん)」に暗殺された

・「春申君老いたり」とは、「司馬遷」が残した言葉で、春申君を批判した言葉


《春申君とは?どんな功績を残したのか?》

春秋戦国時代の中華、その地で最強国「秦」を相手に存在感を発揮した四人の貴族。彼らは後世「戦国四君」と呼ばれました。

「斉」の「孟嘗君」、「魏」の「信陵君」、「趙」の「平原君」、「楚」の「春申君」

その「戦国四君」最期の生き残りが「春申君」・・・人気漫画「キングダム」にも登場していました。

キングダム(1) (ヤングジャンプコミックス) [ 原泰久 ]
価格:545円(税込、送料無料) (2018/9/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

春申君の本名は「黄歇(こうあつ)」・・・「春申君」は、一体どんな功績を残して、後世に名前を残したのでしょうか?


スポンサーリンク

「春申君」の功績

春申君の功績を短く解説いたします

・秦国の人質となっていた楚の太子「完」を助け、楚王に即位させた・・・後の「考烈王」

・「考烈王」の時代に「令尹(れいいん・最高位の大臣)」に任命され、国政を担った

・「長平の戦い」に大敗した趙国が、秦将「白起」に首都「邯鄲」を包囲されたとき、魏の「信陵君」とともに、趙を救援した

・軍を率いて「魯国」を滅ぼし、楚の領土を拡大させた

・趙国の将「龐煖」と協力して、合従軍(諸国の連合軍)を組織・・失敗したものの、秦国・函谷関を攻撃した。

大臣として内政を主な仕事としていたはずが、軍事においてもかなり活躍していたみたいですね。

しかし、そんな大活躍の春申君でしたが、晩節を汚す過ちを犯しています。


スポンサーリンク

《春申君暗殺の真相》

春申君には、3000人を超える「食客(用心棒)」がいました。その中には「韓非子」や秦国宰相「李斯」の師である「荀子」など、優秀な人材がたくさんいました。その中に「李園」という人物もいました。

李園の妹は大変美しく、春申君から寵愛されることに・・。李園はいずれこの妹を「考烈王」の妃にし、出世を果たそうと目論んでいたのです。

「美人計」・・・・有名な「兵法三十六計」の一つ。歴史上、美女の罠として「呉」を滅ぼした「西施」、後漢時代「董卓」を滅ぼした「貂蝉」などがいますが、この「李園の妹」もまた、「美人計」に利用されました。

李園の妹は、春申君の子を妊娠。これを知った李園は、春申君に「妹を考烈王に差し上げるように」と進言します。「考烈王」には正式な後継者がおらず、今男児が生まれたら、きっと後継者になる。その子が楚王に君臨したら、実の父である「春申君」は、絶大な権力を握ることとなります・・・と・・・・。


スポンサーリンク

「合従軍による秦攻撃」にしくじっていた春申君は、考烈王から煙たがられていました。そのため、いつ没落してもおかしくない状況に焦っていたのです。春申君はその作戦を承諾。考烈王に「李園の妹」を差し出し、彼女は寵愛を受けて「男児」を出産します。

李園の妹は后となり、その兄「李園」もまた、重要なポストに付けられます。しかし李園は、秘密を握る春申君の暗殺を計画。春申君は食客から「李園が暗殺を企んでいる」と警告されますが、李園を甘くみて無視。

