【キングダム】騰は史実ではどんな人?今後の活躍と死に方(最期)を解説

漫画「キングダム」の人気キャラ「騰」

史実上も実在していた将軍「騰」

「キングダム」での今後の活躍と、どんな死に方をするのかが、これを読めばわかる!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・騰とは、史実上、首都近辺の長官だったが、将軍に任じられて功績を残した人物

・騰は戦国七雄の一つ「韓」を滅ぼすという功績を残している

・騰の最期は、史実において記録がない


騰とは何者なのか?

人気漫画「キングダム」に登場する武将「騰」

キングダム(26) (ヤングジャンプコミックス) [ 原泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2018/9/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漫画の中で、「騰」は六大将軍の一人「王騎」を長年にわたって支えた副将であり、剣を自在に操り戦う豪傑として描かれています。

その卓越した能力から、猛将「蒙武」に続いて大将軍になったお方・・・。

史実における騰も、大将軍だったのか?というと、そうではないのです。

史実における「騰」とは?

騰・・・彼の名前はそれ以外に記録がありません。彼の姓は不明で、「内史(ないし)」という、彼が勤めていた役職名をつけて「内史騰」と呼ばれています。

「内史」というのは「首都に近い県を治める長官」という役職です。武将「蒙武」の息子「蒙恬」もまた、天下統一後に「内史」という役職についています。

主にその勤めた庁舎は、治めた地域ではなく首都にありました。内史であった騰は、秦国の首都「咸陽」近くの土地の長官を務め、主に「咸陽」でお仕事をしていた人物なのでしょう。

ということは、騰は元々「武将」ではなく、優秀な官僚・・・当時の言い方をすれば「文官」だったということでしょう。

騰・・・・文官・官僚だったはずの彼の才能は、軍事で開花することとなります。


スポンサーリンク

騰が残した功績

騰が残した功績を短く解説いたします。

・紀元前230年、「韓」の国を滅ぼした。

「六国」・・・・・・・当時のチャイナは「戦国七雄」と呼ばれた7つの国に分断されていました。後に全土を統一することとなる「秦」以外の6か国を「六国」と呼ぶのですが、その「六国」の一つであり最弱の国が「韓」・・・・騰は10万の軍団を率いて「韓」を攻撃。韓王「安」を捕虜とし、「韓」の国を亡ぼす功績を残しています。

秦国は「韓」に続いて「」「魏」「楚」「燕」「斉」を次々滅ぼしていくわけですが・・・騰はその最初の一つ目「韓」を滅亡させるという大功をあげているわけですね。

元々は県の長官・・・つまり官僚だった騰・・・。将軍としても才能があったのでしょう。急遽将軍に大抜擢されていますが、見事に結果を出しています。

騰は、内政のみならず、軍事にも非凡な才能を発揮した、多才な人物だったのでしょうね。


スポンサーリンク

騰の最期

史実において、騰がどのような最期を遂げたのか、記録がありません。

韓を滅ぼしたのち、騰は「楚国」が治めていた地「南郡」の長官に任命された・・・という記録が残っているのみで、それ以上の記録がないのです。

ここからは全くの想像になってしまうのですが、「騰」の最後は、「病死」あるいは「寿命」によるものではないでしょうか。

「楚」は、名将「項燕」の活躍により、キングダム主人公「李信」「蒙恬」を撃破するものの、名将「王翦」により「項燕」は戦死。「楚」は「紀元前223年」に滅亡。おそらく騰が「南郡」の長官に任命されたのは、「楚」の滅亡後でしょう。

その後、秦国は残る「燕」と「斉」という二か国を滅ぼして天下統一を成し遂げます。

「燕」と「斉」を滅ぼす戦いもあったにはあったのですが、「燕」も「斉」もすでに滅亡寸前だったため、秦国に激しく抵抗できたとは思えません。ですので、この戦いで、「騰」が亡くなった可能性は低いです。

実質的に「楚」が、「秦国による天下統一」を阻むラスボスだったわけです。しかし「楚」との戦いで「騰」が亡くなっていないわけですから、「騰」がどこかの戦いで亡くなった可能性はないと思います。

秦国はその後、「項燕」の孫「項羽」によって「紀元前206年」に滅亡するわけですが、秦滅亡に際しての「項羽との戦い」で「騰」の名前は一切出てきません。

つまり「紀元前223年」の「楚国滅亡」から、「紀元前206年」の「秦国滅亡」までの17年の間に「騰」は亡くなったのではないでしょうか。

漫画「キングダム」で、「騰」がどのような最期をむかえることとなるのかはわかりません。

ただ、史実においては、「騰」は戦死してはいないようです。


スポンサーリンク

『騰』について、レビュー(評論)

「内史騰」

中央の長官でありながら、軍事にも能力を発揮した「内政」「軍事」で活躍した傑物。

漫画「キングダム」で「趙国・三大天」として名前だけ登場する名将「趙奢」は、元々税金の徴収官でしたが、将軍としての才能を認められて、その後大活躍しています。

おそらく「騰」もまた、「趙奢」のような卓越した能力を発揮した人材だったのでしょう。

とはいえ、「韓」が滅びた後、その名前が出てこなくなったということは、臨時的な将軍でしかなかったのか・・・?

それとも内政に卓越した手腕を発揮したため、軍事よりも征服した土地の統治を担当し、忙殺されていたか・・・?

いずれにしても、「騰」という人物が、優れた能力を持っていたことだけは確かでしょう。

個人的には、「キングダム」の「騰」のような、愛されるキャラであってほしいと思いますが・・・。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・騰は、「内史」という役職についていた「文官」つまり官僚だった

・10万の軍を率いて、韓を攻撃。韓王「安」を捕虜として、騰は「韓」を滅亡させた

・その後、騰の名前は記録から消えるが、戦死したわけではないだろう

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


キングダム」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする