【キングダム】始皇帝と李信は史実でも親友同士?王騎は無能な将軍だった

漫画「キングダム」に登場する後の秦の始皇帝「贏政」と、その親友である若き武将「信」こと後の「李信」将軍

 

漫画の中では、「秦王と武将」、「王と臣下」の関係ながら、対等な友人として描かれている二人。

 

史実でも、実は親友だった可能性があったの?

 

そして「キングダム」では「秦国六大将軍」の1人として名将扱いされている「王騎」・・・史実では、実は無能だった?


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」へようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

李信始皇帝は、強い信頼関係にはあったが、親友関係ではない

 

・李信将軍は、始皇帝の親友である「燕国の太子・丹」を討ち取っている

 

・秦の怪鳥「王騎」は、名将と呼ぶには実績が乏しく記録もない。決して名将ではなかった


李信将軍と始皇帝は、親友だった?

漫画「キングダム」では、後の始皇帝「秦王・贏政(えいせい)」と、後の大将軍・李信こと「信」は、互いに呼び捨てで呼び合う親友として描かれています。

 

 

結論から言うと、李信と始皇帝は親友ではありません。

 

なぜなら当時、王と臣下が対等に話せるなんてありえないことだから・・・。

 

実際には「秦王に謁見」することすらも、数回しかなかったのではないでしょうか。

 

親友である可能性は、かなり低いと思います。

 

しかも始皇帝は、後の世に「虎狼のような性格」と称されるほど、残忍な性格だったと言われています。

 

歴史書の記載すべてが真実かどうかは定かではありませんが、「焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)」「趙国での虐殺」などを見れば、始皇帝が残酷な人間であることが、よくわかります。

 

そんな人が、家来による「タメ口」を許すのか・・・かなり考えにくい気がします。

 

とはいえ、二人が親友である可能性は相当低いですが、「始皇帝」が「李信」を相当に信頼していたことだけは確かです。

 

キングダムで「首切り桓騎」と呼ばれている桓騎将軍の末路と比べると、李信がどれほど信頼されていたかがよくわかります。

李信は桓騎より遥かに信頼されていた

桓騎は、史実では趙国の李牧に大敗北して、身分を庶民に落とされています。
李牧に敗北して戦死したという説もあります。

一説によると、この後桓騎は秦王を恨み、樊於期と名前を変えて燕国へ行き、太子・丹や荊軻とともに、始皇帝暗殺を画策する事になっている。キングダムには「樊於期(はんおき)」という将軍が桓騎とは別に登場しているので、キングダムで『桓騎=樊於期』という説は、採用されないのだろう

 

敗北=粛清、または追放となるのが始皇帝のやり方のようです。

 

しかし、李信は大敗北を喫しても、粛清も追放もされていません。

 

李信は、楚国の大将軍・項燕に、歴史的な大敗北をしてしまったにもかかわらず、その後も将軍として重用され、六国最後の「斉」を滅ぼす大功をあげています。

 

桓騎とは違い、始皇帝からかなり信頼されていたからこそ、粛清されなかったのでしょう。


スポンサーリンク


李信は始皇帝の友人を殺害した

実は李信将軍、始皇帝の数少ない友人を討ち取っているのです。

 

始皇帝を暗殺しようとした暗殺者「荊軻」。

 

その荊軻を放った黒幕・燕の太子「丹(たん)」を討ち取ったのが李信将軍です。

「太子」とは、王位継承順位第1位の王子様。つまり次の王様

 

この太子「丹」は、始皇帝が幼い頃「趙国」に人質となっていた際に「幼馴染」として一緒に育った仲。

 

同じ人質という、明日をも知れぬ身であることから、二人は親友だったと言われています。

 

丹は燕の太子となった後「贏政」と、燕の使節として対面しましたが、非常に冷たくあしらわれたことで衝撃を受けました。

 

秦王贏政の性格や特徴・・・そして燕と秦の関係・・・燕・秦の間に位置していた「趙国」が既に滅びていたことから、危機感を抱いた太子・丹は秦王贏政の暗殺を企てています。

 

しかし、暗殺者・荊軻は暗殺に失敗・・・。

 

激怒した始皇帝は、燕国に侵攻し、燕の首都を陥落させました。

 

李信将軍は1000人の騎兵で、太子「丹」を執念の追跡。

 

遼東半島へ逃亡した燕王は、李信の追跡に恐怖し、太子丹を殺害し、首を李信へ引き渡しています。

 

つまり、始皇帝の友人だった「丹」を死に至らしめたのは李信将軍・・・。

 

もっとも・・・始皇帝の親友を殺害したこの功績は、始皇帝をかなり喜ばせたと言われていますけどね。


スポンサーリンク


「秦の怪鳥・王騎」は本当に名将だったのか?

