MENU

坂本龍馬暗殺の真犯人が判明?犯行場所では現在『かっぱ寿司』営業中

「坂本龍馬」暗殺の犯人は、いまだ大きな歴史の謎です。

一方、その犯行場所には、現在「かっぱ寿司」が営業しているって知ってました?


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

坂本龍馬暗殺の真犯人は、最新の定説によると「京都市中見廻組」の「佐々木只三郎」

・黒幕は「松平容保」・・・又は、勝海舟が旗本「榎本対馬守」と日記に記録していた。

・龍馬暗殺の現場「近江屋」跡では、現在「かっぱ寿司」が建ち、営業している


坂本龍馬暗殺の真犯人は誰?

坂本龍馬暗殺の犯人は諸説あります。

なぜはっきりしないかというと、証言はいろいろとあるのですが、食い違いや一貫性がない等により断定ができないせいです。

諸説では京都見廻組、新選組薩摩藩、紀州藩など。

定説は京都見廻組と言われています。

襲撃犯は京都見廻組組頭の佐々木只三郎以下6名。

  • 今井信郎
  • 渡辺吉太郎
  • 高橋安次郎
  • 桂隼(早)之助
  • 土肥仲蔵
  • 桜井大三郎

以上6名です。

実際に龍馬を斬ったのは、小太刀の名人だった桂隼(早)之助だといわれています。

佐々木只三郎は「鳥羽伏見の戦い」で戦死しましたが、襲撃犯の今井信郎渡辺篤の証言があります



スポンサーリンク


暗殺犯を裏で操る黒幕は?

京都見廻組は京都守護職・会津藩主だった松平容保の配下でした。

新選組と同様に、京都見廻組は反幕府勢力の取り締まりをしていました。

龍馬は当然、反幕府勢力のひとりと言えるわけで、京都見廻組としては公務として暗殺ターゲットとするに値します。

そうすると、龍馬暗殺を指示したのは松平容保の可能性が高いです。が・・・・実のところ、誰が指示したのかはっきり分かっていません。

勝海舟は龍馬暗殺の犯人について

「(旗本の)榎本対馬守道章かもしれない」

と、日記に記したとか。

大政奉還の立案者が坂本龍馬であることを知った徳川慶喜は、幕府若年寄の永井尚志

「土佐の坂本龍馬には手を付けぬよう、新選組、見廻組の管掌者に注意する様に!」

と指示しましたが、既に遅かったようです。

実に残念です。

ちなみに、坂本龍馬暗殺についてですが、京都見廻組による犯行であり松平容保の指示だった、という説は現在のところ定説になっております。

憲政史家の倉山満さんがおっしゃるには

「龍馬暗殺に謎なんてありません!」

と断言するほどです。

それほど、京都見廻組・松平容保が犯人であることは、疑いようのない事実なのだそうです。

犯行現場『近江屋』は現在どうなってる?

現在、坂本龍馬の最期の地「近江屋跡」は、『かっぱ寿司・京のとんぼ店』となっています。

《近江屋跡・筆者撮影》

 

これも残念ですね。

歴史的舞台を、資料館にするくらいのことが、できなかったのでしょうか・・・。

《近江屋跡・筆者撮影》

 

最後に

坂本龍馬が生きていたら、その後の戊辰戦争征韓論などは違った形になった様な気がします。

しかし、それは歴史の常で、源義経織田信長が非業の死を遂げなかったら…と夢想するのと変わりありません。

死があまりにも早かったとしても、日本人にとって坂本龍馬は忘れがたい日本史のヒーローなのです。

まとめ

本日の記事をまとめますと

・龍馬暗殺の犯人は、定説では「京都市中見廻組」の「佐々木只三郎」他

・黒幕は「会津藩主・松平容保」かもしれないが、勝海舟は「榎本対馬守」かもしれないと予想していた。

・坂本龍馬暗殺の場所「近江屋」は、今「かっぱ寿司」になっている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました



スポンサーリンク


「坂本龍馬」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

これらの記事でも「坂本龍馬」の「逸話」や「功績」を簡単に理解できるように、極めてわかりやすく解説させていただいております。

「坂本龍馬」の記事一覧

 

「坂本龍馬」の関係者 記事一覧


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 坂本龍馬暗殺の真犯人は誰?7行目
    襲撃犯の今井伸郎は今井信郎です

    犯行現場「近江屋」は現在どうなっている?
    私が京都検定を受検する時、近江屋跡地を尋ねましたが、その時はコンビニでした。
    何年か先には変わっているかもしれませんね。

    • いつもありがとうございます
      確認して修正いたします

      龍馬最期の地がコンビニやかっぱ寿司になっているのは、龍馬ファンである私からすると、少し悲しいものがあります。

      今回も貴重なお言葉をありがとうございます。

コメントする

目次
閉じる