紀元前238年、考烈王が病没。葬儀に向かう春申君は、李園の刺客により惨殺。

李園の妹が産んだ子は、後継者として「幽王」となり、10年後の紀元前228年には、幽王も亡くなり、李園の妹が産んだもう一人の子「哀王」が即位。

しかし、考烈王には「負芻」「昌平君」という別の子供達がおり、「哀王」は「負芻」に暗殺されて王の地位を奪われます。

その「負芻」は名将「項燕」とともに秦国に対抗。秦将「李信」「蒙恬」を撃破するも、秦国の名将「王翦」に破れて亡くなります。

負芻」の跡を継いだ弟「昌平君」も、秦将「王翦」「蒙武」により滅ぼされ、紀元前223年、楚国は滅亡するのでした。


スポンサーリンク

さて・・・この春申君の最期・・・「我が子を王にしようとした」という逸話ですが、後世の創作という噂があります。

既に身ごもっている美女を権力者に差し出し、その子を後見する形で権力を奪う・・・。

こういう類の疑惑は

『秦の始皇帝と、その宰相・呂不韋

織田信長の姑・斎藤道三とその子・斎藤義龍』

など、ありとあらゆる権力者にあるもので、信憑性に乏しいです。

春申君が暗殺されたのは、我が子を王にしようとしたからではなく、楚国内での派閥争いに破れたからではないでしょうか。

自らが王位に据えた「考烈王」という最大の後ろ盾を失った春申君・・・・楚の名将「呉起」や、秦の名宰相「商鞅」も、後ろ盾を失った瞬間に反対派によって暗殺されています。

春申君の死の真相もまた、案外単純な派閥争いなのではないでしょうか。


スポンサーリンク

《『春申君老いたり』とは、誰の言葉?》

権力欲にまみれ、李園という食客に滅ぼされた春申君に対して「春申君老いたり」というキツイ言葉で批判した人物がいます。

歴史書「史記」を記した大歴史家「司馬遷」です。

「当に断ずべくして断ぜざれば、返りて其の乱を招く」

「決断しなくてはならない局面で、決断しないと、かえって身を滅ぼし、混乱を招くものだ」という意味の言葉です。司馬遷は、春申君の「李園」を甘く見て決断しなかった態度を、このように批判しているのです。

戦国四君の中で、この「春申君」と「信陵君」の二人は、けっこう悲惨な最期を遂げています。特に春申君は暗殺という最期をむかえたことで、「晩節を汚した」のかもしれません。

ちなみに魏の「信陵君」は、兄である魏王にその絶大な力を疎まれて左遷され、最期は酒浸りになって亡くなります。死因は、飲み過ぎ・・・。


スポンサーリンク

《『春申君』について、レビュー(評論)!》

春申君老いたり・・・・・・かなり強烈な言葉です。確かに、「考烈王」を秦国から救出し、命がけで楚王に就任させた若き春申君からすれば、暗殺されるなんて凡ミスはあり得ません。

個人的に、「戦国四君」の中で最も優れているのは、合従軍を率いて秦を討ち、斉の暗君「湣王(びんおう)」を支えて斉国の最盛期を迎えさせ、魏の宰相も務めた「孟嘗君」だと思っています。

なぜなら、平原君は趙国没落のきっかけ「長平の戦い」を引き起こしていますし、「信陵君」や「春申君」は、最期が悲惨・・・。そんな中でも、「春申君」は暗殺されるなんて凡ミスをやらかしている・・・酒の飲み過ぎで亡くなった「信陵君」よりも情けない終わり方だと思います。

「春申君が自分の子を王にしようとした」というのは、後世の創作とも言われています。しかしそれでも派閥争いに負けて暗殺されるなんてのは、あり得ません。

「孟嘗君」も、暗君「湣王」に疎まれて殺害されかけましたが、鮮やかに引退し、魏国へ亡命。孟嘗君は魏国から「宰相」に任じられます。

孟嘗君は、食客の一人「馮驩(ふうかん)」から「うさぎは逃げるための巣を3つ持っている(狡兎三窟)」と教えられ、亡命先を複数用意していたとか。

春申君もまた、孟嘗君を見習って、絶頂期に引退していたら、後世に汚名を残すこと無く済んだかもしれません。

「春申君老いたり」

的確に的を射た言葉です。さすが司馬遷と言わざるを得ません・・・。

ちなみに、孟嘗君を殺そうとした斉の「湣王」は、燕国の名将「楽毅」率いる合従軍に大敗して亡くなり、斉国は滅亡寸前まで追い詰められることとなります。


スポンサーリンク

《まとめ》

本日の記事をまとめますと

・春申君とは、戦国四君の一人にして「楚」の大臣を務めた人物

・最期は自らの食客「李園」に暗殺された

・歴史家「司馬遷」は、春申君を「春申君老いたり」と言って痛烈に批判している

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「【李牧とは】キングダム最強武将の生涯年表!ずば抜けた強さのヒミツ」の記事はコチラ
「【桓騎の生涯と最期】キングダムで噂の弱点とは?史実では李牧に大敗」の記事はコチラ
「【キングダム】王翦の「鄴攻め」と「項燕将軍との戦い」史実での結末は?」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る