漫画「キングダム」で「秦の怪鳥」と呼ばれ、春秋戦国時代の「戦国七雄」すべてから恐れられていた事になっている王騎将軍。

 

六大将軍」と呼ばれて、最強の名将ってことになっていますよね。

 

しかし歴史書「史記」には記述が少なく、とてもじゃないが名将とは思えないのです。

 

記述されている内容は?というと

「趙国の首都【邯鄲】を攻撃」

「韓の国、上党を攻略」

「秦王贏政の即位によって、蒙?・ヒョウ公とともに将軍に任命」

「紀元前244年に死去」

これだけです。13年も戦場にいたにもかかわらず・・・実績が少なすぎる気がします

 

キングダムに登場する「六大将軍の筆頭・白起(公孫起)」は、史実でも間違いなく名将でした。

 

白起将軍は、生涯で100万以上の敵兵を討ち取っており、その手腕は後世でも恐れられています。

 

もしも王騎が本当に、白起と並ぶ名将なら、白起並みに歴史書への記述がなされているはずです。

 

しかし、王騎は秦王「贏政」が即位した時に将軍に任命されているので、おそらくそれほどの名将ではないのでしょう。

 

紀元前257年の「邯鄲・包囲戦」では落城させて結果を出すことが出来ず・・・韓の上党攻略くらいしか、はっきりしている功績はありません。

 

秦の怪鳥・王騎
残念ながら、「名将」と呼ぶには功績が足りなすぎる気がします。

 

「王騎」には、同じく「六大将軍」の1人「王齕(おうこつ・キングダムで楚国の『汗明(かんめい)』に敗れた怪力の豪将)」と、同一人物という説があります。

 

その他「王騎」について、詳しくは、以下のリンク記事で解説しております。

「【キングダム】王騎将軍は史実で実在していたの?記録がない理由とは」の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・李信と始皇帝が親友である可能性は、限りなく低い

・しかし、始皇帝が李信を非常に信頼していたことは間違いない

・秦の怪鳥・王騎将軍は、名将と呼ぶには実績が足りなさすぎるので、おそらく史実上は、漫画「キングダム」に登場するような名将ではない

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「キングダム」関連記事

以下のリンク記事でも、「キングダム」の「人物」「逸話」などについて簡単に理解できるように、わかりやすく解説させていただいております。

よろしければ、こちらの記事も、ぜひお役立てくださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「秦の武将・軍師たち」関連記事

「キングダム李信の最後は悲惨?嫁が超大物で子孫が王様になったって本当か」の記事はコチラ
羌瘣が信と子作り宣言!史実で二人は結婚してるのか?」の記事はコチラ
「【桓騎の生涯と最期】キングダムで噂の弱点とは?史実では李牧に大敗」の記事はコチラ
「【楊端和の生涯】史実でもキングダムのような「山の王様」だったの?」の記事はコチラ
「【キングダム】昌文君が裏切り?史実では驚きの死に方(最期)をしていた」の記事はコチラ
「【李斯とは】キングダム・天才法律家の最期が超悲惨過ぎる」の記事はコチラ
「【キングダム】蒙武の史実での人物像とは?最強武将の強さと最期!息子達のその後が悲惨すぎる」の記事はコチラ
「【キングダム】蒙恬の嫁は誰?世界遺産・万里の長城は彼が建造した物」の記事はコチラ
「【キングダム】は史実ではどんな人?今後の活躍と死に方(最期)を解説」の記事はコチラ

 

「王翦・王賁」

「【キングダム】王翦の「鄴攻め・あつよ攻略」と「項燕との戦い」史実での結末は?」の記事はコチラ
「【キングダム】王翦素顔と仮面の真実!王になりたい理由を考察」の記事はコチラ
「【キングダム】王賁の最期は謎だらけ?父親・王翦以上の名将だった!」の記事はコチラ

 

「昭王・六大将軍」

昭襄王(昭王)とは?漫画「キングダム」に登場する『戦神』の生涯」の記事はコチラ
「【キングダム】六大将軍をwiki風に解説!史実で六将は実在した?」の記事はコチラ
「【白起とは】その評価と能力がスゴイ!『キングダム』最強将軍の最期」の記事はコチラ
「【キングダム】王騎将軍は史実で実在していたの?記録がない理由とは」の記事はコチラ

 

「秦の始皇帝」

「秦の始皇帝の名前とは!本名を知ってたのは母親とキングダム・信だけ」の記事はコチラ
始皇帝とは何か超分かりやすく解説!漫画キングダムのネタバレ注意!」の記事はコチラ
始皇帝の墓には水銀の海が!内部には生き埋めにされた数百のご遺体も」の記事はコチラ

 

「呂不韋」関連記事

 

「趙・三大天」

 

「戦国四君」

 

「キングダムの脇役・雑学」関連記事


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る