【キングダム】李牧の死因はなに?歴史上最高クラスの名将その最期!

マンガ「キングダム」にも登場する「守戦の名将・李牧」

歴史上において、最高レベルの名将だった李牧の最期とは?

名将であればあるほど、悲劇的な最期を迎えてしまうものかも・・・


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・李牧は、趙王の命令に違反したことが原因で「斬首」で亡くなった。しかし「司馬尚」は逃亡し、生き残った

・李牧は、後世の名将たちにも劣らない、歴史上でもトップクラスの名将だろう

・李牧が、死ななかったとしても、秦国による「趙国滅亡」は避けられなかっただろう


李牧」の最期と死因

李牧の死因は何だったのか?

死亡した原因は「斬首されたため」でしょう。

李牧は「命令違反」の罪で、密かに捕らえられ「誅殺」されているのです。

なぜ誅殺されたのか?

紀元前229年、趙国は始皇帝が君臨する大帝国「秦国」の大軍団に侵攻されていました。

秦軍をひきいるのは、名将「王翦」。迎撃するのは「李牧」

李牧に苦戦した秦軍は、趙王の側にいた愚かなる臣下「郭開」に賄賂(わいろ)を送って、ウソの情報を流させます。

「李牧と司馬尚が、趙国を裏切ろうとしている」

これを聞いた趙王は、李牧と司馬尚に解任を命じました。

しかし李牧は、「趙国の危機であるため、自分以外に秦国の攻撃を食い止められる人間はいない」として、命令を拒絶。

これに起こった趙国王が、李牧を捕らえさせ、殺したのです。

この3ヶ月後、趙国は滅亡しました。


スポンサーリンク


「李牧」は歴史上最高クラスの名将だった!その理由とは何か?

これは拙者の勝手な評価でしかないですが、「李牧」という人物は、歴史上において、かなりトップクラスの名将なのではないでしょうか?

なぜなら、圧倒的な勢力を誇っている「秦国」を相手に、当時の「六国」の中で唯一、防衛のみならず秦国の領地を奪い取っているのですから。

この「春秋戦国時代末期」、秦国の侵攻を一時的にでも押しとどめたのは、楚国の「項燕」を除けば「李牧」のみ。

項燕は、「領地を奪う」ことまでは出来ませんでした。しかも項燕は、後に「王翦」の手で敗死しています。

対して李牧は、誰か他の将軍に、武力で敗北したわけではありません。

もちろん計略も立派な武力ですが・・・それでも、圧倒的な軍事力を誇る「秦国」を、長平の戦いで著しく力を失った「趙国」の軍を率いて、その猛攻を防ぎ続けた李牧・・・「王翦」や「項羽」「韓信」「曹操」「周瑜」「司馬懿」「李淵」などなど、数々の名将達と、肩を並べられる名将なのではないでしょうか

もしも「李牧」が死なずに生きていたら、歴史はどう変わっていたのか?

もしも李牧が死なずに生きていたとしたら、その後の歴史はどうなっていたでしょうか?

おそらくですが、遅かれ早かれ「趙国」は滅亡していました。

なぜなら、李牧の後ろ盾が、あまりにも脆弱だから・・・。

李牧を支える「幽繆王」・・・王として将軍を支える力が乏しすぎます。

例えば、最強国「斉」を滅亡寸前まで追い込んだ名将「楽毅」は、「燕の昭王」という名君が後ろ盾であったために、あれほどの活躍ができました。

秦国を最強国へと押し上げた名宰相「商鞅(しょうおう)」は、「秦の孝公」に信任されて後ろ盾となってもらったおかげで、強烈な政治改革を断行できたのです。

李牧には、その「強力な後ろ盾」がありません。

もしも・・・趙国王が「幽繆王」ではなく、王の兄で趙国滅亡後「代国」で王になった「太子・嘉」だったなら・・・・もしかしたら秦国が内部から瓦解するまで、李牧は趙国軍を防ぎきっていたかもしれません。

とはいえ、そうなったとしても、「趙国」以外の国は「秦国」に滅ぼされていたでしょう。

李牧が死んだ途端に趙国滅亡・・・・その運命は避けようがないものだったと考えられるのです。

「良禽は木を択(えら)んで棲(す)む」

といいます。これは「良い鳥は、良い木を選んで巣をつくって棲む」という意味。

すなわち「優れた人材は、優れた君主を選んで仕えるものだ」ということ。

李牧も「名君」を選んで仕えるべきだったのですが、それが出来なかったところが、李牧の限界だったのかもしれません。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

・李牧の死因は、王の命令に違反したため、斬首

・李牧は、後の名将達と並ぶ、優秀な名将だろう

・もしも李牧が生きていたとしても、趙国は滅びていただろう

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク


「キングダム」関連記事

以下のリンク記事でも、「キングダム」の「人物」「逸話」などについて簡単に理解できるように、わかりやすく解説させていただいております。

よろしければ、こちらの記事も、ぜひお役立てくださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「秦の武将・軍師たち」関連記事

「キングダム李信の最後は悲惨?嫁が超大物で子孫が王様になったって本当か」の記事はコチラ
羌瘣(きょうかい)が信と子作り宣言!史実で二人は結婚してるのか?」の記事はコチラ
「【桓騎の生涯と最期】キングダムで噂の弱点とは?史実では李牧に大敗」の記事はコチラ
「【楊端和の生涯】史実でもキングダムのような「山の王様」だったの?」の記事はコチラ
「【キングダム】昌文君が裏切り?史実では驚きの死に方(最期)をしていた」の記事はコチラ
「【李斯とは】キングダム・天才法律家の最期が超悲惨過ぎる」の記事はコチラ
「【キングダム】蒙武の史実での人物像とは?最強武将の強さと最期!息子達のその後が悲惨すぎる」の記事はコチラ
「【キングダム】蒙恬の嫁は誰?世界遺産・万里の長城は彼が建造した物」の記事はコチラ
「【キングダム】は史実ではどんな人?今後の活躍と死に方(最期)を解説」の記事はコチラ

 

「王翦・王賁」

「【キングダム】王翦の「鄴攻め・あつよ攻略」と「項燕との戦い」史実での結末は?」の記事はコチラ
「【キングダム】王翦素顔と仮面の真実!王になりたい理由を考察」の記事はコチラ
「【キングダム】王賁の最期は謎だらけ?父親・王翦以上の名将だった!」の記事はコチラ

 

「昭王・六大将軍」

昭襄王(昭王)とは?漫画「キングダム」に登場する『戦神』の生涯」の記事はコチラ
「【キングダム】六大将軍をwiki風に解説!史実で六将は実在した?」の記事はコチラ
「【白起とは】その評価と能力がスゴイ!『キングダム』最強将軍の最期」の記事はコチラ
「【キングダム】王騎将軍は史実で実在していたの?記録がない理由とは」の記事はコチラ

 

「秦の始皇帝」

「秦の始皇帝の名前とは!本名を知ってたのは母親とキングダム・信だけ」の記事はコチラ
始皇帝とは何か超分かりやすく解説!漫画キングダムのネタバレ注意!」の記事はコチラ
始皇帝の墓には水銀の海が!内部には生き埋めにされた数百のご遺体も」の記事はコチラ
「【キングダム】始皇帝と李信は史実でも親友同士?王騎は無能な将軍だった」の記事はコチラ

 

「呂不韋」関連記事

 

「趙・三大天」

 

「戦国四君」

 

「キングダムの脇役・雑学」関連記事


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る