大政奉還とは何かわかりやすく簡単解説!徳川慶喜のギブアップ宣言?

「大政奉還」は、徳川慶喜のギブアップ宣言どころか、反撃の一手だった?

評価がわかれる江戸幕府の最後の将軍、徳川慶喜

大政奉還の真実について、これを読めばすぐわかる!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・大政奉還とは、幕府の統治権を朝廷・天皇に返上したことをいう

・大政奉還は、ギブアップ宣言ではなく、徳川滅亡を防ぐための手立てだった

・徳川幕府は、フランスの最新鋭装備を施されていたので、薩長相手に戦えば勝っていたかもしれない


大政奉還をわかりやすく簡単に解説

大政奉還とは、慶応3 (1867) 年、江戸幕府徳川一五代将軍「徳川慶喜」が「征夷大将軍」との職を辞し,政権を朝廷に返上することを申し出て、朝廷に統治権を返上したことを指します。

同3年3月薩長両藩が倒幕のための同盟を結んだのに対し,土佐藩は幕府をも加えた雄藩連合の新政権樹立を企て,同年 10月3日将軍「徳川慶喜」に大政奉還を勧告。

6日には安芸藩からも同じ勧告がなされました。

慶喜は熟慮の末,10月12日二条城で老中以下に大政奉還の決意を伝え,

翌 13日諸藩にこの旨を通達,

14日朝廷に上表文を差出し,

翌 15日朝廷はこれを許可します。

ただし慶喜は必ずしも政権の全面的放棄を考えていたのではなく,新政体のもとであらためて実権を掌握する構想を秘めていたとか。


スポンサーリンク

大政奉還は、徳川慶喜のギブアップ宣言ではない?

自ら負けを認め、白旗を振ったかのように見える大政奉還ですが、実はこのことで徳川家は滅亡を逃れたとみることができるのです。

実はこの頃、江戸幕府に不満を持つ者、日本の夜明けを夢見る者とで日本中は大混乱に陥っていました。

そんな大混乱の日本を植民地支配しようと、外国が狙っていたのです。

新政府軍の陰にはイギリスが、徳川幕府軍の陰にはフランスがついていました。

植民地支配の恐れに気付いた慶喜は、このタイミングで新政府軍と徳川幕府軍の戦いが始まれば、イギリスかフランスによって植民地支配されてしまうことが予想できたために、慶喜は大政奉還して争いを避けたのです。

徳川慶喜

『引用元ウィキペディアより』

大政奉還を行えば、新政府軍は徳川幕府軍を倒す理由を失い、争う必要がなくなる・・・ということです。

大政奉還とはすなわち「幕府を無くしてしまう」行為であるため、「幕府が無くなったのだから」倒す必要が無くなるということ。今で言えば

評判が悪い内閣総理大臣を辞めさせようとデモを起こそうとしたら、デモを起こす前に総理大臣が自ら辞めたので、デモを起こす理由が無くなった

というようなもの

慶喜の頭には、懇意にしていたフランス公使「ロッシュ」から教えられていた、幕府も藩も解体し、中央集権的な官僚制と、統一的な軍隊を創設するという国家改造案がありました。頂点に立つのはもちろん慶喜です。

そして慶喜は、大政奉還という偉業を演じた後に、政権担当能力のない朝廷から大政を再委任された上で、幕府ではない、新たな強力国家を建設することを目論んでいたのです。

実際、大政奉還後も慶喜は朝廷から政権を当面担当することを命じられており、二条城で精力的に政務を執りました。

つまり、一時的にではあるものの、慶喜は「大政奉還(政権を放棄する)」という一手を打つことによって、「倒幕を回避」するとともに、「政権を維持」することもできたのです。

「倒幕回避」

「政権維持」

これ以上ない収穫を手にした慶喜でしたが、これを黙ってみている「大久保利通」ではありません。

その後、結局は「戊辰戦争」で新政府軍と徳川幕府軍は争うこととなり、明治維新という歴史を辿ることとなります。


スポンサーリンク

大政奉還後、徳川慶喜は舵取りに失敗、幕府は滅びた?

慶応三年(1867年)10月、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜が行った大政奉還は、天皇の下に幕府主導の新組織を置くという、言わば「江戸幕府生き残り作戦」でした。

それに対抗して12月に、薩摩藩の大久保利通と公卿・岩倉具視が、幕府を徹底的に排除し、天皇自らが政権を握るクーデター宣言「王政復古の大号令」を発します。

また薩長軍が「錦の御旗」=天皇に認められた証を掲げたことにより、薩長軍=官軍、旧幕府軍=朝敵という構図を無理やり作ります。

当然、幕府はこの「王政復古の大号令」とを前面否定し、両者は対決。

慶応四年(1868年)1月2日、幕府軍が朝廷へ宣戦布告の書状を提出するために挙兵し、翌3日、幕府と新政府の「戊辰戦争」が始まったのです。

最初の決戦を、その起こった場所から鳥羽伏見の戦いと呼びますが、この時、新政府軍の3倍ほどの兵力を持っていたにもかかわらず、幕府軍は負けてしまいます。

そして、幕府軍の敗戦を大坂城で聞いた将軍・慶喜は、慶応四年(1868年)1月6日の夜、京都守護職の会津藩主「松平容保(かたもり)」と京都所司代の桑名藩主「松平定敬」など、わずかな側近だけを従えて大坂城を脱出し、幕府の軍艦・開陽丸で江戸に帰ってしまうのです。

慶喜の行動は「大将の敵前逃亡」として非難の対象となります。


スポンサーリンク

徳川幕府は、フランス陸軍の指導により近代的陸軍を整備していました。幕府軍は第二次長州征伐で大敗した頃とは様変わりしており、フランスはこの軍隊で薩長を倒すことを考えていたようです。

慶喜の配下には幕兵5千余、会津3千余、桑名千五百余の1万近くの充分な兵がいて、一方の武力討幕派の方は薩摩藩の兵3千、長州の兵2千5百で、慶喜がその気になって戦えば勝つ可能性は高かったと思われます。

しかし慶喜は戦おうとはせず、大阪に退き下がってしまった。

この時に大久保利通は慶喜が抵抗もせずに、あっさりと大阪に退いたことに驚いたのだそうです。大久保はこの時に慶喜との戦いに敗れることまで想定して、天皇を連れて広島あたりまで逃げることまで練っていたという説も存在します。それだけ薩長勝利の可能性は低かった・・ということです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・大政奉還とは、徳川一五代将軍慶喜が朝廷に統治権を返上したことを指します。

・大政奉還はギブアップ宣言ではなく、徳川家の滅亡を逃れるためにした。

・徳川幕府は、フランス陸軍の指導により近代的陸軍を整備しており、慶喜がその気になって戦えば勝つ可能性は高かった。

いかがでしたか。徳川慶喜のついて少し詳しくなりましたね。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


徳川慶喜」「坂本龍馬」について、よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする