【楽毅とは】その生涯と最期!三国志・諸葛亮孔明が憧れた軍神の生涯

当時「秦」と並ぶ最強国だった「斉」を、弱小国「燕」を率いて撃破した名将「楽毅(がっき)」。

その「生涯と最期」をわかりやすく解説いたします。

「圧倒的な強さと忠誠心」

諸葛亮孔明も憧れ、2千年後の今も残る「名文」を残した、「義侠の名将」の物語。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・楽毅とは、「中山国」出身の軍人。当時の最強国「斉」を滅亡寸前まで追い込んだ

・楽毅は「燕」の「昭王」に仕えて「斉」を滅亡寸前まで追いつめたが、趙国へと亡命した

・楽毅は秦国の「白起」と異なり、処刑されるようなことはなかったため、後世に尊敬を集めた


楽毅とは何者か?功績は?

義侠の名将「楽毅」

春秋戦国時代・・・・現在の中国「河北省」北部を支配していた国「燕」に仕えた将軍です。

「楽毅」はどんな功績を残したのでしょうか?


スポンサーリンク

『楽毅』の功績

楽毅の功績を短く解説いたします。

・当時、「秦国」と並んで、最強国だった「斉国」を、5カ国連合軍(合従軍)を率いて討ち果たした

・合従軍による戦いの後、弱小国「燕国」の軍を率いて「斉国」を滅亡寸前まで追い込んだ

・名君であった燕の昭王が亡くなり、その息子「恵王」に処刑されそうになった時、鮮やかに亡命して、昭王の名声を守った

楽毅は後世において「義侠の名将」と呼ばれ、その優れた道徳心は大変な尊敬を集めました。

前漢の初代皇帝「劉邦」や、蜀漢の宰相「諸葛亮孔明」は、楽毅を崇拝していたのです。


スポンサーリンク

生涯と最期

名将・楽毅の生涯と最期を解説いたします

「燕」に仕えるまで

楽毅は「燕国」に仕えるまで、どこで何をしていたのかが全く不明な人物です。先祖が「魏国」の名君「文侯」に仕えた「楽羊」という人物である・・・ということがわかっているだけです。

作家「宮城谷昌光」のフィクション小説「楽毅」によれば、楽毅は「中山国」に仕えた武将で、「趙国」の武霊王による「中山国侵略」に徹底抗戦した・・・という設定になっています。「武霊王」は「楽毅」の宿敵だったのかもしれません。史実によると紀元前296年、「武霊王」は、中山国を滅ぼしています。

「胡服騎射」・・・・当時、モンゴルの騎馬民族に苦しんだ趙国の武霊王は、戦国七雄で主流だった「馬車」に乗って戦う戦法を一新。それまで「スカート」のようは服を着ていた趙軍兵士に「胡服」と呼ばれて蔑まれていたモンゴル民族の「ズボン」を履かせ、直接馬にまたがり弓を使う「胡服騎射」部隊を結成。武霊王による軍制改革に成功した『趙軍』は、強力な軍へと変貌を遂げます。

そんな武霊王ですが、後継者をはっきりと定めなかったため、息子たちの後継者争いに巻き込まれ、最期は息子「恵文王」の軍に屋敷を包囲され、木に登って「雀の卵」を探すほど追い詰められて餓死しています。

楽毅は中山国滅亡後、趙国に滞在していました。しかし、武霊王が亡くなると、趙国から「魏国」へと移動しています。


スポンサーリンク

「燕」の「昭王」に仕える

楽毅は「魏国」の昭王にしばらく仕えていました。

しかしその後、「燕国」の昭王が人材を求めていることを知って、燕国へ移動。

「まず隗より始めよ」

人材を求めるなら、まずは目の前に人間を厚遇し大切にせよ。という意味の有名な言葉ですが、燕の昭王はこの「隗」という人物を師匠として厚遇し、人材を求めた人物です。

昭王は、かつて燕国を滅亡寸前まで追い込んだ隣の最強国「斉国」を憎み、復讐を果たすために優秀な人材を欲していたのです。

「劇辛」や「蘇秦(又は蘇代)」、そして運命の名将「楽毅」が、「燕」の「昭王」のもとを訪れたのでした。


スポンサーリンク

「合従軍」で「斉」を討伐

当時、「斉国」は名宰相「孟嘗君」の力によって、秦国と並び最強国の地位をほしいままにしていました。さらにはかつての名宰相「管仲」「晏嬰」、名参謀「孫臏」などの威光も未だに残り、その国力は際立っていたのです。

しかし、その圧倒的な力を背景に、斉国の王「湣王(びんおう)」は、周辺諸国を力で脅したり侵略したりしていたため、かなり嫌われていました。なんとか湣王を支えていた戦国四君の一人「孟嘗君」もまた、湣王を見限って亡命しています。

「合従(がっしょう)」・・・・有名な策略家「蘇秦(そしん)」が主張した「戦国七雄の時代において、最強国に対しては、残り六カ国が連合してあたるべし」という策略のこと。最も厄介な名将「孟嘗君」がいなくなったことを見逃さなかった楽毅は、斉国に恨みをもつ「趙」「秦」「韓」「魏」を味方に引き入れ、「燕」を中心に50万の合従軍を結成。自らが総大将となって斉軍20万を撃破。

燕の軍を率いた楽毅により大国「斉」は、名将「田単」が守る城「即墨(そくぼく)」と、王が逃げ込んだ「莒(きょ)」という2つの城を残して70以上の城が陥落。最強国「斉」は楽毅により、一気に滅亡寸前まで追い込まれたのです。

作家「宮城谷昌光」の小説「楽毅」において、楽毅はこの時、神業のような策略を使って連合軍を指揮し、斉軍を破り、斉国の首都「臨淄(りんし)」を陥落させています。フィクションなので、史実ではありませんが・・・名将「楽毅」の恐ろしいまでの強さに、弟子の「楽乗」が驚愕していたシーンが印象的でした。


スポンサーリンク

趙国へ亡命

斉を滅亡寸前まで追い詰めた楽毅。しかしそんな時、楽毅に絶大な信頼を起き、常に楽毅をかばい続けた名君「燕の昭王」が急死。

後継者となったのが、暗君「惠王」。惠王は楽毅を嫌っており、とても深い恨みを抱いていたため、斉攻略の総大将から「楽毅」を解任。帰国を命じます。もし楽毅が帰国したら、間違いなく「死」が待っていました。

秦国の名将にして、100万以上の敵を滅ぼしてきた名将「白起」は、最期まで主君「昭襄王(昭王)」の命令に従い続け、最期は自決。しかし楽毅は違いました。聡明だったのです。惠王の帰国命令を無視し、燕国に息子「楽間」を残して「趙国」へと亡命したのです。

惠王は亡命した楽毅に対して手紙を送ります。

「父・昭王から受けた恩に対して、あなたはどのように報いるつもりか?

亡命などしては、亡き父に恩をかえせないのではないか?」

となじったのです。

これに対して楽毅は、後世に「読んで泣かぬ者は忠臣にあらず」とまで言われた名文「燕の惠王に報ずるの書」で返答しています。

「昭王様は名君で、私などを重用してくださった。

今、私が惠王様のもとへ行き、処刑されれば、昭王様は『愚かな息子(惠王)を持った君主』と呼ばれて、笑いものになるでしょう。

私が帰国しないのは、昭王様の名誉を守るためなのです。」

この名文により、楽毅を処刑する名目を失った惠王は、燕国に残されていた楽毅の息子「楽間」を寵愛するようになります。

滅亡寸前まで追い込まれていた斉国は、楽毅のいなくなった燕軍を撃破。名将「田単」の力により、奪われていた70以上の城を全て奪還することに成功しています。

しかし、以前のような国力を回復するには至らず、斉国は最強国「秦国」に対抗することができなくなってしまうのです。つまり、楽毅の「斉」攻撃は、その後に起こる「秦国の天下統一」を助長する結果を招いたのです。


スポンサーリンク

最期

楽毅が亡命した「趙国」は、名将の亡命を大歓迎。

燕国と斉国の国境近くにある土地を楽毅に与えて、「望諸君」の称号を与えます。

「義侠の名将」・・・・後世において楽毅は、そう呼ばれています。趙国の「恵文王(武霊王の子)」は、楽毅が燕国を恨んでいるだろうと考え、燕国攻略を楽毅に相談します。しかし楽毅は燕の昭王に引き立てられた恩を忘れず、これに反対。

息子「楽間」が重用されるようになった「燕国」でも、楽毅は重用されるようになり、燕・趙を行き来しながら、最期は「趙国」で亡くなったと言われています。

末裔

楽毅の孫「楽叔」は、楽毅を崇拝していた前漢の皇帝「劉邦」により貴族に取り立てられています。

また、楽毅の同族「楽乗」は、趙国の将軍として仕えたものの、名将「廉頗」に大敗して他国へ亡命。

楽毅の子孫「楽瑕公」と「楽臣公」は、学者としてその名を轟かせています。


スポンサーリンク

「義侠の名将・楽毅」と、秦の名将「白起」を比較

楽毅はよく、ほぼ同時代を生きた秦国の名将「白起」と比較されます。

白起は、数々の戦いで勝利をおさめてきた名将中の名将。しかし、趙国攻略を命令された際に主君「昭襄王(昭王)」の命令に逆らい、自刃を命じられます。

主君から「死」を命じられた・・・楽毅も、惠王からの「帰国命令」という、事実上の「処刑命令」を受けたという点では「白起」と似ています。

ここで命令に従った「白起」と、命令に背いて亡命し、生き残った「楽毅」

後世の評価は、圧倒的に「楽毅」のほうが上です。

最強国「秦」の軍団を率いて連戦連勝だった「白起」と、弱小国「燕」の軍を率い、秦と並ぶ大国「斉」を滅亡寸前まで追い込んだ「楽毅」。

こう考えると、将軍としての腕前も、白起より楽毅のほうが上だったのではないでしょうか。

この圧倒的な強さに、後の名宰相「諸葛亮孔明」も、「楽毅」に憧れを抱いています。

諸葛亮孔明は、「楽毅」や名宰相「管仲」のようになりたいと、常に夢見ていたと言われています。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・楽毅は、合従軍(五カ国連合軍)を率いて、最強国「斉」を滅亡寸前まで追い込んだ名将

・主君である「燕の昭王」が亡くなったため、楽毅は「燕の惠王に報ずるの書」を残して亡命した

・秦の名将「白起」と比べても、楽毅は優れていたのではないか

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


キングダム」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓

「【廉頗(れんぱ)の生涯と最後】生涯年表や藺相如との『刎頸の交わり』」の記事はコチラ
「【李牧とは】キングダム最強武将の生涯年表!ずば抜けた強さのヒミツ」の記事はコチラ
「【三大天とは】史実における廉頗・藺相如・趙奢たち名将の活躍と子孫」の記事はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る